全体表示

[ リスト ]

水窪市街地では印象に残る民家をいくつか見受けた

イメージ 1

イメージ 2



こうした街道筋は歩いて巡るのが本来の姿であろう

イメージ 3

イメージ 4



通りからチラッとみえた寺へ寄ってみる

イメージ 5



永福寺  曹洞宗

イメージ 6



水窪でみかけた寺は曹洞宗ばかりである

イメージ 7



寺には保育園が付随していて和やかな雰囲気だった

境界の柵がなければもっといいと思うのだが・・

イメージ 8



R152に並行している水窪の秋葉街道筋は2キロほど続いていた

歩いて観光するには良い距離であろう

イメージ 9



R152に合流して北上を続ける

イメージ 10



西浦(にしうれ)地区に入り、みかけたもの

わりと新しいものにみえたが、生活必需品などもこれで渡しているのだろうか

イメージ 11



西浦の田楽の案内があり、寄っていく

イメージ 12



山の斜面上に佇む集落は心に残る風景である

イメージ 13

イメージ 14



西浦観音堂  ここで田楽が行われるようである

イメージ 15



田楽とは平安期に成立した伝統芸能で、三遠南信地方では多く伝わっているという

なお、西浦の田楽は国の重要無形民俗文化財の第一回の指定を受けている

イメージ 16

イメージ 17



山犬信仰を示すものも置かれている

イメージ 18



観音堂の横にあった堂は十王堂であった

イメージ 19

イメージ 20



明治44年再建とある  人頭杖の左は奪衣婆であろう

イメージ 21



堂内は土間敷きとなっており、暖をとることもあるようだった

イメージ 22



R152に戻り、みかけた消防器具庫  何でもないようなものかもしれないが印象に残った

イメージ 23



楽しかった水窪観光を終え、兵越林道へ入っていく

R152は中央構造線に沿っているためか道が断絶している部分があり、こうした林道が国道をつないで

いる

イメージ 24



信玄が兵馬とともに越したというこの峠は長野県飯田市との境界になっている

イメージ 25

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

おはようございます

山の斜面に佇む集落は日本の原風景ですね

2011/8/5(金) 午前 7:25 [ なぁ〜んもセンチョウ ] 返信する

顔アイコン

なぁ〜んもセンチョウさん。
そうですね。
2日目は日本のチロルと呼ばれる場所を訪問したのですが、私の中ではこういった地区の風景も強く印象に残っています。

2011/8/5(金) 午前 7:54 ビール好き 返信する

顔アイコン

こんばんは。

水窪町は本当に山深い所にあるのですね。

そういえば私も水窪町を旅した時に、普通では考えられないような山奥に集落があったりしたのが、今でも印象に残っています。ワイヤーを渡したリフト?で運んだりするんですよね。

2011/8/6(土) 午前 3:28 [ aoneko ] 返信する

顔アイコン

R152沿いを縦断するのは前からの希望でしたが、今回ようやく着手できました。
2日目は寝不足のためイマイチ観光気分に乗れませんでしたが、この水窪観光は良かったですね。
気候の良い時に再訪してみたいです。

2011/8/6(土) 午前 10:22 ビール好き 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事