廣く世の中の事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

茲を見てゐる人は案外理系の人が多かつたりするやうなのだけれども數少ない(?)文系の人向けの御話。
この世には科學を啓蒙する爲の雜誌があつて、それは恐らく專門の人には今さら役に立たないのだらうけれども、門外漢の人間を惹きつける爲、眺めて樂しいものに仕上がつてゐる。知らない人はあんまりゐないと思ふけれども、結構見ない振りをしてゐる人も多い氣がするから、普段この手の雜誌を手に取らない人は、立讀みをするとよろしいかと――と言ふのが惡ければ、圖書館で眺めて見ると良いと思ふ。
数独とかクロスワードパズルとかで頭の體操をしてゐる人もゐるだらうけれども、この手の本に書かれてゐる事なんかも結構頭を使ふきつかけにはなるのでは。


日経サイエンス六月號では「宇宙の歴史が消える日」と題して、「遠い未來」においては觀測によつてビッグバン理論その他の證據を見出す事が不可能になるであらう事が述べられてゐる。(サイトを見たら内容を讀めるから、雜誌を買はないでも良いみたい)
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0806/200806_022.html
「遠い未來」と言つてもたかだか1000億年で、不可思議とか無量大數とか、そんな巨大な數字の單位を知つてゐる我々にとつてみれば、ついほんのちよつと先の話だ。その頃には最早我々は一人の例外も無しに死んでゐるし、多分今の文明の痕跡も殘つてゐないと思ふ。fankee_jrの「惡行」も、そんな先には何一つ傳はつてはゐないだらうと云ふ事だ。讀者諸子よ、想像して見玉へ。更にその先、どんどん宇宙は膨脹する、その中で物質は稀薄になり、仕舞ひにはブラックホールでさへ蒸發して消え失せるとか云ふ話だ。宇宙は熱的死を迎へるとか言はれてゐる。いろいろな理論を適當に見ても、あんまり將來に期待出來さうにはない。

ところで、我々文系の人間は屡々、イデオロギー鬪爭なんて事をやらかす。理系の人もたまにやる。さう云ふ事に一生懸命な方々は、この手の科學の本を讀まない。が、しかし、さう云ふ方々に御聞きしたいのだが、文化なり傳統なりを守るのであれ、人類の進歩と云ふものを信ずるのであれ、その先は何うなるのか。
我々は日々生活してをり、いろいろな營みを續けてゐる。が、世界は確實に死に至り、繼續してゐるものは全て終焉の時を迎へる。そんな未來の姿は、今や科學がはつきり示してゐる。
そこで、我々が現在の生活を續け、何とかやつて行くのは、なぜなのか、と云ふ疑問がある。これに、右の人も、左の人も、何と言つて答へるのか。

宗教は答へられるか。我々は既に宗教それ自體を信用してゐない。
創造主なくして如何にこの宇宙を創造し得るか、を、科學は追究しつゝある。意志なくして偶然によつて宇宙をあらしめる事は、理論上「可能」とされてゐるらしい。この世の存在には神の手が必要であつた筈だと如何にクリスチャンが強く主張しても、そんなものは要らないと科學者は自信を持つて囘答する事が出來る。そして日本人は大體殆どがクリスチャンではない。
神道に至つては、そもそも宇宙の創造に何ら關心を持たない。

かうした疑問を呈する事を、人權侵害に關する議論の妨害であるとか、或は、無職の言ひ訣とか、非難する人がゐる。が、それの何が惡いのだらう。開き直つて言ふが、人權侵害を解決し、或は俺が就職したところで(此處は笑ふところ)、それで世界が永遠に繁榮を續ける事にはならない。
寧ろ、人が現世で幸せになつても結局死ぬ事、仕事をしても世界は何時か無くなつてしまふ事――さう云ふ事實がある事に對して、我々は、にもかかはらず、なぜ働き、なぜ世の中を改めようとし續けるのか、その理由、或は動機を明かにする必要がある。
痩せ我慢の説は福澤諭吉の説だが、我々はそれでやつて行けるのか。實際、我々は何も考へない事で何とかやつて行つてゐるだけではないか。當座、樂しい事をして、嫌な事は考へないで、それで健全な社會生活を送つてゐる。が、既に我々の科學やら何やらは不健全の領域――道徳それ自體をナンセンスなものにしてしまふ段階に入りつゝある。
何も考へないで當座生きる爲に生きる――としたら、これは人間の生と言つて良いのか。動物の生と何う區別するのか。

