廣く世の中の事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

政治、政治、政治

イメージ 1


御金を刷つても、刷らなくても――世の中、100%確實に「良くなる」なんて、言ふ事は、絶對に出來ません。
新自由主義にしても、そのアンチの考へ方にしても、所詮は當るも八卦當らぬも八卦、結果なんてわかりません。状況次第で、何んな惡い政策でも良い結果に繋がる事は、可能性としてあり得ます。「絶對にねえよ」みたいな口を、Kirokuroさんならきくでせうが、まあ、政治に絶對なんてものが、ある訣がありません。

そんな事より、新自由主義でも、Kirokuro主義でも、まあ何でもいいです、兔に角「經濟が良くなる」とか「社會が良くなる」政策とやら、それの、どれでもいいですが、そんなものが假に巧く行つたとして、それで、個人の人間がより良い存在に「なる」と云ふものでせうか。Kirokuroさんは熱心に政治の話をしてをられますが、政治がKirokuroさんの考へるやうに「良く」なつたら、野嵜は増しな人間になりますか。
もちろんKirokuro先生からは何うせ「野嵜が増しになるわけがない」みたいな答が返つて來るだけですが、一般論として政治の良し惡しによつて個人の善し惡しが變化するなんて事はあり得ないのであつて、政治と個人の道徳とは全くの無關係です。

が、ならば、政治と云ふものには限界が「ある」と、さう言ふ事が出來ます。

政治の相對性は、言ふまでもない事實です。Kirokuro先生も反論しません。が、ならば、なぜそんなにKirokuro先生は、熱心に、政治家や政治に關聯する人を「悪」「危険」「馬鹿」と決定的に極附けて、居丈高に罵れるのでせうか。
もちろん、Kirokuro先生は、答へません。「野嵜のような人間以下の存在に答へる必要はない」と、返事が返つて來るだけでせう。「お前なんかには恩惠なんて無くていいんだよ、俺たちだけが得をすればいいんだ」――いやいや、そんなにKirokuroさんは、改善されなければならないほどの貧しい暮しをしてゐるのでせうか。

……もちろん、人間の間に序列を作る考へ方を當り前のやうにしてゐる危険性を指摘する事は出來ます。が、そんな事をしてもKirokuro先生には理解できません。そもそも、絶對的な事が言へない領域で、絶對的な極附けをやらかす愚かさすらも、Kirokuroさんには解らないのです。だからこそ、Kirokuro先生は、政治的な敵を、道徳的に非難する、と云ふ、をかしな非難の仕方を、當り前のやうに、えんえんと、何年も何年も、熱心に、續けられる。
自分は政治と云ふ大變高尚なものを扱つてゐるのだ、だから政治をバカにする野嵜のやうな愚か者にはどんなに非道い態度をとつても構はない、さうKirokuro先生は曰ひます。が、政治なんてそんなに高尚なものではないです。八百屋さんや魚屋さんが野菜や魚を賣るのと、政治家さんが政治をやるのとは、同じ程度の意義を持つに過ぎません。ただ影響力が違ふだけです。が、それは相對的な違ひでしかありません。八百屋さんで野菜を買つてゐる何とかさんにしてみれば、八百屋さんの存在は自分の生存に十分大きな意義を持つてゐます。政治家の存在もその程度の意義を持つてゐるに過ぎません。
が、さうした生存の爲の職業の間に相對的な差しかないのなら、生存の域を超えた領域での職業――藝術家でも司祭でも構ひません――の間にも、いや、職業として專門にしてゐるか、素人であるか、ですら、この場合は、相對的な差しかない。なぜなら彼等は、御金を稼ぐ事を目的としてゐるのではないから、御金を稼いでゐるかゐないかを基準に判斷する事は無意味になるからです。

