紀屋の仕事

紀屋主宰さかくらのりこの作品紹介

紀屋作品

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

新しいデザイン

イメージ 3

新しいデザイン出来ました。
高さ低めの横長バッグ。上マチにファスナー、前後ろ共外ポケット付。
ハンドルはnori-Qみたいに、ポケットから生えてますよー。
機能美を追求し、又製作する上でお面白さもプラス。教材としも、商品としてもレベル高いです。
命名に迷い、フライングで別の名前をお伝えした教室もありましたが、改めて、、
「オハコバッグ」 と致します。
箱形、そして十八番、そんな意味を含みます。
nori-Q、ダックス、半玉、帯トート、丸底トート、ets、色んな製作テクニックが盛りだくさん、‼



イメージ 2


イメージ 1

紀屋では"シジミ"と呼んでいるバッグ、リングの持ち手の小さめのデザインです。
5枚の布を剥ぎ合わせてありますが、番傘、雨模様の水色の布、大粒の雨粒を思わせるアクリルの玉、そして一番外の布は窓をつたう雨。
6月の空のイメージです。
様々な布を組み合わせて、物語りを作るように製作するのは楽しい時間です。
イメージ 1
イメージ 2

さくらんぼ?ぐみ?

イメージ 1

裏が白繻子の昼夜帯だったこの布、柄は色々考えたのですが、、最終的にサクランボに落ち着いた。優しいオレンジ色とグリーンが気に入っています。何度布合わせを試みても、オレンジの糸が入っているこの紬がぴったりくる。サクランボも紬も残りあと少し‼

紀屋の桜

イメージ 1

河津桜が咲いていますね、もうすぐ春本番!
紀屋の桜バッグのご紹介です。
青空と桜、そんなイメージで取り合わせてみました。
青空部分は博多帯、桜はお振袖用帯です。

、、、、お振袖と言えば、未婚女性の第一礼装。
振袖といえば高校の卒業製作で仕立てた振袖からスタートした私のコレクション!
気がつけば5枚‼そして全て青系、、、。
余談ですが、婦人画報3月号でユーミンさんが振袖着てました、私も状況が許せば、着ちゃおう!と思っています。
その状況は、今の所未定ですが希望はヨーロッパ辺りでバッグの個展をする際、お振袖着たいな〜と思っています。

クラッチバッグ

イメージ 1

銀糸の綴れ帯をハギの一部に使うと、一段と豪華になります。
蓋の隅にちらっと見えているには、貝ボタン!
外側と内側の間に挟んであります、デザイン的にも異素材の飾りが全体を引き締めめます。
又蓋を開閉する際に布を触らなくて良いので実用性も兼ねています。
紀屋のバッグでは異素材の飾りをつけることは少ないのですが、貝ボタンなら時代を合わせなくても布と喧嘩しないので良く使います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事