ここから本文です
追憶の旅路 〜 山と街と鉄道と 〜
かつて運行されていた列車の写真や、これまで登ってきた山の絵地図、街に残る過去の痕跡などをまとめていきます。

書庫全体表示

イメージ 1


イメージ 2



上野と常磐線の勝田の間をなんと東北本線・水戸線経由で運行されていた、
急行「つくばね」です。



ただし本当に「急行」だったのは上野−結城間。
結城−勝田間、つまり水戸線内のほとんどは普通列車となりました。



自由席グリーン車を1両連結、指定席は無し。一日1往復のみ。
上りが勝田発7時頃で上野着10時頃、下りが上野発16時頃で勝田着19時頃。
名前は「つくばね」ですが、東京からのお出かけには非常に使い辛かった。



この列車の最大の特徴は、東北本線と水戸線との通常の接続駅である小山をスルーして、
一つ手前の間々田から短絡線経由で水戸線に入っていたこと。
そんな列車、他に知りません。



この列車、東北新幹線開業後もしばらくは運行されていました。
おそらく沿線住民からの熱心な嘆願があったのでしょう。
しかし3年後の1985年3月、遂に廃止となりました。

  • 顔アイコン

    つい最近、この短絡線のことを思い出してグーグルアースで間々田か
    ら小山へ辿っていった所、線路跡の土地がまだ手付かずで残っていました。
    ほんと、小山の直ぐ手前で分岐していたのですね。

    [ vai*_*as*va ]

    2011/5/28(土) 午後 3:06

    返信する
  • 水戸線から小山駅に入ると上野方面へはスイッチバックしなければならず、少しでも所要時間を短縮したかったのでしょう。
    もし今ならそんな嘆願とても通りそうにないですが、当時は地元に余程エラいセンセイがいたのかも・・・(^^;

    (*^ω^)ノ|R|Y|O|

    2011/5/28(土) 午後 5:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事