廣く世の中の事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

近代憲法の制定施行ということは、一八世紀におけるアメリカおよびフランスの革命以来、世界史上の主流であって、今日でも重要な意味を持っており、民主国家であるかどうかは、近代憲法が正しく行われているかどうかで判断される。わが国も、すでに百年を超える近代憲法の歴史を有しており、その実体にはいろいろ問題があるとしても、ともかくも民主国家である。
日本憲法史は、明治憲法、正しくは大日本帝国憲法の制定に始まる。明治維新の後、欧米の思想、制度などに接して急速に普及した自由民権の運動が次第にたかまり、これを沈静化するため、ヨーロッパ諸国におけると同様に、近代憲法制定の必要に迫られた。明治憲法制定の主要な原因はここにある。このほか、幕末における不平等条約の改訂のためにも、近代憲法を頂点とする国内法制の整備が緊急の課題として、存在していた。
かくして、明治一三年(一八八〇年)当時の元老院が国憲案(憲法草案)を作成したが、これは国体に合致しないとの理由で、明治政府の中枢部にいた岩倉具視や伊藤博文に反対され、採用されなかった。
一方、民間では自由民権運動の広がりとともに、さまざまな憲法試案が発表され、いかなる憲法を制定すべきか、活発に議論されていた。この事実は、高く評価すべきであって、一八七〇年代にわが国でも、人権尊重と民主政治の実現を目指して、多くの国民が真剣に取り組んだことを物語っている。
このような状況を背景として、政府部内でも、大隈重信を中心とする急進派により、イギリス型の政党政治――議院内閣制を基礎とする憲法の速やかな制定が主張された。これに対しては、当時の内外の情勢からみて、こういう急進論は危険だとする岩倉や伊藤一派が反対し、大隈ら急進派を政府から追放する(明治一四年の政変)という強硬手段に出た。けれども、そのまま放置できる状況ではなかったので、明治一四年一〇月政府は、国会開設の直喩で、明治二三年(一八九〇年)に議会を開設すること、それまでに憲法を制定すること、を明示した。
明治一五年(一八八二年)、憲法調査のため伊藤博文がヨーロッパに派遣され、伊藤は主としてドイツを中心に調査を行い、翌一六年帰国して、ドイツ型の立憲君主制憲法の制定を目指して、その草案起草の作業を進めた。この間に、憲法の制定施行にそなえて必要であるとして、明治一七年に華族制度、明治一八年に内閣制度、明治二一年には枢密院および地方自治の制度がそれぞれ定められている。
憲法草案の起草作業は、明治二一年、(一八八八年)完了し、次いで、これは新設された枢密院の審議に付され、翌二二年(一八八九年)一月にその審議が終了し、同年二月一一日「大日本帝国憲法」として発布され、第一回帝国議会が開会された明治二三年(一八九〇年)一一月二九日から施行(上諭第四項)された。
出典:松澤浩一編著『憲法論』(八千代出版)二十三〜二十四ページ。

めも。

開く コメント(0)

……法治主義・法の支配
立憲主義国家では、議会は法律を制定し、その法律を実施するのが行政であり、解釈するのが司法であると考えられるが、ドイツでは、特に専制的な行政を抑制する趣旨から、法律による行政に力点を置いて「法治主義」という言葉を立憲主義と同意義のように用いた。法治主義が、他面、法律の内容をおろそかにし、法律の形式を用いさえすれば国民の権利を制約できると解釈されると、立憲主義は空洞化される。そのような心配は戦前のドイツおよび日本で現実に現われ、このようなことから立憲主義は権威主義、官僚主義を横行させた。この反省の上に立って、法律による行政のみならず、議会の制定する法律そのものの内容も大事であって憲法の制約を受けるとする「法の支配」Rule of Lawという考えが浮上した。法の支配は、個人の尊厳を最高の価値として認め、国家がその認識の上に立って、憲法で個人の基本的人権を保障し、法律といえどもそれを侵すことを許さず、裁判所の権威によってその保証を確保しようとする思想である。
法治主義を原理とする国家は法治国家と呼ばれる。法治国家は、自由権の保障を特色とする場合に自由主義的法治国家と呼ばれ、社会権の保障を特色とする場合に社会的法治国家と呼ばれる。
法の支配という観念は、もともと不文憲法を持つことを背景にしてイギリスで成立し、コモン・ロー(普通法)という不文法が議会の立法に優位すると考えられ、議会の立法に対する制約原理として機能した。一六八八年の名誉革命後、議会の絶対性を意味する「議会主義」の観念が成立すると、法の優位は法律の優位に席を譲るが、法の支配の中に見られた法の尊重、裁判所への信頼、個人権の重視の伝統は、議会が恣意的に権力を行使することを抑制する原理として引き継がれた。
……。
出典:松澤浩一編著『憲法論』(八千代出版)十九〜二十ページ。

めも。

開く コメント(0)

憲法めも:欽定憲法

……欽定憲法
これは、君主主権の思想に基づき、君主が自ら定めた憲法のことをいう。この憲法は、専制君主制から立憲君主制への過渡期にかけて多く確認される。
この憲法の場合、形式的には欽定であっても、その実、後述する協約憲法的な性質をもつものが多い。たとえば、1814年のフランス憲法は、欽定憲法の最初の事例とされるが、実際には、元老院の要求に応じたものにほかならない。その意味では、枢密院に諮詢しただけのわが大日本帝国憲法は、欽定憲法の典型といえる。しかし、この大日本帝国憲法もまた、その実、明治初期以来の自由民権運動の要請に応じたものにほかならない。1850年のプロシア憲法については、プロシア議会の憲法制定行為を評価せず、これを欽定憲法と説く者も多い。
出典:青山武憲『憲法講義』(八千代出版)13ページ。

めも。

開く コメント(0)

地震關係

中国のWEBサイト追悼のため白黒へ。ゲームサイトは一時運営停止へ: DesignWorks
http://designwork-s.com/article/97494236.html

多分常連さん特に某方面の人なら想起するであらう事を當然俺も想起したけれどもさすがに不謹愼なので云々。

開く コメント(3)

パクり


パクりもやられ過ぎると「永遠のモチフ」とか言はれるやうになる。
大體藝術の場合に「モチフ」と呼ばれて面白がられるものが、藝術として認められないものでは「パクり」と言はれて蔑まれる。

十六時九分 - smallball
http://d.hatena.ne.jp/smallball/20080504/p1

開く コメント(3)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事