全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
日本人には嘘吐きが多い。

左翼には嘘吐きがいつぱいゐる。これは擁護できない。彼等は、「個人の權利を守ろう」と言ふ。しかし、彼等の守りたいのは「權利の概念」に過ぎない。實際のところ、彼等は屡、個人の權利を侵害して喜んでゐる。
斯う云ふ嘘附きは自分が嘘吐きだと自覺する事すらできないから本當にたちが惡い。

右翼もまた嘘吐きたり得る。彼等は「個人の仁義を重んずる」と言ふが、同時に國家や共同體の秩序を大變重視する。當然の事ながら、個人に對する裏切りを國家や秩序の維持を名目に平然とやらかす事になるが、それは左翼のやつてゐる事と同じで、許しがたい惡である。
右翼も左翼と同樣、個人の關係を輕視し、社會や國家の<概念>を優先する。

政治を優先する人々が、個人の問題に屬する道徳に關して、まともな考へを持つ事はない。彼等は屡々他人を嘘吐きと非難する。それはただ他人の足を引張るのに都合が良いから言ふだけだ。
本氣で<嘘を吐く>事を道徳的問題として捉へてゐる政治主義者はゐない。そもそも彼等は自分が嘘吐きである事實を何とも思つてゐないし、反省する積りもない。

「叩かれるやうな事を言つた人を叩くのは惡い事で、他人を叩いてゐる人を叩くのは良い事だ」と、本氣で信じてゐる人がゐる。

「叩かれる覺悟の無い人を叩くのは惡い事だ。他人を叩いてゐる人は叩かれる覺悟があるんだろ、なら叩いてやるよ」――斯う云ふ妙な<精神論>で何でもかんでも考へる人は、粘着アンチになり易い。
批判は「その人に批判される覺悟があるからする」と云ふものではない。批判されるべき客觀的な理由があるから現れる。ところが、何でもかんでも主觀的な理由にすり替へて、批判者を攻撃する理由に故事つける人がゐる。これが許されるならば、何んな無法でもあり得る事になつてしまふ。

多くの日本人はまだ言論の自由を理解してゐないから、<批判>とは何なのか、と云ふ事も理解してゐない。だから批判と云ふ行爲の意義を考へる事が出來ず、無闇矢鱈と暴力をふるつてゐるかのやうに感じてしまふし、「毆られたら毆りかへす」と云ふ「論理」で批判を封じ込めるのを當り前だと思つてしまふ。
批判や批評が公的な行爲であるのを理解出來ない人が、それらを私刑だと勘違ひして「やめろ」と叫び、暴力的に封じ込めようとしてしまふ。

苛めつ子にも頭のいい人間がゐるから、批判を暴力的に封殺するにも尤もらしい理窟を故事つける――「これも批判だ!」と言張るのである。
<批判とは何か>。みんなもつとよく考へるべきだ。

「全てを疑へ」?

「全てを疑へ」と云ふ格言は危險だ。寧ろ「物事はありとあらゆる方向から見よ」と言つた方がいい。「疑ふ」許りでなく「信ずる」事もまた撰擇肢に入つて來る。

正字正かな攻撃五つのパターンと云ふネタを考へた。

・旧漢字は読みづらいです。だから旧仮名遣いはやめてください。
・正字正かな信者は人間のクズ。
・現代仮名遣いはすでに定着している。
・×の正字体を出してみろ。

あと何かあるかな。

押附けは良くないのか

<正しくなさ>を楯にとつて人に自分の價値觀を押附ける善良な人々がゐる。彼等ほど困つた存在はない。彼等は「正しくない」と指摘されると「正しさを押附けて人を追詰めるな」と言つて反論を封じ込める。
日本では他人の發言を封じ込め、言論の自由を侵害しても、「正しさを楯にとつて人を追詰めるな」と言へば許される。

もつとも、正しい側が損をするのは、日本に限つた事ではない。

正しさは絶滅すれば良いのか。
なぜ正しい側が正しくない人間を追詰めては行けないのか。私には「人を追詰める」事を、それ自體として「惡」と看做す感情が理解出來ない。と言ふより、正しい・正しくないの觀念を否定する人間が「追詰める事の正しくなさ」を執拗に言立て、人を追詰める事が理解出來ない。

しかし、正しいと「主張する人」が正しくない人を追詰めるものなのか。正しさそのものが正しくない主張を追詰めるのでないか。それなら、人が何う斯うと言ふのは、話を逸らしてゐるだけの事である。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事