紀屋の仕事

紀屋主宰さかくらのりこの作品紹介

紀屋作品

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 アザミ、ナデシコ オミナエシ。
夏らしいバッグが出来上がりました。少しシャリ感のある、着物地です。
バッグ底の方は、格子の帯をバイヤスに使い、網カゴに見立てました。
 
イメージ 1
イメージ 2
各ブランドやファッション誌では、夏と言えば競って、トロピカルカラーやビタミンカラーなど元気な原色を、トレンドとして、売り込んでますよね。
ほとんどの人が着物を着ていた、ひとむかし前の日本は違いました、、、
このバッグの布は、色が退色して葉っぱのグリーンが淡いグレーになっているのではありません。
はじめからこの色なのです。
アザミの花こそ鮮やかな赤を使ってますが、その他の花や葉は、だいぶ色の彩度や明度を落としていますね。
そうなんです、夏はあえて色を抑えた衣服を着て、見た目も涼しく、、という日本人の知恵なんです。


丸底トートバッグ

素材は紬+獅子柄の帯、新作バッグ丸底トートの完成です
紀屋オリジナルのテトラハンドルを外付けし、
裏側に、ファスナーポケットがあります
イメージ 1


イメージ 2
 

信玄袋・燕その2

               
                       『信玄袋・燕その2』が完成
 
 
(表)
イメージ 1
(裏)
イメージ 2

信玄袋・うさぎ

銀座での、出版記念イベント作品『信玄袋・兎』バージョンが完成
色合わせを楽しむ和布の小物とバッグ』P76に作り方も掲載されています。
イメージ 1
 

信玄袋・燕

銀座イベントに向け、作品作り追い込み中
 
51()56()銀座おとな塾5F売店にて『紀屋 noriya』作品を販売いたします。
               色合わせを楽しむ 和布の小物とバッグ』に掲載されている信玄袋
      『信玄袋・燕』バージョンは、53日(水)より5F売店にて販売いたします。
                       おたのしみに
イメージ 1
        

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事