全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「日本が好き」な人?

「保守」を自稱したり「日本が好き」と言つたりしてゐる人でも、歴史的かなづかひが「嫌い」つて公言してゐる人が結構ゐるからね。

ありのままの日本が好きなのではなくて、現代人の「ぼく」が活躍するステージとしての「現代の日本」が好きなんだらう。保守派でも何でもなくて個人主義者なんだな。

「日本に道徳がないといふのは、教条的なものがないといふことでせうか。」

日本には教條的なものしかない、と考へます。徳目・教條と云ふものはあるんですが、葛藤も相克もないんです。だから道徳と云ふものは無い。

日本人は皆、徳目の體系性とか理論とかを面白がつて考察するのですが、實際の生活で活かす事がまるでありません。「教へ」に從つたか、從はなかつたか、といつた簡單な基準で「判定」するくらゐです。教條・徳目の類は「不自然だ」、と文句を言つて、「私は自然な生き方をする」と宣言したり……。さう云ふ單純で素朴な割切り方しか、日本人はしない。
歐米の連中は皆、「敵」の存在を意識してゐます。歐米には、絶對的な教へを作り、人々に頭から押附ける強大な宗教=キリスト教が存在してゐます。歐米の個人主義者は、キリスト教と云ふ強力な強制者の存在を意識し、キリスト教との對決を覺悟してゐます。一方、日本人の個人主義者が「敵」の存在を意識してゐる事はありません。皆、氣樂に、個人主義をやれると思つてゐます。

日本人の場合、どんな問題でもえらく簡單に割切るんです。何でもバッサリ切るのがえらい、と皆思ひ込んでゐる。葛藤でも相克でも、あつたら馬鹿なんですね。
ところが、人間の内部の矛盾・相克を意識し、それに耐へて行く事が人間の宿命である、と、キリスト教の連中は昔から考へてゐる。その邊は、日本人よりもクリスチャンの方が考へが深いですね。
――と言ふより、日本人は、自分の考へが淺いものだと考へておいた方がいいんです。さうして反省した方が、日本人の爲になるだらうと思ふのです。けれども、意地でも日本人を立派な事にしておきたい國粹主義的な(笑ひ)人逹がゐるんですね。「日本人への反省を迫らうとする日本人」を「非國民」扱ひして、排斥しようとする。Kirokuroなんかは利口だから「傲慢だ」なんて言つてゐますけれどもね。そんなところに知恵を働かせてもしやうがないと思ふんですが。
もう意地になつて「日本人は反省する必要がない」「日本人は世界一立派なのだ」と、さう言張る人が、いまだにゐるんです。何年か前に「自虐史觀」と非難された人、国際主義的な左翼の人……戰爭で負けて、右翼では駄目だと思つた人逹が、右から左に乘換へただけだと思ひますね。

「日本人にはこんないいところもあるんだ、歐米の連中より日本人の方が遙かに増しだ」と、そんな事を言つて、あれこれ具體的な根據を擧げる人が非常に多いのですが、そんなに自分の事を褒め上げたいのですか、と聞きたい。良いところがあつても、惡いところだつて人間、必ずありますよ。
重要なのは惡いところを見附けて反省する事。日本人にもいいところは、あるに決つてゐます。けれども、惡いところもあるに決つてゐるし、その惡いところを何とかしなければ、良いところがいくらあつても仕方がない。

人間の一切の惡の元兇はエゴイズムにあります。キリスト教は、そのエゴイズムを抑壓する、良く出來たシステムであるのですが、日本人には馴染みが無いし、日本人とは無縁のところで出來たものだからそのまゝ適用する事は出來ません。
日本人も、勿論エゴイズムを抑へる手段は考へたのですが、今の時代に一般に通じるほど強力な手段となつてゐません。禅にしても論語にしても、よつぽどよく教へ込まれなければ實踐出來ませんし、今の日本人には最早「自分のもの」と認識する事すら出來なくなつてゐます。
現状、日本人は自分のエゴイズムを抑制する手段を持つてゐません。世間體を氣にして、個人個人がストイックに振舞つてゐるだけです。だから世間體を氣にしないで良い場面で、日本人は屡々傲慢になる。「個人主義が自己の信念である」と宣言して、思想的な正當化を行なつた上で、傲岸不遜な振舞ひを堂々ととる人も出て來てゐる始末です。

