先住民族末裔の反乱

〜民主主義の危機!国家の危機!もう黙ってられない!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 

拙い私のブログが阿修羅に紹介されて、より多くの方の目に触れる機会を与えて頂いた投稿者の方にこの場で感謝を述べたいと思います。そこで「内部被曝」の危険性を指摘するECRRの存在することすら知らなかった自分の無恥に今更呆れるばかりですが、今後も素人なりに内部被曝や放射能被害について知りえたことを本ブログに綴りたいと思う所存です。

ところで阿修羅に書き込まれた気になるコメントについて、私のブログにて意見を述べたいと思います。

 

コメント①

>何に対して違和感を覚えているかと言うと、私を初め、多くの福島県民は福島第一原発が水素爆発し、大量の>放射線が出たであろう日からしばらく「何も知らずに」普通に生活してましたから、おそらく「内部被ばく」を含め>て外部被ばくは大量の被ばくをしているはずです。

>それに対して今回紹介された博士を初め、多数の専門家や一般人が今回の事故で放出された放射性物質は>「チェルノブイリ以上」とか言って、被ばくの危険性を言うだけじゃなくて、将来はがんになるだろう、とかその土>地には住めないし将来はないだろう、と当事者にとってはものすごく失望感や恐怖心を煽っている「だけ」と言>わざるを得ません。

>私はそれがたとえ「事実」だとしても、現実に「大量被ばく」してしまったであろう私たち福島県民にとってはそれ>を言われること(知らされること)に何かメリットがあるのだろうか?と言う事です。

>事故発生後すぐに避難させなかった政府の責任はあったとしても、そして将来、それを裁判等で裁かれよう

>と、私たち被爆者にとってどんな慰めになるのだろうか?

>将来のがんの発生を恐れながら生き続けることの恐怖心がどんなものかわかって言っているのだろうか?

>そんな事を言われるなら、「大丈夫です、何ら心配はいりません」と嘘を突き通してもらった方が幸せだと思う>人も多いはずです。
>がん患者にそれを告知するかどうか、と言う問題と似たようなものだと思えば分ってもらえるだろうか。

>そもそも、本当に現行程度の放射線量被曝が健康に悪影響があるのか、と言う疑問は解決してないし、悪影>響があると言う決定的証拠・データはないと言うのが正解ではないのだろうか。

>その現時点では「よく分からない」放射線の影響を「悪い」と決めつけ、そのために長年住み続けてきた故郷を>失う羽目になった住民の気持ちをどうしてくれるのだろう?
>この気持ちは「原子力を儲けの一つに考える」人々とはまるっきり異質な、単に「故郷を思う気持ち」であること>を分かってほしい。
 
この方は、将来の「癌発生の恐怖」を指摘されても被爆者を不安に陥れるだけであり、「安心だ」と嘘でも言い続けることが「故郷を想う気持ち」を持つ人にとって望ましい旨の主張をされています。確かに原発利権で潤った一部の金銭欲亡者や開発を推し進めた渡辺恒三らの利権政治家を除けば大半の方が、“ただ事故を起こした原発付近で生活する”被害者だと思います。ですがこうした被害の実体を知り、今できること、例えば危険区域からの疎開や検査による実情把握、農作物等の政府・東電に対する補償交渉そして今後を担う子どもの将来のために少しでもリスクを避けるために何をすべきかを考えるべきではないでしょうか。余りに原発利権サイドのマインドコントロール若しくは隠遁思考だけでは、この国の未来への光が鎖される気がしてなりません。
 
コメント②「ホルミシス効果」に関して
>マスコミが取り上げない「ホルミシス」効果ということをご存じですか。
>科学的事実に基づく情報をお知らせいたします。さきに、3つのポイントを書き込みます。

>①適量の放射線は「薬」になるのです。適量の放射線には健康増進効果が認められる。(ラドン温泉・ラジウム>温泉などは放射線をふくむ温泉)
>②100ミリシーベルト以下で健康への悪影響は報告されていない。
>③年間20ミリシーベルトは喫煙習慣よりガンのリスクが低い

