全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

カメラ好き、旅好きのわたしが両方かなえられるものはないかなって
ネットで探してたらHitしたのがクラブツーリズムのHPでした
プロ写真家が同行してくれるツアーがあるとのことで早速してきました
私の第一弾は富士山、桜、大井川鉄道の旅でした

広島駅から朝一番の新幹線で新大阪駅に向かって集合時間が午前8時
20人ぐらいの参加者でバスの旅がはじまりました、講師は椎崎義之先生

最初に向かったのが静岡県、バックに富士山を仰ぐ茶畑
イメージ 1
山頂に雲がかかってはっきりとは見れない時間が続きましたがなんとか

そのあとは富士宮市の白糸の滝
イメージ 2
なかなか明暗差が大きくコントラストの微妙さが難しい写真になりました

そのあとはこの日の最後、富士河口湖町の本栖湖
この時点で時間は17時過ぎ
イメージ 3

イメージ 4
富士山の写真ってプロカメラマンや人様の写真などを見てわたしには
自分で撮るなど縁のないものだと思っていました
でもなんとか撮ることができました、感激です

これで一日目は終わり近くのホテルへ夕食、宿泊

朝の起床は午前3時半、4時のロビー集合で即出発です
向かったのが身延山久遠寺
全国的に桜の開花状況が遅れている昨今、
ここでやっと桜の開花を見ることができました
イメージ 5

イメージ 6

久遠寺って話には聞いていましたが日蓮宗総本山としての大きな伽藍に
びっくりしました
そのあとは最後の訪問地、島田市川根町付近のSL列車の大井川鉄道、
ここでついに雨ととんでもないアクシデントに見舞われました
最初予定していた撮影予定地とは違ったらしいのですが
みんなが時間に合わせてカメラを構えていると待っても待っても…
列車が来ないんです
みんながなぜかななぜかな首をひねるばかりです
現地の道の駅の人に聞くと前の駅止まりでこの地点には来ないとのこと
みんなの意見でもう一時間すると来るとのことで一時間待機
確かに一時間後、来ました
イメージ 7

このほかにもいくつかのハプニングはありましたが
同じ趣味を持つ同年代に近い仲間たちとの楽しい旅でした

なによりお世話になった講師の先生、添乗員さん、バス運転手さんに感謝です

このあとも2つばかりの写真旅行に申し込んでいます、楽しみたいと思っています
またその時を楽しみにしています




この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

忘れたころにやってくる(まるで災難)このブログのアップです

この前の日曜日12日に神戸空港に行ってきました
キャノン学園が開催する飛行機撮影会です
キャノンさんとプロカメラマンの岡本豊さんがご尽力いただいて
一般の人は普段は立ち入ることのできない滑走路と同じグランドレベルに立ち入って
撮影ができるということで喜び勇んで行ってきました

11時半に空港集合、そのあとスカイマークの職員さんから立ち入る際の注意事項を聞き、飛行機搭乗時にある身体検査ほどではありませんが簡単な手荷物検査があり
やっと駐機場へ立ち入りです
イメージ 1

立ち入りの規制線が引かれ空港職員さんが2〜3人ぐらいが見張っておられます
到着した飛行機と出発する飛行機のツーショットです
イメージ 2

巨大エンジンもすぐ目の前です
イメージ 3

空を見上げれば飛行機雲が
イメージ 4

約一時間ぐらいだったでしょうか撮影して次は展望デッキからの撮影です
イメージ 5

淡路島方面に向かって飛び立つ飛行機です
イメージ 6

もっと撮影を続けて夜の滑走路も撮影したかったのですが途中でわたしの
望遠レンズに傷をつけてしまってカメラへの装着ができなくなってしまいやむなく
撤収です、残念!!

しかし自分の撮影技術の幻滅な部分もあります
帰ってから私の作品をウェブサイトで投稿して岡本先生から添削指導していただく
この撮影会のメニューがありますので早速投稿しておきました
さてどのような指導があるかな??