しかし、思想を語る場面で「個人主義者」を自稱しつつ、態度は大變叮嚀で常識的な「おとなしい日本人」と云ふ人も少くない。それが一種の戰術にすら見えかねないほど、わざとらしい叮嚀さを示す個人主義者が、ウェブにはごろごろ轉がつてゐます。日本人の個人主義者の、思想と實踐の不一致は、奇妙なものです。
日本人の個人主義者は實に巧みな現實への妥協を考へたのです。「社會に迷惑をかけない限り自己に忠實に振舞つて良い」――斯うなると、ただの處世術に過ぎないのですが、これでも日本人には「個人主義」になつてしまふ。

福田恆存は、個人主義の横行する現代の世の中を見て、最早個人主義を徹底させるしかない、と言ひました。さうする事で、個人主義は乘越えられるしかないと福田さんは考へたのです。しかし、二十一世紀に入つた日本で、多くの個人主義者は淺薄・皮相の域に留まつてゐる。

現代の文學

今の日本國でどんな文藝作品があり得るか。iPS細胞のやうなものの方が文藝作品なんかより遙かに大きな問題を示唆する時代である。

純文學の小説が、一部の人の趣味の爲に奉仕し、一般性を缺いてゐる現状は、何が原因なのか。そもそも「一般性を缺いて」をり、「一部の人の趣味にのみ奉仕」してゐる純文學の現状を、アクティヴな文藝ファンの人が屡肯定し、全く問題視してゐないのは何なのか。
ぬるいラノベの合間合間に妙に強烈に問題意識に富んだラノベが紛れ込む。一方、昨今の純文學の小説に、問題意識の類を見出す事は難しい。御芝居は……と言へば、政治問題に興味を持つてゐるだけで、文學が擔當すべき本當の問題からひたすら目を逸らしてゐる許りである。

現實の事象ほどにもヴィヴィッドでない漫畫ちっくな小説が大流行である。リアルの方が面白い、と云ふのでは、小説の存在意義が疑はれる。
今の小説は、どれもこれも、ファンタジックなものばかり。でなければノスタルジックなだけの代物である(ちなみに「ファンタジック」なる英語は存在しない。正しくは「ファンタスティック」である)。

http://twilog.org/nozakitakehide/date-100715/

政治家の離合集散

政治家の離合集散が相變らず續いてゐる。これには誰もが呆れてゐる筈なのだが、しかし、なぜか今も政治家は、個人同士の好き嫌ひでもつて仲良くしたり、仲違ひしたりしてゐる。
――實は、案外多くの人が、好惡の感情で黨派を作つたり袂を分かつたりするのを受容れてゐる。それどころではない、率先して自分がさう云ふ態度をとつてゐる。Kirokuro氏や爺氏は、さう云ふ人々であるが、彼等は「異常」ではない、困つた事に彼等は「多數派」である。政治家が阿呆ならウェブ論客の諸氏も皆、阿呆なのである。

かと思へば、現實的な對處の方法で或程度一致するからと言つて、簡單に或政黨が他の政黨に手を結ぶ事を提案したりする。行動の根本にある筈の理念が存在しないから、「保守派の政治家」が平氣で「革新勢力の政治家」と手を結ぶ。
日本に保守も革新も無い。

(追記:2014年暮れの総選挙では、みんなの党が解党に至つた。政策・理念で一致してゐるのに、戰術の違ひで分れたケースである)

