全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

政治主義の勘違ひに陷る人は多い。經濟主義の勘違ひに陷る人も多い。しかし、經濟主義は即政治主義だから、どちらも頭の惡い勘違ひである。
經濟の事を知つてゐる人は物知りの筈で、イスラムの事も詳しい筈だが、イスラムの人々が經濟よりも正義を優先する事實を無視する。或は「正義を優先するイスラムは迷惑だ」とか云ふ「べき論」を言つて、觀察から平氣で逸脱する。井筒俊彦が指摘する通り、イスラムでは神樣が一番上にゐて、人間の生活を支配してゐる。
人間の活動を考へるならば、人間の物理的傾向だけではなく精神的傾向をも客觀的に見なければならない。ところが、多くの政治思想と經濟の思想は、人間の精神の存在を閑却するか、自分に都合良く歪曲するだけである。それらはみな、客觀的な科學ではなく、「アンチキリスト」の價値觀或は「代用宗教」である。唯物主義は宗教を否定する事によつて宗教に成り代はらうとしたもので、結局一種の「宗教」なのである。

リバタリアニズムはいんちきである。人間の精神を輕視し、單純に「人間」の發想を一括りにしてゐるからだ。もちろん、一々の人間の活動を客觀的に見る事も、リバタリアンは屡々主張する。しかし、若し本當に個別の事例を客觀的に見られるのならば、リバタリアニズムなる<立場>に據る必要はない。リバタリアンはリバタリアニズムなる立場に依據してゐる。
リバタリアニズムは「イズム」であり、即ち「代用宗教」である。可なり原理主義的な性質が強い。

リバタリアンとして知られるやうになつた木村貴氏は、呉智英のファンとして活動を始め、松原正講演會を主催するなど、政治主義とは一線を劃す立場にあつた。ところが今の木村氏は、リバタリアニズムにはまつてしまつて、經濟以外の觀點がすつぽり拔け落ちてしまつてゐる。
經濟にしろ政治にしろ、それだけを考へてゐたら事實を見誤る。政治や經濟「だけ」で人間は動いてゐると考へてはならない。
木村貴氏、「道徳との絡みで經濟を考へる」と言つてゐた事がある。もともと經濟紙の記者だから經濟の事は考へる必要があつたわけだが、松原先生とのからみで道徳と經濟の關係を考察する事が木村氏の「急務」となつたらしい。そこで何か尤もらしい事を言つてゐるリバタリアニズムに「救ひ」を求めたやうなのだが、何時の間にか肝心の道徳を忘れてしまつたらしい。
現在の木村氏は、リバタリアニズムのスローガンを連呼するだけの原理主義者に成下がつてしまつてゐる。

木村さんはいい人なのだけれども、御人好し過ぎて簡單に「他人」を信じてしまふ惡癖がある。だからアレクセイ=田中幸一なんて見るからに怪しげな人物にすら欺された。アレクセイなんかと附合ふな、と云ふ忠告を木村氏は聞入れず、おかげでこちらは未だに迷惑を蒙つてゐる。今度、リバタリアニズムもほどほどにした方がいい、と忠告したら、最う話しかけるな、と言はれた。2囘裏切られたのだから木村氏とは絶縁である。政治主義を排してゐた木村氏が政治主義に轉向したのだから、Kirokuroは大喜びである。
うちの讀者の人には好い人=御人好しの人が多いのだけれども、さう云ふ人が屡カルト的な思想・宗教にはまつてしまふ。福田恆存も、私の讀者は私よりもずつと右に行つてしまふ、と嘆いたさうだ。

http://twilog.org/nozakitakehide/date-100819/

「自虐」について

「日本の左翼は日本を貶めようとしてゐる」と云ふのは嘘。

――と言ふより「公開の場に於る自虐」は全て「自らを傷附けるパフォーマンス」に過ぎない。
寧ろ激しいナルシシズムの發露である……。

矛盾

「ブログ」やツイート或は掲示板の發言だと「誰が言つたのか」「發言者の政治的立場はどうか」といつた事に多大な關心を寄せる人々が、「日本国憲法」や「現代仮名遣い」となると只管「内容が良いから良いのだ」と言ひ續ける。矛盾。

日本人は「自分逹が戰爭をしかけた」と云ふ事實を、もつとちやんと意識すべきだと思ふ。戰爭に敗けた途端、「戰爭は惡い事ですやつては行けません」なんて言出すのは無責任だ。

