全体表示

[ リスト ]

社会人編

今日はもう一つ書いちゃお
 
大学野球も終わりこれで学生野球が終わり野球を続けるとなったら実力しかない。
自分の気持ちとしては野球しか頭になかった。
茨城の企業から軟式野球の誘いだったり、某大学職員だったりと将来を考えたら
世の中を考えたらありがたい話だけれどすべて断わった。おバカだねぇ
 
社会人チームから内定をもらっているわけでもないので厳しい状況
 
それでも諦めたくなかった。
 
試合のビデオを編集して、ダビングしてグランドスラムに載っているチームほとんどに
送った。けどやはりどこもうけつけてくれることはなかった。
 
ちょうど野茂クラブが創設された時期でもあったので知り合いの方に紹介していただき
セレクションを受けたがここも落ちた。
 
最後の砦としてのちにGGにいた元ヤクルト副島さんも所属したFEDEXを受けたが
落ちた。くやしかったなぁ
 
完全に失い、フリーターも嫌だったので就職活動室に飛び込み就職を
探して、東邦シートフレームと言う会社に就職した。
業種としては鉄鋼加工の営業だ。
まったく知識もないし、初めて社会に出て、常識の低さを実感し、野球のない気の抜けた
生活をしていた。けど今思えばいい勉強をさせて頂きました。
いい人たちばかりで今でも連絡とったりするし、試合にも来てくれるやさしい人ばかり
 
1年が経とうとしたころ野球活性化の動きがでてきて四国リーグ発足というニュースが
飛び込んできた。ひそかに諦めきれず野心は持っていたのでチャンスはまだあるかも
しれないと考えていたら、萩本欽一野球チーム作るみたいな。
大丈夫かよと思いながら調べると鹿取さんや鈴木康友さんらがコーチ
これほんまもんでしょ落ちたら野球諦めようと決めてセレクションに向かった。
 
200人くらいいて大丈夫かよと思ったけど落ちる気がしなかったみたいな
のちにチームメイトとなる松本 渉さんと話してたのを覚えてます。
同じ年くらいだったからタメ語で話してたら2つ上だったんですね。。。失礼しました。
 
とにかく合格して水を得た魚のようにうれしかったなぁ
 
そしたら本拠地茨城でビックリ知らなかったからどこに引っ越すんだろうとか考えてたし。
 
こうなったらとことんやろうと決めて、会社も辞め実家に帰り、実家の仕事手伝いながら
野球することにしました。
こんな感じでGGにはいったんですねぇ

閉じる コメント(1)

顔アイコン

社会人編、ありがとうございます。
今回も興味深く読ませてもらいました。できましたら、GGに入ってからの物語も読みたいと思います。
大会前で大変な時期だと思いますが、時間の空いたときにでも、書いていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

2010/3/30(火) 午後 0:33 [ ファン ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事