全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
「許す」と「赦す」 ―― 「シャルリー・エブド」誌が示す文化翻訳の問題 / 関口涼子 / 翻訳家、作家 | SYNODOS -シノドス-
http://synodos.jp/international/12340

「許す」と「赦す」は同じ意味ですよ - 図書館発、キュレーション行き
http://yuki-chika.hatenadiary.jp/entry/2015/01/15/040433

シャルリー・エブドの諷刺畫が何うとか、言論の自由が斯うとかいつた話には觸れない。
問題は高島俊男。高島の撒き散らす誤つた言説が本當にあちこちに酷い惡影響を與へてゐて、これは本當に困つた事だと思ふ。

「とる」というのは日本語(和語)である。その意味は一つである。日本人が日本語で話をする際に「とる」と言う語は、書く際にもすべて「とる」と書けばよいのである。漢字でかきわけるなどは不要であり、ナンセンスである。「はかる」もおなじ。その他の語ももちろんおなじ。(『漢字と日本人』)

高島俊男は阿呆な人間なので、我々の御先祖樣がなぜ同じ「とる」を漢字で書き分けようとしたのか、それを考へない。考へないで、「書分けようとする人間」を脅す事で、自分の好みを他人に押附けようとする。

わたしはこういう手紙を受けとるたびに、強い不快感をおぼえる。こういう手紙をよこす人に嫌悪を感じる。こういう手紙をよこす人は、かならずおろかな人である。おそらく世のなかには、おなじ「とる」でも漢字によって意味がちがうのだから正しくつかいわけねばならない、などと言って、こういう無知な、おろかな人たちをおどかす人間がいるのだろう。そういう連中こそ、憎むべき、有害な人間である。

「わたしのような知識のある者」と言つてゐる高島がこんな事を言へば、高島自身が「おろかな人たちをおどかす人間」になる。それが高島にはわからない。
高島自身の論理により高島が有害である事は確定する。それではまづい筈だが、高島は氣にしない。結果として自分の主張が押附けられればそれでいいからである。大抵の讀者は「知識がある」と云ふ事だけを氣にし、理窟を氣にしない。高島は讀者をなめてゐるのである。
閑話休題。

昔の日本人はなぜ漢字の訓讀みなんてものを考へたか。それが便利だつたからに相違ない。便宜である。しかしその結果、あまりにも貧弱だつた日本語の語彙は擴張される事となつた。我々はその意義を認めるべきである。
我々の先人は訓讀みの效能を認め、異る概念をしつかり書分けるやうに努めてきた。それが「権威主義」に繋がつたとしても、副作用であるに過ぎない。
日本語の「とる」は「取」「採」「捕」「執」「摂」「撮」などの漢字の「訓讀み」とされた。その結果、從來曖昧に考へられてゐた「とる」なる語は、「取る」「採る」「捕る」「執る」「摂る」「撮る」などの異るニュアンスの概念を含むものと初めて日本人に理解された。「とる」一本槍で何でもやつつけてきた日本人は、「取る」「採る」「捕る」「執る」「摂る」「撮る」などの漢字を知る事で、異る概念を區別する事を學び、精密に考へる事を學んだ。これは進歩である。

――高島俊男はさうした進歩を兔に角全て無に歸したいと願つてゐる。なぜか。いいかげんに考へるのは樂だからである。
樂な事が現代の日本人は大好きである。今の時代、何でも「樂になれ」と言へば受ける――樂に書く事を高島は現代の日本人に説く。高島は人氣を得たくて、受けを狙つて「樂になれ」と言つてゐる。冗談ではない。個人の受け狙ひなんかのために、先人の智慧が否定されてはたまらない。

自分は歴史的かなづかひの支持者であると高島は言つてゐる。しかし週刊文春の連載でも高島は歴史的かなづかひで書いた事がなかつた。
高島は歴史的かなづかひ派にもいい顏をして見せてゐるが、實は「現代仮名遣い」派なのでないか――高島は國語改革を肯定してゐるのでないか。私は疑つてゐる。

ちなみに、漢字をかな書きする高島俊男の書き方は、原稿の水増しである。「量る」を「はかる」と書けば一文字原稿を水増しできる。「私」を「わたし」と書けば二文字水増しできる。誠實な書き手ならお金を貰つて書く原稿は壓縮して書くものだ。

攻撃性なるもの

「一方的な攻撃」と「防衞の爲の攻撃」とを故意に混同する人がゐる。非道い嫌がらせをされた人が反撃すると、嫌がらせをしてゐる當人が「こいつの攻撃性は明かだね」等と言つてみせる。