>この情報は、雑誌リバティの中に書いてありましたので引用しました
>①から③の事実を科学的に証明をされているのは。以下の三名の方々です。

>岡山大学大学院 (放射線健康科)の山岡聖典教授

>東京大学名誉教授(原子核物理、放射線計測、放射線防護)で日本原子力研究開発機構客員研究員の柴田徳思教授

>ミズーリ大学名誉教授、トーマス・D・ラッキー博士。NASAのアポロ計画に協力し、地上の数百倍の宇宙放>射環境における安全性を追及する中で、適度の放射線被ばくは人体にプラスの効果があることを発見し、「放>射線ホルミシス効果」と名づけて、1982年、世界に発表した。
この見解によれば、
・人間にとって最適な放射線量は年間100ミリシーベルトで、自然に浴びる放射線の約30倍にあたり、この線量でガンによる死亡率が最低になる
・これを裏付ける学問的証左
1982年から84年にかけて台北のあるマンションで放射性コバルトに汚染された梁が用いられ、続く20年間で約一万人が居住し、平均被ばく量は50ミリシーベルトだったにも拘わらず、このマンションではガンによる死亡率が一年間で10万人あたり3.5人と通常より著しく低い数字だった
 
これは一つの仮説にすぎないと思います。原子力物理に素人の私が仮説を否定することはできませんが、本稿で取り上げたように世界40カ所で被爆訴訟が提起されそこでICPRのモデルや仮説は何一つ立証されず全て敗訴した事実はお伝えできると思います。またこの方が最後に述べられている「みなで助け合って、正しい情報を共有したい。」と思い内部被曝に関する考え方を私はブログで取り上げたつもりだったのですが・・・その真意がこの方に理解いただけなくとても残念です。
 
間もなく本ブログにて、国会でも取り上げられた内部被曝の更なる実態報告や委委員会での各専門家参考人意見をアップするともに、より明確なICPRモデルのトリックや理論的な内部被曝の危険性の根拠についても取り上げる予定です。
昨日、(生憎その映像を特定できないのだが)youtubeにて神保氏が主催するビデオニュース・ドットコムにて同氏が東電の株主総会でTBSとテレビ朝日が大株主に名を連ねていることに疑問を呈していた。
因みに放送法第三条の二に次のような規定がある。
>放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一、 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二、 政治的に公平であること。
三、 報道は事実をまげないですること。
四、 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
 
放送局が原発の事故発生元企業の株主であれば、その経済的関係性において、公平・真実の報道が歪められるとの懸念が生ずるのは当然である。そこで原発事故に関する両テレビ局の報道を見てみよう。
まずTBSの「報道特集〜福島第一原発事故は、チェルノブイリとは全く違う、けれど使用済み核燃料棒の熱が心配」からその要点を抜き出すと、
・チェルノブイリでは、核分裂が暴走する臨界と呼ばれる現象が見られ核反応が連鎖した暴走爆発であるのに対し、福島第一原発では、燃料棒の前に制御棒が入り核分裂が止められたおり、制御棒が熱で溶けて再臨界する可能性があるものの海水放水、冷却装置の電源復旧など、再臨界させないようにするための対応が取られている。
・チェルノブイリでは燃料棒が等間隔に並べられており、一個の燃料棒が溶融すると隣の燃料棒も溶融し、連鎖的に核分裂が起きたが、福島では燃料棒の間に制御棒があり核分裂が連鎖する心配はない。
・1号機、建屋の吹き飛んだ上の部分は、下の部分より薄く水素爆発で吹き飛ぶのも当然であり、水素爆発は核爆発と全然違うもの。
・100ミリシーベルトを超えると健康に影響あるが、がんになる確率が5%上がる程度で、煙草を吸い続ける方が癌になりやすい。
・東京で観測された放射性物質の量(ヨウ素、セシウムなど)は健康に全く影響ない程度でガスになりやすい物質が出ただけのものだった。それに比してチェルノブイリでは色々な物質が、大量に出てきた。
 