戰爭に敗けた途端「戰爭は惡い事だ」とか「やつては行けない」とか言出すのは、戰爭に勝つた相手を否定しつゝ自分の敗北を無かつた事にしてごまかさうとする意圖があると受取られても仕方がない。「平和主義」と稱してみても、綺麗な言葉で胡麻かしてゐるのだと言はれたら反論のしやうが無い。
日本人は「自分が戰爭をやつたのだ」と云ふ意識が無い。「誰かに強ひられて戰爭をさせられたのだ」と思つてゐる。それは誰かに責任轉嫁する事で、自分では責任を取らないと云ふ事を意味してゐるのだが、日本人は誰かを責めれば自分は免責されると信じてゐる國民だから全然氣にしない。
日本人は、個人レヴェルでは「誰がやつたか」を異常なまでに氣にするが、市民レヴェル・國民レヴェルでは「何があつたか」のみを氣にする。だから日本人は、「日本人がアメリカに戰爭を仕掛けた」ではなく「昔、戰爭があつた」と言ふ。
「昔、戰爭があつて、人がいつぱい死んだ」だから「戰爭反對」――自分が戰爭を仕掛けて、やり返されて、それで彼我共に死者を出したのだが、當事者意識が無いから「戰爭反對」と言つても何時か「過ちを繰返す」事だらう。
日本人は、「戰爭になる」と言ひ、「戰爭をする」と言はない。戰爭が「自らの意志によつて行ふもの」だと云ふ意識を持つてゐない。だから「戰爭に正義なんてものはある訣がない」と極附ける。そもそも、正義を掲げて意識的に戰爭をした經驗がないだけなのに。

徴兵制の問題にしても、「人を殺すやう國に驅立てられるのは困る」「殺されたくない」と云ふ只管受身の考へ方か、「教育的目的で有用」等と言つた功利的な考へ方しか出て來ない。命を賭してでも守らねばならない國家の正義と云ふものが日本には無い、と云ふだけでこの體たらくである。
そもそも日本人は、ただ日本と呼ばれる地域にたまたま寄集まつて生活してゐるだけで一つの國家を作つてゐるに過ぎない。「なぜ國家を作るか」と言ふと、生活に便利だから、と日本人は答へる。集團生活を通して實現したい理想が、日本人にはない。それを日本人は當り前だと思つてゐる。
守りたい理念・理想・思想といつたものが日本人にはない。日本人にとつて大事なものは自分の命だけだ。日本人は、命を賭して守るべきものがない事の問題を感じず、命を失ふ可能性のある兵役を拒絶する感情だけを持つてゐる。
日本人は、誰かの命を守る爲に戰ふ、と云ふ事も考へられない。自分の命を失つたら全部終りだと考へるからだ。戰ひを避けて、自分が死ぬ可能性を最小限に減らす事が出來れば、その方が悧巧だと考へる。
否、今の日本人は「自分が死ぬ事は絶對に受容れられない」と言ふべきだ。昔の日本人はその點、まだ増しだつた。 

歴史的假名遣について

「現代仮名遣」が、「日本語の表記を簡單にしたら、日本語教育は樂になり、日本人の知的レヴェルも上がるに違ひない」と云ふだけの理由で主張されたものである事は、どれだけの人が理解してゐるだらうか。ゆとり教育を實施した論理と同じ理由だよ。

「現代仮名遣」を支持するのは、自分はゆとりだと言つてゐるのと同じ。

歴史的假名遣と言ふと、何も知らない人は必ず「てふてふ」と言ふが、それは蝶々の字音假名遣。
歴史的假名遣と一括りに言ふけれども、日本語には「體言」「助詞」「用言の語幹」「用言の活用語尾と助動詞」の區別があるから、それぞれの假名遣も區別しなければならない。
・助詞に就いては――「は」「へ」「を」が「現代仮名遣い」でも歴史的假名遣のまゝ殘つてゐる。これを不徹底と見るのが正しい。
・用言の活用語尾と助動詞について――歴史的假名遣は單純に文法の規則に基いて定めてゐる。だから大變合理的で解り易い。「現代仮名遣」は、「發音通り」が原則だが、用言・助動詞絡みでは發音通りにすると支離滅裂になるから、歴史的假名遣の法則をつぎはぎして胡麻かしてゐる。非常に解り辛い。

歴史的假名遣は、それ以前に無意識に書かれてゐた書き言葉を、語彙の新知識と共に文法の新知識に基いて整理したものだ。だから、從來の假名遣ひとは完全に連續してゐる。「現代仮名遣」は、書き言葉を話し言葉の立場から見て改變を加へようと云ふもので、書き言葉の連續性を破壞する事が目的である。
「歴史的假名遣を認められない、それ以前の自由な書き方なら認められる」と言ふ人がゐるけれども、嘘である。なぜなら、その人は、その大好きな筈の「自由な書き方」とやらを使はず、「現代仮名遣い」で書き續けてゐるからだ。ただの當てつけを言つてゐるに過ぎない。

明治期に歐米から近代文明が流入して、それで日本は近代化が實現した。けれども日本語の表記――假名遣――だけは江戸時代、日本人自身の手で近代化が試みられたのであり、日本人の數少い自發的な近代化の試みとして大變貴重である。
日本語を表音化せよとの主張は、慥かに古くからある。けれどもそれは、日本語それ自體の性質を尊重して言出された事ではない。ただ「進んだ歐米では漢字が使はれてゐない、ローマ字が使はれてゐる」と云ふだけの理由で言出された事だ。ただの劣等感が表音主義の原因である。
「現代仮名遣」の思想的源流に「表音的な書き方をする歐米諸國に比べて、漢字を使ふ日本語は遲れてゐる、日本語は駄目だ」と云ふ劣等感がある事を、今の人は自覺した方がいい。そんな事もわからないで、樂天が社内公用語を英語にすると云ふのを嗤つたりしても仕方がない。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事