ここから本文です
気楽に・・・生きたい!
楽しく Everyday … From Utsunomiya

書庫全体表示

マクラーレンMP4-12C

イメージ 1
 
イメージ 2
昨日、イギリス大使館で、マクラーレンF1の招待でマクラーレンMP4-12Cに乗って来た。
 
各パーツのパーティングの取り方に無理がなく型費もコストダウンされている。
 
レジントランスファーのTUB構造で強度剛性を持たせ、ドアなどのエクステリアは、FRPで出来ている。
 
交換費用を考えるとこれが正しい。
 
車輛重量は、1.3t。
 
乗ってみたが・・・かなり座りやすく、そのエンジン音も丸みがありイイ音だ。
 
エンジンは、リカルドとやっているんだね。
 
2700万円との事だが、これは、当然だろう。
 
レジントランスファーの設備償却を考えてもね。
 
 
 
 
ルイス・ハミルトンは、あまり元気のない挨拶をしていた。
 
しかし、そんな話を聞くよりもマクラーレンMP4-12Cの造りが気になっちゃってドライバーはどうでも良かった。
 
彼は、マセ―ディスに移ったので、残りの戦いでは、厳しいモノがあるのだろう。
 
イギリス大使は、日本語も流暢でハミちゃんと語らっていた。
 
速く電話をしたかったので、クロークへ行き、電話を取り出しかけまくっていた。
 
収穫の多い日となった。
 
 
 
エル君、今日で生後3カ月だ。
 
今日は、所長の大嫌いな注射の日だ。
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事