よろこび・しあわせ・ゆめ

薬草の話、健康の話と親父たちの話です。

全体表示

[ リスト ]

足少陽胆経
循行路線:
イメージ 1
①目外眦至缺盆の脈:眼の外眼角・瞳子髎より起こり、上行して額面に至り、側頭部より前額部をめぐり、耳の後を下行して頭頚に沿って手の少陽経の前を走り、手の太陽経の天容穴に交会し、肩の上に至り、督脉の大椎穴に交会し、手の太陽経の秉風穴を過ぎて缺盆穴に至る。
②耳後至眼外眦の支脈:耳後より翳風穴を通過して耳内に進入し、耳前に浅く出て聴宮下関穴を通過して目の外眼角の後に至る。
③眼外眦至髀枢の支脈:外眼角より別れて大迎穴の所に達し眼晴下面に至り、下って頬車穴の所を経て頚部に達し、前一支脉(外眼角より起こる条脉)と缺盆穴で会合し、胸中に下り、深部で手の厥陰経の天池穴を経て、横隔膜を通過して肝臓に絡し、胆に属す。脇肋の裏面に沿って少腹両側の気衝穴に出て、陰毛の周囲に循り、横に向って大腿骨大転子の中に進入する。
④鎖骨上窩至第四指端の直行支脈:缺盆穴から腋部に下り、胸側に沿って季肋部を経て、章門穴で交会した後、足の太陽経の上髎・中髎穴と交会し、再び下って前の支脈と股関節の所で会合する。そこから大腿部外側に沿って膝関節の外側に出、下に向って腓骨の前面に分布し、そのまま下へ腓骨下端の絶骨に達する。外果の前面・丘墟穴の所に行き、足背の上面に沿って第4・5中足骨の趾縫の間に進入し第4指端(竅陰穴)に至る。
⑤足跗至大趾の支脈:足背から別れ出て、第1・2中足骨の間に沿って第1趾の末端に出て、戻って来て爪を通り、第1趾の三毛の所で足の厥陰経と接合する。胆に属し、肝に絡す。
 
生理病理:
胆は肝に付属し、胆汁を内臓する。主要な生理効能は、胆汁を輸出し消化を助け、精神意識の決断です。
1、胆汁の貯蔵と排泄:胆の胆汁排泄作用は、肝の疏泄作用でコントロールされている。したがって肝の疏泄作用が正常にはたらいていると、胆汁の排泄はスムーズに行われ、脾胃の運化作用も順調に行われる。
2、決断を主る:精神意識の活動は、肝胆のはたらきによるところが大きい。胆が病むと、決断力が欠乏し、他の臓器の機能失調を起こす。「肝っ玉母さん」「肝っ玉が小さい」など。
 
経脈病候:
1、肝胆疾病:慢性胆嚢炎、胆絞痛、胆道回虫、急慢性肝炎
2、頭面五官疾病:偏頭痛、頸項痛、眼痛、牙痛、咽喉痛、面神経麻痺、三叉神経痛、耳鳴り耳聾
3、経脈通過部位疾病:脇痛、股関節痛、膝関節痛、踝関節痛、足背腫痛、坐骨神経痛
本経の病候は、脇肋痛・胸脇脹満及び疼痛・頭痛・瘧疾・寒熱往来・瘰癧・口苦い・耳聾・耳鳴り・耳痛・目痛・耳下腺炎、及び少陽経証・腑証と循行する所の下肢病変に多く見られる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事