全体表示

[ リスト ]

ニャ〜ンソゴニへ遠足

Bon soir!

昨日からボボディラッソ隊員が遊びに来ていて、今日は、バンフォラの近くの村にある遺跡を見学してきました。

片道60キロぐらいある隣国マリの国境近くの村で、昔、マリから侵略者が来て、村を守る為に、高台に住居を構えていた、名残の遺跡がある村です。

7時30分に出発して、到着したのが午後1時ぐらい。
途中の道は、まさに冒険でした。こんな道も、平気で渡ります。イメージ 8
トラックも、乗用車も人もバイクも。
リアルなスプラッシュマウンテン。
ここは川ではないですよ。
まさか、橋が流されて、川底を
通っているのか?
ありえないわ〜。
これ以上水が多くなると渡れませーん
両側では、住民が、お洗濯中。

イメージ 1途中、橋の上で、トラックが立ち往生していて、通過できず、作業を見守りながら、2時間待機。
トラックから、荷物を降ろして、トラックを脱出させて、また積み込む作業。後ろの過積載のトラックがそれ。
積み過ぎです。


イメージ 10

よし!出発・・・

荷降ろしのお兄ちゃん達をたくさん載せて、過積載トラックは出発!

が、しかし・・・・



イメージ 2あんたも脱輪か〜い
エマさん(運転手さん)は、雨季で、ぼっこぼこの道を笑いながら爆走!ラリードライバー並みに飛ばします。
穴を避けながら、右に左にハンドルを切るもんだから、乗ってる人はグダグダ。
右によりすぎて、路肩に落ちました〜。

なんだかんだで、色々あって、村に到着♪
本当は3時間あれば着くそうですが、今日は5時間も。

ここまで来るだけで、色んなことあって、かなりお疲れ・・・。
イメージ 9
ここの途中に、住居と砦があるそうです。→

登ってくる侵略者と戦っていたそうな。


イメージ 3遠くから、その砦が見えていたけど近くで見ると高い・・
どこまで登るんだろう。

出発〜



まだ、みんな元気です。

どんどん登るぜ。
いやいや、観光地だから、遊歩道とか期待したけどそれは無理!
イメージ 4
完全に登山か沢登りでしたよ

サンダルで、行くと、とんでも無い目にあいますよ〜。
靴と、軍手は必須です。




イメージ 5遺跡まで到着〜!
ここまで恐怖の連続だったです。
途中で写真を撮っている余裕がなくなって、撮れてません。
先輩が落ちてきたらどうしようとか・・色々考えてたです。

世界遺産になりそうな遺跡でした
よくよく、ガイドさんの話をきいてみると、ここは西暦1800年〜1965年まで、使っていたと。
そんなに古くないかも。

イメージ 6けっこう、見るとこありましたよ〜♪









帰ってきたら、夜でした。
濃い1日だった〜。
冒険だね。ブルキナファソは。
イメージ 7


開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事