ここから本文です
Rediscovery Tokyo 東京再発見
.休日には好きなバイクで奥多摩・秩父など東京近郊の四季の移ろいや歳時記など記録したいと思います。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

青梅市内「吹上花しょうぶ祭り」です。
早、中咲きは見頃、遅咲きはこれから咲いてくるでしょう。
中咲きは綺麗に見頃を迎えていました。

10年ほど前、霞丘陵の谷戸地(やどち)を保全する為に作られた公園で、知名度は今一つといったところですが、最近は訪れる人も増えているようです。
216品種10万本が咲いている。

(撮影日:08.06.13 画像クリックで拡大します)
イメージ 1

品種には大きく「江戸系」「長井系」「肥後系」の三種が多く植えられていました。
「長井系」はその名の通り私の故郷、山形県長井市のことで、長井には日本一の規模を誇る「あやめ公園」があります。
長井出身でもあまり知ることの無い、色々な種類を見ることができました。
イメージ 2

長井のあやめ祭りは6月中旬から7月初めまで楽しめます。
あやめ祭りに先立って、東京で観ることができたのはたいへん嬉しいことでした。
幾つかを撮りましたのでアップします。

長井系 長井清流
イメージ 3

鷹の爪・・・初めて見る花です。
あやめ、しょうぶには咲く形で爪咲き、壷咲き・・・などがあるようです。爪咲きでは代表的な花のようです。
ちょっと奇妙な(綺麗なのですが)花の形に、見学者の目を惹きます。

長井古種 長井鷹の爪
イメージ 4


長井系 山野辺(やまのべ)
イメージ 5

長井系は江戸系の花に比べると、花の大きさが小さいのですが色が鮮やかで、皆さんの目を惹いています。
私はすっかり嬉しくなり、ここぞとばかり長井の宣伝に努めた訳です。

長井古種 三淵の流(みぶちのながれ)
イメージ 6


 遠く離れても故郷に縁の出会うと懐かしく嬉しいものです。
誰に話すとはなく、
「やはり、あやめは長井系が素晴らしいですね!」
「長井は山形県の中にあり日本一大きなあやめ公園があり、有名な所ですよね」
「あやめ好きは、一度は長井のあやめを見ないと本当のあやめの良さが解らないといいますよ」
「観光バスのツアーがたくさんあるようです」・・・などと。
話しかけると、皆さんも乗ってくれます。すっかり宣伝マンです。

話すほうに気が行ってしまい、写真はこの程度です。(帰ってから、集団で咲いた様子を撮っていなかったことは残念です)

長井古種 雪衣(ゆきごろも)
イメージ 7


あやめ、しょうぶの色は紫が一番似合うと思っています。その一番と推奨するのが長井小紫です。
長井古種 長井小紫(こむらさき)
イメージ 8


吹上しょうぶ園の近くには、つつじで有名な「塩船観音」もあります。

吹上花しょうぶ祭り:開催情報
開催期間 6月1日から6月30日(休日なし・開花状況により変更あり)
入園時間 9時から17時(最終入園は4時45分)
入場料  200円(小学生以下は無料)
電車利用 青梅線東青梅駅 徒歩15分
     青梅線河辺駅 北口より都営バス10分 
お問合せ 青梅市公園緑地課 0428−22−1111(代表)


あきる野市の あじさい山

数輪咲いただけでしたが、画像あっぷします。満開頃一度行ってみたいですね
イメージ 9


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/89/18/noritake_wj/folder/422660/img_422660_2212810_12?1205646112
↓スクロールorブログタイトルクリックで、直近8本の記事をご覧頂けます。

近況一言

土曜日の朝、東北岩手県を震源地とする大きな地震がありましたね。震度6強、強い揺れ、被害が大きくならなければ良いが・・・思いながら、山形には地震見舞いの安否確認をしました。

昨日は、休日での久しぶりの晴天となりました。
あきる野市の紫陽花山を訪ねましたが、まだまだ、ほんの数輪が咲いています。

レス遅れてすみません。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事