全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今の「神社神道」が何んな發言をしてゐるか、知らないで神道の事を論じたり――剩へ「國家神道」が何うの斯うのと惡口を言つたりしてゐる人が多過ぎる。
「國家神道が何かをやつた」と云ふ事實はない。そもそも「國家神道」なるものは存在しない。靖國神社やら何やらの神社はあつた。しかし「國家神道」なる制度は存在しない。戰後の人間が戰前と云ふ時代を解釋して名附けたのだ。
實際のところ、戰前は神道人も國家からの樣々な掣肘に遭つて相當苦勞してゐた。當時は「國家神道」だつたから神道人はいい思ひをしてゐたに決つてゐると想像するのは觀念的である。「國家神道」が能動的にそれ以前の神道を歪めたと言ふのは行き過ぎた想像であり最早妄想と呼ぶべきだ。

今の神社神道は、明治以來の「國家神道」が神道に與へた「惡影響」を承知で、それでもそれは近代以降の歴史的事實だとして――斯う言ふと誤解を生むだらうが――「負の遺産」も含めて、そつくりそのまゝ引繼がうと云ふ意志を持つてゐる。それが歴史に對して責任をとる、と云ふ事だからだ。

今の人は、近代と云ふものが餘りにも當り前のやうに思へてしまつてゐるから、江戸末期から明治、或はそれ以降の「近代の來襲」がどれほど日本人にとつて衝撃であつたかを全く意識できない。それは、「衝撃的であつた近代の到來」を「過去の歴史」として、敗戰後、切捨ててしまつたから。
現代に生きる日本人は、明治維新以來、苦勞して歐米文化・近代文明を受容れて來たのが我々と同じ日本人だと云ふ事を忘れてゐる。文明近代・歐米文化に適應する爲に、明治時代の先人が打出した樣々な政策も、自分逹とは無縁のものだと思つてゐる。戰後、明治以來の日本の歴史は自分逹とは關係ないと切捨てたからだ。

大日本帝國憲法も歴史的假名遣も「明治政府が不法に制定したものだ」――「だから切捨てていい」と、多くの日本人が信じてゐる。そして、民衆がゼロから「日本国憲法」や「現代仮名遣い」を作り上げた、と信じてしまつてゐる。全て戰後の教育が齎した勘違ひである。
近代に適應する爲に先人が頑張つて作つた大日本帝國憲法や歴史的假名遣を、たかが敗戰と云ふだけの理由で切捨てたのが、日本人の淺はかなところだ。
今の日本人は、自分逹にとつて當り前だと云ふだけの理由で今の憲法や表記を「正しい」と言張る。勿論、過去のものを切捨てるのは淺はかな事で、だから現代の日本人は後ろめたさを感じてゐる。だから、過去の切捨てを正當化する爲に樣々な理窟を言ふ日本人は、却つて居丈高な態度をとらずにゐられないわけだ。

歴史的假名遣の文章を見るたびにアレルギー症状を起こす多くの人は、自分が歴史的假名遣を切捨てた後ろめたさがあるから、逆に力強く歴史的假名遣を「拒絶」して見せる。後ろめたさを匿す爲に強がつてゐるだけである。
歴史的假名遣を、明治政府の創作と極附け、それ以前の表記と斷絶してゐる、と言張る人は、「さう云ふ事」にする事で自分が歴史的假名遣と斷絶した「現代仮名遣い」を使ふ後ろめたさを感じないようにしようとしてゐる。何れにしても「現代仮名遣い」が過去の日本語の表記と斷絶してゐる事實は變らない。
歴史的假名遣がそれ以前の表記と斷絶してゐる事を「立證」したところで、「現代仮名遣」がそれ以前の表記に繋がるわけもなく、「現代仮名遣」が不當な表記である事實は動かない。歴史的假名遣を攻撃し、その「不當性」を幾ら言立てても、「現代仮名遣」は正當化されない。空しい行爲である。

私は「歴史的仮名遣は絶對に正しい」等と言つてゐない。私は「現代仮名遣」が間違つてゐると指摘してゐるだけだ。それに對して「歴史的假名遣は本當に正しいのか?」等と疑問を呈する人が驚くほど澤山ゐる。けれどもそれは何の批判にもならない。批判の仕方が解らない人は頭が惡い。
「現代仮名遣」はただ「現在使はれてゐる」と云ふだけのものでしかない。それは事實であるが、事實は當爲と別の物だ。「現在使われているから現在使われなければならないのである」と云ふ理窟は成立たない。ところが「現代仮名遣」を正當化しようとする人はその成立たない理窟を當り前のやうに言ふ。
「現代仮名遣い」が現在使はれてゐるのは、それだけの理由があるのである――なるほど「それはその通り」だ。けれども、その理由が正當なものであるかどうかは、疑念を以て檢討すべきだらう。「面倒だから嫌だ」――成程、ならば政治の問題にも一々文句を言ふのは止めたら宜しからう。