ところが、Kirokuroさんは、さうした相對的な程度の差を、極端に誇張して、恰も「絶對」の差があるかのやうに、勘違ひしてゐます。そして――ああ、素人の政治運動家としてのKirokuroさんと、專門家の政治家との間には、Kirokuroさんは、線を引く事が出來ないのです。寧ろ、專門家の政治家よりも、素人の政治運動家・Kirokuroの方が「偉い」かのやうに、屡々Kirokuroさんは、權威的に振舞ひます。傍から見れば滑稽なだけですが、この權威主義に基づいた執拗な攻撃が直接仕掛けられてゐる當事者にしてみれば、まあ、迷惑なだけです。
またTH-15LD70が夕方の豫約をさぼつて呉れた。例によつてヤッターマンの録畫豫約をしてゐたのだが(TH-15LD70の外部出力をアナログキャプチャする)、「予約を実行できませんでした」とエラーメッセージを殘して何も仕事をしてゐない。

で、TH-15LD70と云ふテレビが駄目である事は最う何度も何度も書いてゐるのだけれども、豫約に失敗するのも結局のところこれが家電だからだらうと思ふのだ。
デジタル家電は、全て、一つの例外もナシに、PCに比べて使ひ勝手が惡いし、出來が惡い。テレビにしてもレコーダにしても、豫約が二十件程度しか入れられない。他にも、「月曜日〜土曜日」とか「毎日」とか、まるで意味のない豫約の入れ方は出來るのに、「月曜日・火曜日・水曜日」だけといつた豫約の入れ方は絶對に出來ない。
PCのキャプチャボードでそんなろくでもない制限があるものは先づない。家電製品は駄目だ。

もちろん、PCの周邊機器も、ただ自由度が高いから何とかなつてゐるだけで、そんなに優れてゐる訣ではない。が、家電製品は全部、恐ろしく自由がなく、その爲、非道い制約が平然とユーザに押附けられてゐる。
これは、自由度をなくして使ひ易くしようと家電メーカが考へてゐるのではなく、ただコスト削減の爲にけちつてゐるから生じてゐる事態だ。

デジタルテレビは結構Linuxで動いてゐる。實質的にコンピュータと同じだ。だが、コンピュータと違つて、家電ではメモリが徹底的にけちられてゐる。CPUも速くない。だから動作が遲い。その方が安上りに出來るから家電メーカはぎりぎりの性能の製品を作る。自由なんてものはあり得ない。

斯う云ふ駄目な製品を、家電メーカは宣傳で賣る。テレビCMや新聞廣告、量販店への賣込み――そして、一見恰好良く・一見可愛らしく見せかけて、消費者に買ふ氣にさせようとする。
家電において、デザインは、大抵消費者を騙す爲になされてゐる。
そして、大抵の家電のデザインは、無意味だ。ユーザの使ひ勝手を良くしてゐる事は滅多にない。テレビでもレコーダでも、メニューが無意味に動いて「恰好良い」やうに見える機械は幾らでもある。が、そんなものが動いても決して使ひ良くはならない。が、さうやつて見た目で買はせようとするのが家電である。そして實際、消費者は見た目で物を選ぶ。消費者が駄目なのである。

が、斯う云ふ「騙して駄目な物を賣りつける」式のやり方は、どこかで見た事のあるものでないか。さう、粘着アンチの「義」がやつてゐる事と同じだ。或は「会長」。一見尤もらしい事を言つて人に嘘を信じ込ませようとする。「営業」と云ふ奴だ。日本人は「営業努力」で何でも賣る。
粘着アンチだの何だのが熱心に嫌がらせをやるのも、結局のところ、自分の好きなやうに世の中を動かすと云ふ、ただそれだけの事・日本人にとつては当り前の事をやつてゐる積りなのだ。

これでは世の中良くならない。デザインだの見た目だの、或は綺麗な言葉だのもつともらしい嘘だの――そんなもので世の中を動かして行かうとするのならば、世の中には僞物が蔓延るだけだ。


