先住民族末裔の反乱

〜民主主義の危機!国家の危機!もう黙ってられない!

全体表示

[ リスト ]

小林議員を巡る公職選挙法違反を以前取上げたが、今回また検察は政治資金規正法違反で北教組幹部ら4人逮捕したと報じられた。
容疑は、小関、南部両容疑者は08年12月〜09年5月の間の3回にわたり、木村容疑者に小林氏の政治活動費として400万円ずつ計1200万円を渡した疑い。長田容疑者は09年7月、小関、南部両容疑者と共謀し、同じく木村容疑者に400万円を渡した疑いである。
つまり政治資金規正法において、企業や労組などの団体から政治家個人などへの献金は禁じられており政党支部や政治資金団体への献金を一定限度内で認められるのだが、小林陣営の会計責任者で自治労北海道本部財政局長を務める木村氏が政党支部の口座でなく自己の隠し口座で運営費を捻出し、これが収支報告書不実記載に該当するといった見解を地検が示したこととなる。
ところで小林議員の選対委員長代行だった連合北海道札幌地区連合会長が公選法違反(運動員買収)容疑で逮捕・起訴され札幌地裁から懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けており、今後禁固以上の刑が確定した場合、小林氏に連座制が適用され当選無効となる可能性がある。だがこれでは裁判の進捗により連座制適用時期が遅滞することが予想される。
一連の問題に関し私は、小沢不起訴で沈静化した「政治とカネ」の問題を蒸し返したい自民党及び検察の思惑とともに、町村の「返り咲きへの異常な執着心」そして民主党の選挙母体の弱体化を狙った悪質な嫌がらせだと捉えている。
因みに北教組が今回の捜査に対し「不当な組織弾圧」と声明を発表しており、今後の捜査の進展に目が離せないところだが、ここで注目すべきは今回の逮捕者から小林議員に不利な証言がリークされないか、怪しい関係者からの証言が報道から漏れ聞こえないかといった点である。
石川議員らの証言リークの捏造、郵便不正公判における嘘で塗り固められた検察の供述調書といった事実が白日の下に晒された今となっても、なお検察とマスコミは世論誘導を続けるのか否かを判断する上での試金石となるものと私は感じている。


小林陣営違法献金:北教組幹部ら4人逮捕 衆院選前に1600万円−−札幌地検
(毎日新聞 2010年3月2日 東京朝刊)
 ◇民主・小林千議員側に
 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営が北海道教職員組合(本部・札幌市中央区=北教組)から1600万円の違法献金を受けたとされる事件で、札幌地検特別刑事部は1日、北教組の実質トップで委員長代理の長田(おさだ)秀樹(50)=同市西区▽書記長の小関顕太郎(54)=小樽市▽会計委員の南部貴昭(52)=札幌市清田区=と、小林陣営の会計責任者で自治労北海道本部財政局長、木村美智留(46)=北広島市=の4容疑者を政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反容疑で逮捕した。
 小林陣営から逮捕者が出たのは、09年8月の衆院選に絡む公職選挙法違反事件に続き2回目。同地検は団体としての北教組にも同容疑を適用し、1日、北教組本部を家宅捜索した。容疑は、小関、南部両容疑者は08年12月〜09年5月の間の3回にわたり、木村容疑者に小林氏の政治活動費として400万円ずつ計1200万円を渡した疑い。長田容疑者は09年7月、小関、南部両容疑者と共謀し、同じく木村容疑者に400万円を渡した疑い。
 政治資金規正法は企業や労組などの団体から政党支部や政治資金団体への献金を一定限度内で認めているが、政治家個人などへの献金を禁じている。木村容疑者は現金を民主党北海道5区支部の口座ではなく自身が管理する裏口座に入れて選対事務所の運営費などに充てていたため、同地検は「小林氏選対への献金」と判断した。同地検は、組合員から集めた資金の一部を裏金化してプールし、提供していたとみている。
 小林氏は前回衆院選で、自民党の町村信孝元官房長官に約3万票差をつけて当選。長田容疑者は小林陣営の選対委員長を務めた。
 小林陣営では09年10月、選対委員長代行だった連合北海道札幌地区連合会長(60)=当時=が公選法違反(運動員買収)容疑で逮捕・起訴され札幌地裁から懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けた。禁固以上の刑が確定した場合、小林氏に連座制が適用され当選無効となる可能性がある。
 ◇「政治とカネ」労組に波及
 政権交代からわずか半年で三度(みたび)、「政治とカネ」にまつわる事件が民主党を直撃した。鳩山由紀夫首相、小沢一郎幹事長のトップ2人が疑惑を持たれた2事件は、起訴された中に現職衆院議員が含まれるものの「秘書の事件」として同党は幕引きを図ろうとしてきた。しかし、今回は最大の支持団体・労働組合が選挙支援に裏金を提供していたとの容疑。参院選を夏に控えた党内に激震が走った。
 「政治家と組合とのかかわりの中で深刻に考えるべきだ。政権政党として大変遺憾なこと」。北教組幹部らが逮捕された1日、鳩山首相は記者団にこう語った。そのうえで「企業・団体献金の禁止まで踏み込んだ議論をしっかりと行う」と強調した。
 政治資金規正法改正に取り組むことで批判をかわしたい民主党。しかし、疑惑は「労組頼み」の支持基盤を大きく揺さぶっている。
 「影響は大きい。地域によって事情は違うが教組が選挙運動の核の一つになるのは同じ。これで萎縮(いしゅく)して選挙に二の足を踏むようになる」。同党幹部は頭を抱える。

小林氏陣営違法献金:北教組が声明「不当な組織弾圧」
(毎日新聞 2010年3月1日 23時20分)
 民主党の小林千代美衆院議員陣営が北海道教職員組合から1600万円の違法献金を受けたとされる事件で、3人の逮捕者を出した北教組は1日、「政治資金規正法に違反する事実は一切なく、不当な組織弾圧と言わざるを得ない。事件の推移を見守るとともに、不当逮捕に対して弁護団と十分協議のもと、嫌疑を晴らすべく組織一丸となってたたかっていく」との声明を出した。弁護団によると、3人は黙秘しているという。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

気になったんでのぞいちゃいました !

2010/3/2(火) 午後 3:21 [ uras ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。

どこが不当なのでしょうか?

2010/3/2(火) 午後 3:23 [ マッドサイエンティスト ] 返信する

顔アイコン

左翼の典型です、自分たちに不利なことは全て「不当」です。
自分たちの仲間が逮捕されると、「不当逮捕」気に入らない判決には「不当判決」日本が法治国家であることも認めない、被害妄想人間が生きていることは「不当生存」ではないのかね。

2010/3/2(火) 午後 4:07 [ thanks ] 返信する

顔アイコン

左翼などのごねる連中が得ようとした外国人参政権。
その根拠となっていた傍論を言った判事の
民主党外国人参政権法案についての発言。

「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白
平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。…

2010/3/2(火) 午後 4:22 [ マッドサイエンティスト ] 返信する

左翼?
リベラルな立場から批判した内容が、左翼の典型ですか?
貴方たちの言う左翼とはなんですか?ステレオタイプの思考停止のコメントは止めて下さい。

2010/3/2(火) 午後 11:43 [ jho*n*bayod* ] 返信する

顔アイコン

あうち、リベラルと左翼の違いって何ですか?

2010/3/3(水) 午前 6:02 [ マッドサイエンティスト ] 返信する

顔アイコン

不当逮捕か否かについては、今後の取調べや裁判の行方を見守るしかないでしょうね。

2010/3/5(金) 午後 0:24 [ funny kitten ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事