右であれ左であれ、今や我々は一人の例外も無しに刹那主義に陷つてゐる。それを何とかしようとすら考へない事は、幸福であるが、しかし、それは、新興宗教の信者が何も考へないで幸福でゐるのと何か違ひが「ある」のだらうか。新興宗教の信者を嘲つて嗤ふ醒めた人ですら、現代と云ふ時代における自らの立場を忘れて幸福でゐるだけであつて、結局は信者諸氏と何も變るところはない。

開く コメント(0)

虹裏腦

コシヌケの日記(2008年)
http://ksnk.jp/diary08.html
(2008-Apr-25)の項。「でも絶対に許さないよ。」で吹いた。内容は良く讀んでない。

開く コメント(1)


やあそれは花粉症ですね。

昨日(と言ふか既に一昨日)朝から目が變だつたけれども電車で眠り込んで驛で起きたらますます變。鏡を見たら目が眞赤。最う白眼まで膨れてゐていよいよもつて結膜炎状態だつたのだけれども、これは間違ひなく花粉症。昨今は檜のが惡さをするらしい。

明日は檜になりたいと願つてゐるあすなろも花粉症の原因になつたりするのだらうか。どうでもいいけど。昔井上靖良く讀んだな。

開く コメント(2)

カルシウム神話


苛々してゐる人がゐると「カルシウム不足」と極附けて嘲笑ふ性癖の人がゐるけれども、例によつて「神話」だから。

大體俺、最う隨分近所の御醫者さんおすすめの某カルシウム錠を毎日六粒づつ服んでゐるけれども、普通に苛々するよ。あと、カルシウムは體に吸收され難いから、牛乳とかちよつと攝つたつて、大して意味ない。

開く コメント(3)


例によつて政府のする事が「拙速」その他の批判を受け、國民の權利が制限される事を懸念する聲があがつてゐるさうだ。
けれども、何うせ反對の爲の反對だらう、それも平和な時の暇潰しに過ぎないと、俺は思つてゐる。

我々日本人は既に半世紀前、重大な權利の制限――思想統制・言論統制と言つていい――を受け、それを批判もせず、逆に嬉々として受容れて來た。現在に至つても、その制限は大變に良い事と言はれ、極めて高く評價されてゐる。その規制は、撤廢せよと主張すると、却つて××××扱ひされ、無視して行動すると「やめろ」と言はれる。
言ふまでもなく、漢字制限と略式假名遣の強制だ。敗戰後のどさくさ紛れに實施された政策だが、いつたん實施されたからには最う誰も反對しないし、した方が惡い事にされてしまふ。日本では、當座、お上のしようとしてゐる事は非難するけれども、一度決つた事は最う反對しては行けないし、それでも反對したらした方が惡人と極附けられて排斥される――さう云ふ「傳統」がある。
ならば、「児童ポルノ法」でも「有害情報の規制」でも、決めてしまへば最う日本人はそれが正義だと信ずるのであつて、今反對してゐる人も法案が通れば即座に態度を正反對に改める。何うせさうに決つてゐる。エロゲの某氏(かその騙りの人)だつて、今は俺を侮辱して好い氣になつてゐるけれども、法案が通れば直ぐに政府の側に附く事だらう。人權とか聲高に言つてゐる連中を俺は信用しない。笑ひ。
政府の人はさう云ふ事を全然意識してゐないけれども、安心して各種制限の強化を進めれば良い。一度決めれば最う既成事實だ。


國字改革の結果が「大人も含めた国民の「表現の自由」と「知る権利」を阻害する恐れ」に繋がらないと積極的に主張する人が、この手の規制を一生懸命非難してゐるんだぜ。

開く コメント(6)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事