全体表示

[ リスト ]

こんばんは、かなり冷え込んできましたね。この週末は実家に冬物を取りに帰りました。
 
久しぶりのブログ更新です。
 
今回実家に戻った際に、ちょっと遅めの八月末から九月頭に割り出したオオクワ幼虫たちの二本目へのビン交換を行いました。
 
イメージ 1
 
やった、33g!自己ブリの川西では初の一本目30グラムオーバーです。当方のG82系統三番目個体オス79mmと同系統内ですが両親の違うメス50mmとの子供たちです。
 
同系統内のアウト?になるのでしょうか?
 
採れた数は少なめでしたが、このほかにも30gが一匹と29gが二匹、その他も軒並み28g大でした!9月に二本目に入れ替えした本命の個体群の一本目の平均が25gでしたので、今回の個体群は大成功ですね。夏の遅めのペアリング&割り出しが良かったのか、実家地下の温度管理がよかったのか、菌糸ビンがよかったのか・・・。謎です・・・。
 
ちなみに今回使用した菌糸ビンはDOSさんのSHDです。これまではすべてMGエノキもしくはWISH-Aだったのですが、今回の個体群は割り出し時期が遅れたこともあって、初めてDOSさんのビンを使用しました。超固詰めを謳っているだけあって、ためしに未使用品の800ビンを計測してみると市販品なのに670gもありました!今回二本目はMGエノキしか用意していなかったのですが、来年はDOSさんの菌糸ビンの割合を増やしてみようかなと企んでいます。
 
今期は前半に割り出しtた個体達の一本目のアベレージが芳しくなかったので、他の先輩方のブログで一本目で30gオーバーが続出しているのを読んで、ホントかよ?と半分妬み混じりでいましたが、ごめんなさい。大型系統を適切な環境で飼育すれば、川西G系統でも確かに出ますね、一本目30g。皆様疑ってごめんなさい・・・。
 
これで我が家の川西G系統は一本目30gオーバーが10匹体制(うち、初令購入が一匹、自己ブリが今回の二匹)となりました。このまま順調に伸びて、この中から無事に80mmを超える個体がが出てきてほしいです。
 
今後は我が家における適切な環境(割り出し時期・管理温度・菌糸)を分析しながら、一本目が芳しくなかった幼虫群の二本目での伸びに期待です。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

地下ってのが良いですね〜外気の気温に左右されにくいし湿度も一定になりやすい、しかも光源が無い!更に最大の天敵の飼育者が普段居ない(笑)羨ましい飼育環境です。

エイティさん、オオクワ、ヒラタを問わず、
こりゃ〜きますよ(^_^)

2011/11/28(月) 午後 5:55 [ もっち ] 返信する

>もっち様
コメントありがとうございます。
単身赴任なので、普段は触りたくても触れない放置プレイがかえって良い結果になっているようです。結果オーライ(^-^)?
虫にとっての最大の敵はもっち様の言われるように人間なのかもしれません。
プロナス幼虫も暴れることなく、ビン越しですが、かなりの大きさでした。
地下室は年間通じて18〜20度前後、冷やし虫家は高めの23〜24度設定です。オオクワガタだけでなく、スマトラもどんな差が出るか楽しみですが、3500ビンなんでなかなか交換できません。

2011/11/28(月) 午後 8:06 [ エイティ ] 返信する

顔アイコン

初めまして!
DOSさんのSHD菌糸ボトルは堅詰めなんですね
今回、少量ですが試してみます
参考になりました

2012/4/21(土) 午前 10:32 [ - ] 返信する

>GONGONさん
コメントありがとうございます。
返信が遅くなり、ごめんなさい。
DOSのSHDは既成菌糸瓶では一番の硬詰めだと思います。今シーズンも使用予定です。

2012/4/29(日) 午後 9:29 [ エイティ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事