政治主義の勘違ひ

政治に何かを期待する人は根本的に勘違ひをしてゐる。彼等は屡、事實を――眞實すらも――歪曲して平氣である。

右翼を嘲る左翼、或は、右翼の危險性を盛んに宣傳する左翼は、何ら實のある議論をしようとしない左翼である。彼等は、自分の氣に入らない人間をただ「右翼」認定するだけである。それで彼等は「俺大勝利!」と本氣で思ひ込んでしまふ。
ターゲットをひたすら「右翼」「右翼」と極附け續ける――この手の左翼が「右翼認定」をするのは、自分が「勝利した事實」を確認し、安心するためである。

「私は左翼でも右翼でもありません」と言ひながら、政治に固執してゐる人がゐる。大變怪しい人物である。當人が力説する事は、疑つてかかつて良いだらう。

政治にしても經濟にしても、人間が生延びなければならない以上は必要なものだが、そこに何か幻想を見てしまつてゐる人がゐたら、その人は勘違ひをしてゐる。
文學者なのに、政治に興味を持ち、政治の爲に活動する人は、勘違ひをしてゐる。特に日本の文學者に勘違ひをしてゐる人が多い。
政治運動をやつてゐる人に屡々「文學的才覺」を發揮する人がゐる。矢張り勘違ひが原因である。政治主義的な勘違ひをしてゐる文學者と、文學の才能を自分から捨ててしまつてゐる政治活動家。

事實や眞實から目を背け、事實の報告や正しい理論を歪曲して「をかしなもの」に見せかけようとする人がゐる。さうでもしなければ自己のアイデンティティを失ひ兼ねないらしいのである。よくわからないアイデンティティである。

右派・保守派のメディアは嘘吐きである、左翼・革新陣營のメディアは正直である、と言ふ左翼・革新の人がゐる。しかし、左翼メディアも、偏向した結果、特定の事柄をしか報じないがゆゑに「正しい事しか言つてゐない」だけでしかなかつたりする。
産經新聞を「誤報だらけ」と極附け、赤旗の報道は正確だと賞揚してゐる左翼の人がゐる。なるほど、勞働問題で屡赤旗は「正確な報道」をする。しかし、赤旗がいつも「自分に都合の良い事實だけを採上げてゐる」と云ふ事を、見過ごしてはならない。赤旗は自分に都合の惡い事實を採上げない。

2ちゃんねるの情報が玉石混淆なら、メディアの情報も玉石混淆である。この事は誰でも想像できる筈だが、2ちゃんねるに肩入れしてゐる人には案外わからなくなつてしまつてゐる。彼等は安易にメディア叩きに走る一方、2ちゃんねらーをひたすら持上げて見せる。觀念で考へて、事實で確認してゐないのである。

粘着アンチの言動は氣持ち惡い。この事を粘着アンチは絶對に自覺しない。
しかし、粘着行動だけで人氣を得られた粘着アンチはゐない。みんな「わかる」のである。
ウェブでは人の足を引張るのが樂しくて樂しくて仕方がない人が尤もらしく政治評論ごつこをやつてゐる。これもみんなそのうち「わかる」。

日本人には、他人でも他國でも、安易に侮る惡癖がある。
自分が恥ぢる能力を持たない人に限つて、他人に恥をかかせて遊ぶ癖がある。「お灸を据ゑてやる」なんて傲岸不遜な事を言へるのは恥知らずだからに相違ない。

深く恨む必要もなければ激しく怒る必要もない事で恨んだり怒つたりする――政治主義的勘違ひである。勘違ひだと薄々感づいてゐる人はゐる。ところが人間は狡いから、自分で自分を騙すのである。殊さら「嘲る」「見下す」「侮辱する」と云つた「餘裕のある態度」を示す事で、勘違ひを隱さうとする。誰から隱すのか。自分の目から隱さうとするのである。自己欺瞞である。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事