全体表示

[ リスト ]

批判の論理

Kirokuro氏や七鍵氏の繰返す主張を見てゐて、なるほど、この人逹は斯う思つてゐるのか、と考へさせられる事は考へさせられた。

私がX氏と論爭をする。X氏が「A」と主張する。その時、私が「ならX氏に對してもAを適應可能だな」と言ふ。
★Kirokuro氏や七鍵氏は、ここで私が「ならX氏に對してもAを適應可能だな」と言ふ事が、それ自體として「許されない」と言ふのだ。「なぜなら、野嵜はAを信じてゐないからだ」。

「なぜなら」も無いだらう。なぜなら、苦笑、「信じてゐないA」を私は心から信じて實踐する事はあり得ないが、演戲として實踐する事はあり得るからだ。そして、さう云ふ演戲をして見せる事が、相手に對して批判となる。

---

「七鍵氏は『自分本位』の立場を主張してゐる。なら七鍵氏に對して私も『自分本位』の態度をとつていいよな」――これが七鍵氏にもKirokuro氏にも「許せない」事に見える、と言ふのだ。

だが、「とつていいよな」と私が言つた時、それを私が「本氣で自分の説として主張してゐる」だらうか。そんな訣がない。私は、相手に對して、自分の主張を自分自身に對して適用した時どうなるか、を、相手に考へさせようとしてゐるのだ。「相手に考へさせようとする」爲に、演戯する。それが惡い訣がない。なぜなら、それが批評と云ふものだからだ。
だが、「考へさせられる爲に私に不愉快な思ひをさせるのか」と七鍵氏はいきり立つ。「不愉快な思ひをするなら、あなたは自説を撤囘しなければならない道理でせう」と私は言ひたいわけなのだが、しかし七鍵氏は、「不愉快!」と云ふ感情をぶちまけるばかりで、理性的に考へようとしない。斯う云ふ人間は、處置なしだ。

一方、Kirokuro氏の場合には、「傍觀者」の立場から、わざと冷靜に「野嵜の主張」と「野嵜の今の行動」との「矛盾」を指摘する。勿論、主張と、演戲とは、矛盾しないのだが、Kirokuro氏のずるいところは演戲を「行動」と言換へるところだ。斯うした言葉のすり替へは、概念のすり替へであり、結果として論理ををかしくするのだが――その結果としてKirokuro氏は「惡いのは野嵜」と云ふ結論を引出す事になる。

何れにせよ、批評行爲の何たるかを解らない人々だからこそ、議論を否定するのだし、議論を主張する人間を「惡人」呼ばはりして、執拗に責立てる訣である。彼等の感情論は、常に他人の人格否定にエスカレートする。それを彼らは感情で肯定し、理性で反省しない。
それは問題であるのだが、彼らは理性を蔑んでゐる。理性は感情に奉仕すべしと考へてゐる。實際のところ、人間は感情を抑へて、理性に從ふやうに努めねばならないのだが……「自分本位」であるからこそ「自分本位」を超克しようと努力しなければならない。

「感性的」である事を「よし」とする「價値觀」を、七鍵氏やKirokuro氏らは奉じてゐる。彼等がそんな誤つた「價値觀」を奉じてゐる限り、彼等の問題はなくならない。然るに、彼等はその誤に氣附かない。
そもそも彼等は、感性的に他人を罵るが、その罵る自身の行爲の醜さに氣附く事が無い。感性すらも最初から腐つてゐるのである。七鍵氏が皐氏を罵る「猿」その他の文句の醜さは、目を覆はん許りである。Kirokuro氏の言葉遣ひの幼稚さは、却つて微笑ましいくらゐだ。が、彼等に自分逹の言葉遣ひの非道さ・幼稚さは、自覺出來ない。
なるほど、斯うした人々を相手に議論する事は、「不可能」なのであらう。が、それでも私は議論する重要性を主張したい。議論が常に「わだかまり」を生ずるものであつても――Kirokuro氏相手ですらも、私は全く得るところが「なかつた」とまでは言へないのである。

---

と言ふか、七鍵氏はただ「自家撞着を他人が指摘できないシステム」を作らうとしてゐるだけだよ。

この記事に


.


みんなの更新記事