先住民族末裔の反乱

〜民主主義の危機!国家の危機!もう黙ってられない!

全体表示

[ リスト ]

この点こそ政治貴信規正法を通して、責任を追及されるべき事項ではないだろうか。

仙谷に「疑惑のカネ」 社団法人から個人口座に入金

(日刊ゲンダイ2011/7/28)
またしても「政治とカネ」だ。仙谷官房副長官に「疑惑の金」が浮上と、きょう(28日)発売の「週刊新潮」が報じている。

記事によれば、2010年4月20日、不動産業者の業界団体である「社団法人 全日本不動産協会(全日)」から、仙谷に20万円が振り込まれた。振込先は、りそな銀行赤坂支店の普通口座で、口座名義は「センゴク ヨシト」。当時、国家戦略相だった仙谷の“個人口座”である。誌面に掲載されている三菱東京UFJ銀行の振込伝票が“動かぬ証拠”だ。

全日内部の出金伝票も掲載されているが、そこには「特別事業費」として「大臣就任祝金 仙谷由人」「現金200000」などと書かれている。
全日関係者の証言では、新たに始まった「新公益法人制度」に伴い、税制面で優遇される「公益社団・財団法人」への移行を目指す全日が、有力政治家である仙谷の後ろ盾を強固なものにしようと考えたという。

さすがに「大臣就任祝金」の名目はロコツすぎると思ったのか、後から二重線で消されて「法務相談費用」と訂正されているが、そもそも個人口座への企業・団体からの寄付は政治資金規正法違反だ。祝金は寄付にあたると考えられる。法務相談費用だとしても、閣僚の兼業を禁止する大臣規範に抵触する可能性がある。
弁護士出身で「法律のプロ」を自任する仙谷が、どうしてこんな不可解なカネを受け取ったのか。本紙が仙谷事務所に問い合わせてみたが「担当者が不在」とのことで回答を得られなかった。

仙谷の“秘蔵っ子”といわれる前原前外相は5万円の外国人献金で大臣を辞任したが、仙谷はどうするつもりなのか。まさか、「返せばいいんでしょ」で済ませる気ではないと思うが……。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事