ウェブサイトでも、ウェブデザインと稱して、「一見きれい」なサイトを作るのが「常識」と化してゐる。これなんかも大概にすべき事で、實際、懲りに凝つて作られたサイトなんかよりも、スタイルも何もない、ブラウザのデフォルトの表示に依存してゐるサイトの方が、壓倒的に使ひ易い事になつてゐたりする。
畫像を配布してゐるサイトで、アンカーでリンクを張らず、わざわざチェックボックスにチェックを入れさせ、スクリプトか何かで情報をとり、サーヴァ側でzipにまとめて、ユーザにダウンロードさせる、そんな面倒な事をやつてゐるところが存在する。他にも、データのリストを提供するのでなく、いちいち檢索させ、サーヴァで檢索スクリプトを毎囘毎囘動かして、えらく時間をかけさせて、情報を提供してゐるサイトもある。見た目だけは大變きれいだ。が、ユーザにとつてそんな綺麗さなんてものは要らない事が結構ある。時間をかけないでさつさと情報を集めたい――さう云ふ實質的な益を求めるユーザは、少からず存在する。ところが、サイト制作者はデザインしたがる。
嘘をつきたいからついてゐるのではない。が、結果としてユーザにとつて利益にならない。そんな事が世の中、案外多く存在する。また、結果として、嘘をつく事に何の抵抗も感じない人間が増殖してゐる。「嘘ではない、営業なのだ」――俺はかつてさう云ふ商賣のやり方に嫌氣がさした事がある。

開く コメント(5)

「話の通じない人」

俺は「反論しない人」こそ話の通じない人だと思ふのだけれども、世間の人は「反論する人」が「話の通じない人」だと考へるらしい。

開く コメント(27)

開く トラックバック(1)

大日本帝國憲法


憲法發布勅語より
帝國議會ハ明治二十三年ヲ以テ之ヲ召集シ議會開會ノ時ヲ以テ此ノ憲法ヲシテ有効ナラシムルノ期トスヘシ

大日本帝國憲法より
第七十六條
法律規則命令又ハ何等ノ名稱ヲ用ヰタルニ拘ラス此ノ憲法ニ矛盾セサル現行ノ法令ハ總テ遵由ノ効力ヲ有ス

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

……明治憲法の運用
明治憲法は、神権天皇制という特色をもってはいたが、他方では、立憲主義の原理に立つ近代憲法でもあった。……。
……。
施行の直後は、神権天皇制を拠り所として、藩閥政治家が超然主義を唱え、衆議院における政党を無視あるいは敵視して、独断的に政治を行おうとしたから、内閣と政党は常に対立抗争を繰り返すこととなった。しかし、これでは円滑に国政を運営することはできないから、やがて両者の間に協調の機運が生まれ、超然主義は次第に影をひそめていった。そして、政党政治、すなわち衆議院における多数党が内閣を組織して政権を担当する仕組み――今日の議院内閣制であるが、当時は、これを立憲政治、略して憲政といい、政党間における政権交代を憲政の常道といった――の実現に向けて徐々に進んでいった。
けれども、時には神権天皇制が息を吹き返して、政党を無視する超然内閣が出現する。大正二年(一九一三年)の第三次桂内閣、大正一三年(一九二四年)の清浦内閣が超然主義を唱えたが、これに対しては、国民も政党も猛然と反発し、各政党が党派を超えて一致して憲政擁護運動を起こし、これが広く国民の支持を得たから、これらの超然内閣は倒れて神権天皇制による大権政治派はその力を失い、立憲主義体制が定着した。前期の憲政の常道が実際に行われ、民主的な議会政治が実現したのである。
ところが、昭和七年(一九三二年)の五・一五事件を契機として議会政治は次第に形骸化し、以後政党は政治の中枢から後退し、軍人官僚等がこれに代わっていった。ことに軍部(特に陸軍)は、統帥権独立を濫用して、軍に対する文民統制を排除し、また陸海軍大臣の武官制に依拠して内閣の命運を左右するなど、積極的に立憲主義体制を空洞化させていった。神権天皇制こそ正統とする国内のファッシズムは、こうした動向を強力に推進し、いわゆる軍国主義が大勢を制するようになったのである。一方、各政党は、第二次世界大戦勃発の前後には戦争遂行の名の下に解散を余儀なくされ、民主的な力を結集して、こうした暴走をチェックする体制は、消滅していた。それゆえ、第二次大戦末期の状況は、不完全ながらも明治憲法の定める立憲主義体制の崩壊(芦部信喜『憲法学1憲法総論』一四二頁)というべきであり、重大な憲法違反が横行するという事態となっていた。
出典:松澤浩一編著『憲法論』(八千代出版)二十五〜二十七ページ。

めも。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事