何が何でもチェルノブイリとの比較を避けたい意図が丸見えである。全く馬鹿げた「原発安全神話」の見苦しい弁明を行っているにすぎないと私は思う。
次に悪名高き偏向番組、薄汚いみのもんたが司会する「朝ズバ」でみのもんたは、
◎場の作業員の診察する医者に対して、「先生、できれば荷物持ちで先生にお供して、現場に入って直接生の声を聞きたい」
「今回のことをいい教訓にして、さらに安全な管理を徹底した原発を目指してほしい。だって、クリーンなエネルギーだからね。海外も今回の日本のことを参考にしている。」
原発への海水の注入を55分間中断したのが問題などという話題について、 みのもんた、フリップを前に、「この海水注入を55分間も中断したのは、大問 題。これを中断したから水素爆発が起こった、そのせいでどれだけ大変なこと になったかな」
◎挙句の果て、九電やらせメール事件に関し「要するに、公共の電波を使って、ね、世論を捏造しよって!こんなこと許されると思うんですかね
 
次にテレビ朝日「報道ステーション」ではどのように原発を報じてきたか。
私の記憶では今年の4月までは節電や電力不足を散々アピールし、また古舘と解説者、ゲストの「専門家」が根拠なく「冷静な対応を」と呼びかけていたように思える。最近は全く見ていなかったのでネットで関連の情報を拾うと、
・5月17日の報道ステーションで東電の原発工程表関連のニュースで、古舘は次のように発言。
「福島で苦しんでいる被災者がいるのに、東電は社会的立場を本当にわかっているのか…」
「私たちメディアにも…責任がありますよね…」と殊勝な発言を行ったようだ。
・同番組で村上春樹氏の「核にノーを」との主旨演説を放送する一方で、同程度の時間をかけて解説員寺島が「日本は核を平和利用しているユニークな国、蓄積している技術を世界に貢献すべき」、「原子力の平和利用に向き合い先駆者になることは被曝国の責任でもある。」と発言
その際、寺島が「(兵器としての)核の誘惑に負けなかった」日本はとてもユニークで、原発管理の技術や知識はよその国に輸出できるものだ」との見解に対し、古舘は「私はそうは思えません」、「お言葉返すようですが管理できない」「金か祈るか問われたていることが、恥ずかしい」との反論を連発したらしい。
・7月19日の同番組で古舘が「水素爆発、水蒸気爆発、再臨界、こういった危険は完全に無くなったと考えてよろしいんですか?」と問いかけ、それを受けて 細野原発相が「はい。水素爆発、水蒸気爆発、再臨界、こういった危険は完全に無くなりました」と“打合せ通りの信じ難い茶番劇”を演じている。
 
恐らくテレビ朝日サイドは最後の「古舘ー細野間の原発集結宣言」アピールや寺島の見解(敢えて「原発ノー」の立場の角川春樹の主張を歪曲し「核の平和利用」だの論理破綻しながらも主張)からも、原発推進の姿勢を崩していないものと推察される。なお途中で古舘が反原発らしき宗旨替えを行ったのは、元プロレス実況アナに相応しい”一時的な気まぐれと空気を読んだ上での独自保身衝動”が齎した軽い放送事故程度だと私は捉えている。
 
いずれにせよTBSとテレ朝は自社の看板ワイドショー・報道番組内で、今となっては不可解な原発推進路線をとっていることは間違いないと思う。こうした両社の報道事実と実態の乖離が明らかになりつつある今、東電の大株主として株式保有会社の株価暴落阻止のために、事実を歪め世論を有利に誘導する報道を行ったとの懐疑的見方を否定しえないであろう。
最早、延命のためにジャーナリズム精神を放棄したような屑マスコミは、報道の世界から早々に立ち去って欲しいものだ。「報道とカネ」に疑惑を生むような資本関係は公開した上で、直ちに自主的に慎むべきものではないだろうか。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事