相對主義

戰前の社會を右寄りだと思つてゐる人は、戰後(今)の社會が左寄りである事實を忘れてゐる。

少くとも戰前の人が見たら戰後は左に寄り過ぎてゐると思ふだらう。

我々は、子供の頃から「現代仮名遣い」や「日本国憲法」は「良いものである」、或は「今の日本は最高に良い国である」と教へ込まれてゐるから、それらを疑ふ事が出來ない。
我々は、左翼的で進歩的な思想を子供の頃から「正しい」ものとして教へ込まれ、「常識」として受容れてゐる。だから少しでも反動的に見えるものに接すると、かーっとなつて、向きになつて罵倒し始める。

日本に存在する反體制派の人は全員、一人の例外もなく、國に據る教育によつて「反體制は正しい」と信じ込むやうになつた。實は、反體制派は、現在の體制に深く入り込み、體制の力を利用して反體制教育をやつてゐる。
我々が今の日本の體制を「正しい」と信じ、新しいものを「良い」と信じてゐるのは、子供の頃にさう教育されたからに過ぎない。「あたらしいさんすう」云々。
我々は、子供の頃の習慣を、「當り前の事」として覺え込み、機械的に守らうとする習性がある。しかし、それが餘りにも「當り前」に感じられる爲、多くの人はそれらが外部から「教へ込まれた」だけのものである事を忘れ、普遍的で客觀的な眞理と誤つて認識してしまふ。
子供の頃に「正しい」ものと教へられた事が、實は誤であると指摘された時、人は屡々、感情的に反撥し、拒絶しようとする。

教育は常に正しいとは限らない。

教育は一種の洗腦である。

教育は一種の洗腦だと知つてゐる人でさへも、自分がされた洗腦を解かれたがらない。意地でも一度された洗腦は守りたいと、多くの人が思つてゐる。
かつて教育で學んだ「常識」と違ふ事を言つてゐる人を見ると、人はその内容を冷靜に理解しようと出來ず、「これはひどい」等と言つて感情的に反撥し、排斥し、自分は冷靜だ・自分は正しいのだ、と言ひ聞かせ、自分を安心させようとする。
言葉は社會的な取決め事に過ぎないと知つてゐる筈の人が、「現在通用してゐると云ふ只それだけの取決め事」に異常なまでに拘り、その拘りは無意味だと指摘してゐる人間を「昔の言葉に拘つてゐる」などと言つて嘲る。

過去のものを守りたいと思ふのは自然な感情だが、今のものに拘るのは異常な性癖である。

「現代のかなづかい」を「我々自身のもの」として「保守」しようとするのは自己中心的な態度で、傲慢だ――と論理的に判定せざるを得ない。歴史的に引繼がれて來た假名遣を「自分を超越した存在」として認めるのは、自己を滅却した態度であり、自己を滅却するのは謙虚たらんとする意志を示すものである。
我々は、自分のものを他人に押附ける事しか出來ない。「現代仮名遣い」を「自分逹のもの」だから守れと言ふ人は、押附けをやらうとしてゐる。けれども、我々の外部の存在である歴史的假名遣を押附ける事は出來ない。出來るのはただ從ふ事だけである。

戰後の日本が敗戰國である事を自覺して、「謝罪と反省の念を持つて生きる」と云ふのも、それはそれで「あり」です。けれども、その場合、戰爭による勝つた負けたを認める、と云ふのだから、戰爭それ自體を正義の行爲と認めなければ行けません。
「してはならない戰爭で負けたから反省する」――「戰爭反對」なんて言つてゐる時點で嘘です。

そもそも、戰爭なんて數千年前からえんえん繰返されてきた事だし、今更大袈裟に「戰爭反對」なんて言ふのはナイーヴ過ぎます。全く、「本を讀め」と私も聲を大にして言ひたいですね。

後世に殘る政治

村山氏にしても菅氏にしても、左翼方面の連中が政權を取ると、權力を使つて自分の好きな事をする。タカ派の人が首相になつても、こんな「後世に殘る事」は絶對やらない。
村山談話を見ても菅談話を見ても、日本人は戰前、胸を張れるやうな事は一切しなかつたのだなあと、しみじみ思はされる。

