先住民族末裔の反乱

〜民主主義の危機!国家の危機!もう黙ってられない!

マスコミ/検察批判

すべて表示

東京都分析〜投票偏〜何とも驚くべき事実、北海道の仮説をを実証dyけ

 今一度、北海道の分析を振り返ってみよう。  この過程で懸案であった投票及び期日前投票の不正モデル設定の事実とその手法が浮かび上がった。  それは次のとおりである。  ●期日前も投票も選挙時点の有権者数をベースに平均配賦率を区割ごとに乱数配賦  ●北海道の事例では、投票と期日前の合計を第二基準に配賦されていた  そこで今回、未報告の東京都について、検証を行うとともに、無効票も含めた分析を行った。  まず次のグラフをご覧いただきたい。  区割り数が多く、細部が判別しにくいとは思うが、目視で全てのグラフ線形が類似していることはイメージ できると思う。  因みに平成29年衆議選におけるバイアス除去処理した投票総数と男投票数の相関係数は1.000、 同様に有効すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 不正選挙のデータを追跡し、現在に至るまでに衆議全における小選挙区と比例区のデータ作成の根拠は掴んでいたものの、投票数と期日前投票数は過去との比較で人為作成を裏付ける一定規律した数値による傾向性は隔離するも、その引用元と作成方法の根拠が不明であった。  そこで北海道の投票数を基に試行錯誤を繰り返した結果、漸く人為操作の痕跡を掴むに至り、それを過去のデー ...すべて表示すべて表示

 では、お約束通り、平成29年衆議選における北海道における分析を引き続き行う。  既に比例の分析結果の報告は終えているので、次に投票の内、期日前投票からみてみよう。   df= 1 & 186 期日前(小選挙区) 平成29年 平成26年 平成24年 平成21年 平成1 ...すべて表示すべて表示

 では前回御約束した報告漏れの個所について、まず北海道(比例区)分析結果は次のとおりである。  まずは政党別得票数をグラフ化したものからご覧いただきたい。  上記グラフは乱数調整こそなされているが、統計学的に全て「同値」であり、目視通りの結果となっている。  まず第一印象として、非常に分り易い。前回説明した「抱き合わ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事