無垢 ・・・上水の小さな家

じっくり、ゆっくり、足していく 自然でモダンな家作りを目指す

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

切妻屋根という規制のなかでモダンをつくる・・・

我が家はでこぼこの無い四方の壁の上に、3寸勾配というゆるやか目の
屋根を引きます。
軽い雰囲気が出るように細部の設計にもだいぶこだわってもらいました。
軒裏もあらわしで進めています。


屋根には機能を持たせたかった・・・

モダンの系統の住宅は陸屋根であったり、片流れであったり、屋根の存在感は
露わさないほうが一般的ですよね。
シンプルに決まるのがその動機だと思います。
しかし、耐久性や夏の暑さを心配したので切妻を採用しました。
そうするとデザイン的には「和」のニュアンスがベースになる感覚があります。
であれば、軒の下、これは懐ある雰囲気つくりを狙っております。


エイジング・・・我が家の場合は「鼻隠し」で

南側は軒を出して、鼻隠しなどの部材は「木」にしたかったのでそうしてもらいました。
どんな色をつけるかを思案中です。
こういう細部の箇所、、、材の表面の経年変化(エイジング)の味わいを
楽しめるよう、まとめていこうと思っています。


デザインのイメージの核は・・・

     モダンな空間構成
     ビンテージ (は、いいすぎ) な家になる

昔からよく見かけるような「年季」と「味」がある木造の住宅の外観。
中部は、「抜け」などの構成が小気味よいモダンな空間。
新らたに建てているけど、長年改装を重ねて生まれてくるような質感で
すっきりとした空間ができることを求めています。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事