謝罪し捲りの今になつて、却つて「日本は世界のリーダだ」とか、そんな事を言ふ人が澤山出てくるやうになつた。どの口がそんな事を言へるのだらうと不思議に思ふ。本當に反省してゐるのなら、日本は大國みたいに振舞ふ事それ自體からやめればいい。
「日本人は、謝罪をした事で立派になつた、だから世界のリーダになれるのだ」――こんな事を本氣で信じてゐる左翼や「自虐史觀」の人が、日本には極めて大量に存在する。もちろん、信じてゐるけれども、彼等はそれを口には出さない。ただ、道徳的に説教をし、他人を見下してゐる時點で、彼等は態度で示してゐる。
「正しい歴史」を主張する人に限つて、「日本人は反省し、謝罪すべきである」と主張する。
「客觀的な事實を探究すべきだ」と言ひながら、主觀的かつ「道徳的」に「日本人は何う振舞ふべきか」を命令する人がゐる――私にはその邊の支離滅裂さが氣になるのだが、何であれ「正しい」ならそれでいい、と好い加減に考へてゐる人が非常に多い。
私は何時も、合理主義者・唯物論者・無神論者の人逹を疑つて來た。彼等は客觀的な事實や論理を述べるが、なぜさう云ふ事柄を述べるのか、或は、なぜそのやうな事に興味を持つたのか、と云ふ動機を、一切説明しないからだ。
「日本人は過去に何をやつて來たか、客觀的に眞實を明かにせよ」と主張する人々が、現代の日本人に「過去の歴史を反省し、謝罪せよ」と道徳的な説教をする。彼等は、自分の「道徳的な説教」に權威附けをしたいから「客觀的な事實」とスローガンを言つてゐるのだらう。
「南京大虐殺」は「あつた」、「従軍慰安婦」は「あつた」と言ふ人々の動機を、私は直接尋ねたけれども、彼等は全員、例外ナシに、欺瞞的な答へを返した。だから私は「あつた」派を、人間として、信用しない。
動機をごまかしてゐる人が「正しい事」を言つたとしても、私はその人を信用しない。

アンチの連中も屡、動機をごまかしてゐる。Kirokuroなど、もつとも信用出來ない手合の一人だ。

「歴史的事實」を盾に取る人は、歴史が「事實の解釋」だと云ふ原則を忘れてゐる。
「謝罪せよ」なんて道徳的説教をかます人々が示す「歴史的事實の解釋」は、大抵をかしい。こちらが「解釋のをかしさ」を指摘すると、彼等は居丈高に「事實だからw」と言張る。自分が歴史を解釋してゐる事を、彼等は自覺してゐない。
「犬が歩いてゐる」と云ふのは、成程、事實だ。が、「犬が歩いてゐる。だから謝罪せよ」と言ふ人がゐたら、頭がをかしい。ところがその人が「犬が歩いてゐるのは事實だ」と言張つたら何うだらう。頭がをかしい事に變りはない。事實を事實と言張る事はこの場合、ナンセンスである。
――さて今、私は奇妙な例を示して、安易に「だから」と解釋を披瀝する愚を示した積りだ。をかしいのは彼等である。ところが、彼等は批判者ををかしい人間に仕立て上げる。「謝罪派」の人々は「この例を示した野嵜こそ頭がをかしいのである」と言つて、宣傳を始める。
異常な事を言ふ連中の論法は、常に異常だが、彼等は自分が異常だと思はない。しかし彼等は、「野嵜は異常」と宣傳する。彼等は宣傳によつて、嘘を「事實」に仕立て上げてしまふ。
異常な人の異常さは、論理の異常とともに行動の異常にも現はれる。彼等異常の人は、實に熱心に宣傳活動に勤しむ。そして、異常だと批判されると、批判をまたへんな解釋でねぢ曲げる。

「反省しろ」「謝罪しろ」と他人に要求し、執拗に絡む人々は、自分自身は絶對に反省しない。彼等にとつて謝罪は「して見せる」ものである。彼等は、全く何うでもよいところで謝罪の文句を吐き、自分が如何に「誠實」な人間であるかをアピールする。心から反省するとか心から謝罪するとかいつた事を彼等はしない。できない。彼等は不誠實である。
不誠實で自己中心的な人間だからこそ、他人に「反省」や「謝罪」を要求出來る。不誠實で輕薄な人間が、他人の誤を指摘し、居丈高な態度をとり、敵に嘲笑を浴びせ、快を貪つてゐる。文章を見ると吐き氣を催すくらゐの嫌な人間だが、その人が實に重々しく謝罪だの反省だの言つてゐるのだから氣味が惡い。
「過去の日本人の誤」を指摘し、「謝罪」を要求する現代の日本人は、大變な道徳好きで、説教好きであるが、道徳好きで説教好きの人間が如何はしい事は、Kirokuro氏が繰返し指摘してゐる事實である。

菅總理は、談話を發表する際に、「前向き」な文言を入れる事で外向的に不利にならないやう工夫したさうだ。けれども、日本語の文言なんてものを幾ら弄つたところで、外國の人には通じない――それどころか却つて不信を買ふ。大變良く知られた事實である。
安倍元首相も、好き放題にタカ派的な談話を次から次に出しておけば、短い任期であつても後世に名を殘せただらう(※この記事の元になつた文章は2010年に公表したツイート)。着實に政策を實行しようとするよりも、適當に物を言つた方が、あとあとまで影響を殘す事になりがちだ。
兔に角、何であれ「形」を殘して置く事が、日本の政治では大事である。「内閣告示」然り「談話」然り――日本の政治で後世に惡い影響を與へたのは全てこの手の「實際には何の拘束力も持たない筈のもの」だ。
「村山談話」を撤囘せよ、と云つた「強硬」な意見が出て來ない。保守派も謝罪派も「村山談話」を意地でも守らうとして、身動きがとれなくなつてゐる。

俺もアンチ相手に隨分低姿勢の態度をとつたんですけれども、侮られるだけで何のメリットもありませんでしたね。憎まれるくらゐの方が良い、と云ふ事も世の中多いです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事