この記事に

開く コメント(4)

あれから一年…

このブログの投稿を休んでからは1年数ヶ月経ってしまっていますが…
タイトルの「あれから一年…」といってもお分かりにならないことと思います

文字通り1年前、昨年の12月27日午後2時過ぎ大怪我をしてしましました
このブログでも何度か投稿した通り趣味としてカメラをイジッております
所属しているカメラ教室の屋外実習で、ある場所に行って写真を撮っていたところ
足が滑り転倒して大きな石に顔面をぶっつけてしまいました
はじめて救急車に乗せられ救急搬送の憂き目を受けました
診察結果は左目を傷つけ、目の周りの眼窩底骨折…
この1年、合わせて4回の手術を受け今日この日まで過ぎて行きました
今現在も左目の視力はほとんどない状態ではあります
なにせ、もう壮年を過ぎ老年といわれる世代になってから文字通りはじめての入院で自分自身の心のショックも大きかったと覚えております
この先、どのように、何年生涯を送るのか分かりませんが自分の身体にお付き合いしていかなきゃいけないのかなと…

でもこの1年、このような身体になり周りの数多くの皆さんに沢山のご心配をおかけして、優しいお言葉をいただき、厳しいお言葉もいただき心から感謝しています

長いことこのブログを休んでいてブログ上のお知り合いも含め、もしも、もしも心配いただいているかと思い久しぶりの書き込みをしてしましました
今年ももう数日で暮れようとしています、来年こそいい年になりますように…


この記事に

開く コメント(2)

我が家の部屋を見まわしているとこのようなものが目にとまりました
 
イメージ 1
 
昨年5月、いつもの京都旅行したとき、京都・二尊院さんをお参りしたとき
 
社務所?売店にあったのが目に留まって求めていたものです
 
『気はながく、心はまるく、腹たてず、口つつしめば、命ながかれ』
 
私にはできていないことばかり
 
気は短いし、腹は立ててばかり…イライラの毎日です、できるだけ口は慎んでいるつもりですが…
 
自分を分かっていてこれを求めていました
 
少しでも心安らかに毎日過ごしたいものです

この記事に

開く コメント(4)

毎回重ねている京都旅行、本来の目的の西本願寺への朝のお参りです
 
毎回起床は朝5時、頭をスッキリさせて6時からのお参りに行きます
 
ただ、もう十数回だと思いますが間違いなく、またはじめていつもとは違った雰囲気がありました
 
この旅行2日目、翌日の3日目もそうなんですが女性の姿が多いんです
 
お年寄りの方からお若い方々まで…わたしが本堂の前のほうに座るものですから
 
頭の後ろのほうからあの女性独特の高い声が…でもとても嬉しかった気がしました
 
プロ野球の広島のカープ女子というのが全国的にも有名になってきているようです
 
女性の社会進出の一環なんですかね
 
 
さてお参りを済ませて宿で一休みしてからこの日の行動開始です
 
四条大宮の駅まで歩いて嵐電で太秦広隆寺へ向かいました
 
他のお寺さんとは少し違ってとても静かな本堂の中の仏さんにお参りして次へ
 
歩いてJR花園駅の近くにある妙心寺さんへ
 
イメージ 1
 
山門前にあるこのような立て看板にも心がホッとするのもわたしが年をとったということですかね
 
この妙心寺はものすごく広い敷地で説明をお聞きしたら、たしか甲子園球場の17〜18倍とか
 
言われたかと思うのですがそのなかに四十余りの寺院があります
 
その中でも今回はもちろん妙心寺さんの天井龍雲図と庭園の見事な退蔵院を拝観しました
イメージ 2
 
そのあとは御室仁和寺へ…
 
ここでは御所の寝殿を移したといわれる金堂
イメージ 3
 
とこれまた庭園の見事な御殿を拝観
イメージ 4
 
最初の予定ではここでこの日の行動は終了の予定だったんです
 
しかしせっかく来たのだからと思ってもう少し足を延ばすことに
 
まずは石庭で有名な龍安寺
イメージ 5
 
お庭を眺めていたら修学旅行のガイドさんが生徒たちにここの庭には15個の石が配置されており
 
自分の立っている場所から15の数が数えられないのは心に影があるからですよと
 
説明していました、わたしには自分の位置からはどうしても12しか見えませんでした
 
沢山の影があるんでしょうね
 
そのあとは金閣寺へ、この距離が長い長い…
イメージ 6
 
もちろんここも外国人さん、修学旅行生たちでいっぱいでした
 
これでやっとこの日の行動終了です
 
この翌日の3日目も含めてこの3日間のお天気の良かったこと良かったこと…
 
晴れ男の面目躍如というか、程があるというか…
 
でも今回の京都旅行も楽しませてもらいました、今度は秋です
 
もう行き先も決めています、とても楽しみです

この記事に

開く コメント(5)

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事