日本人は、何か一つの物にわーっと群がつて、喰ひ盡しては別の物に移つてまた食ひ盡して……と云ふのが大好きな國民である。兔に角「一齋に動く」事を好むから、少數派の立場がない。一方、「しやぶり盡して捨てる」のを惡い事と思はないから、多數派がした事は結局後に何も殘さない。
アメリカ人は少數派の人間の立場を尊重する。けれどもそれは結局多數派が安定多數で餘裕でゐられるからだ。自由の國アメリカの國民は大體自由の鬪士であり、自由を守る爲には戰はねばならない事もある、と信じてゐる。さう云ふ多數派がゐる中で反戰活動家が一人二人ゐたところで「放つておけ」と云ふ話になるのは當り前。餘裕があるのだ。
アメリカの二大政黨制は、絶對的な價値觀の對立に據るのでなく、自由を認める價値觀で完全に共通する國民が、自由の實現の方法で對立を生じてゐるだけだから、根本の部分で一貫してゐるので、問題なく成立してゐるものである。
日本は、歴史的に思想の混亂が非道く、國民の間で價値觀が共有されてゐない。だから二大政黨制になると、あつちの政黨とこつちの政黨とで完全に考へ方が對立し、政權が交替する度に國家として一貫しない行動を取る事になる。多數派が相對的な多數に過ぎないから少數派に對する憎惡も激しくなる。
國家の中でのみならず一つの政黨の中ですら思想的な對立が生じ得る。だから思想の事は放つておいて權力奪取だけの爲に一つに纏まつて政黨を作るなんて事も起り得る。が、さうなると、政黨の中での權力爭ひも發生し、政治的に目茶苦茶になる。
自民の政治を、外部から民主が非難してゐるが、別に外部から非難すべき理由は――殊に日本では全くなく、一つの政黨の中で爭つてゐても全くをかしくはない。實際、以前はさうした爭ひは自民党の内部に留まつてゐた。派閥抗爭は有名だつたが、自民が分裂した爲に党と党との對立・競爭に「變化」したやうに見えてゐる。それだけの話だ。
今の自民と民主は、嘗ての自民の派閥が政黨に名を變へただけに過ぎない。やつてゐる事は前と全く變らない。

「炎上」とか言ふもの

みんな安易に炎上炎上言過ぎ。

右翼の發言に左翼が群がるのは炎上か?

「惡い事をした、反省しました」「惡い事をした、ざまーみろっ」――これらの發言にそれぞれ大量のコメントが附いた。この時、どちらも「炎上」と云ふ事になるか否か。

「論理的でない、妥当でない批判」と云ふものが成立つのか何うか。
批判は常に論理的であり妥當であるべきである。非論理的で不當なのは非難と言つて區別すべきである。

――「批判」と「誹謗」が不用意に混同されてゐないか。

批判が集中する發言は、發言者に問題がある。
非難が集中する場合は、問題のある人間が何らかの惡意を持つて集つてゐる場合がある。

「炎上なる現象」を全て同列にあるものと看做して、「問題がある」「ない」と極附けても意味は無い。個別の發言についてのみ、問題の有る無しを論ずる事が出來る。
妥當な批判が多い場合には、批判された發言に問題がある、
不當な非難が多い場合、非難してゐる人に問題がある――傍から見て第三者はさう判斷するしかない。

自由に批判が出來ない社會は息苦しい。
不當な非難や人格攻撃によつて自由な批判が封殺される社會は大變息苦しい。

「批判が封じ込められ、誰からも文句を言われず『自由』に物を言える社会」を多くの人が望んでゐる。しかしそこは本當の意味で自由に物を言へる社會ではない。

「そもそも批判されるやうな惡い事をしない」「見えないところで惡い事をしてしまつてゐても、SNSなどで大つぴらに言はない」と云ふのは常識的な態度だ。

「惡い事をした人が叩かれる」「惡い事をしたと公言して炎上する」――當り前だ。

「批判は存在すべきでない」「炎上は防ぐべきだ」と云ふ主張を無條件に主張するのは寧ろ危險だ。

「惡い事をするのは惡いに決つてゐるし、惡い事をしたと自慢するのも惡いに決つてゐる。けれども惡い事をしたり言つたりした人を叩くのも惡い」のやうな「喧嘩兩成敗理論」位無責任で安直な主張はない。

批判批判とか言ふもの

批判を目撃すると「批判をした! 何て惡い奴なんだ!! キー!!!」みたいに言出す人がゐる。ウェブは怖いところだ。

「ぼくは批判が悪いとは言ってません。批判をしていい気になっているN氏がみっともないと言ってるんです」みたいな攻撃の仕方――これには何と名前を附ければ良いだらうか。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事