廣く世の中の事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

今、日本テレビで太田総理と秘書田中の番組をやつてゐるのだけれども、例の年金問題を巡つて「議論がヒートアップ」、政治家が惡い國民が惡いと罵聲の應酬が。何て情けない事だらうと思つた。「責任を取れ」と要求し合ふ事が「議論」なのだらうか。日本人は根本的に議論と云ふものを勘違ひしてゐる。例の青方の中村もさうだし「義」や喜六郎もさうだが、他人の責任を追求する事こそが言論だと心から信じてゐる(積りの)日本人が多過ぎる。

いや、責任を追求したければすれば良い。追求すべき時には、だが。殆ど全ての日本人が、ただ、目立つてゐる人間に對して惡口を言ふ爲に、「責任」と言ふキーワードを濫用してゐるだけのやうに見える。「責任」と言へば、何となく立派な事を言つたやうな氣になれる。殆どの人が「責任」を問ふ理由は、自分を立派に見せかけるのが目的だ。他人の責任を問ふと息卷く連中は、大概、相手を見下し、侮蔑する言辭を吐く。これは、相手が侮蔑されるべき事をしてゐるから當然だ、と云ふ思ひ込みに基いた行動だ。しかし、そんな行動が常識的に許される、と云ふのはをかしい。

年金問題の「ヒートアップした議論」でも、「惡いのは政治家」「惡いのは國民(これは例の旋毛曲がりの金美齡女史が受けを狙つて何時ものやうにわざと奇矯な事を言つたに過ぎない)」と、ひたすら目の前の人間の責任許りを問題にした。全く馬鹿馬鹿しい事で、誰が惡いのか、誰の問題を改善しなければならないか、と言へば、それは役人・官僚に決つてゐる。今、政治家や國民の責任を問はうとしてゐる人々は、役人・官僚の問題は放置しようと言ふのである。
番組では、年金問題を起した國に賠償を要求するとか下らない結論を出してゐたが、そんな事をやつても何の解決にもならない。ただ、罵倒して、好い氣になつて、快を貪つてゐるだけの事だ。責任をとれと要求する人間は屡々無責任である。


宇野精一氏や塩田良平氏が国語審議会の委員だつた頃の事を書いてゐるが、それによれば国語審議会の総会邊は公開の議論だが、そこでは或種の議論が絶對に行はれなかつたさうだ。吉田提案と呼ばれる「國語の表記は漢字かな交り文を原則とする」事を審議会が認めよと云ふ提案が出された事があるが、總會ではひたすら無視された。これは、表音主義者の土岐善麿等がその邊の議論を必死になつて避けようとした事もあるが、實はあらかじめ文部省の役人が議論のセッティングを行なつてゐて、既に行はれた國字改革を見直さねばならなくなるやうな提案は全て潰す方針があつた所爲だと云ふのである。
宇野氏は漢字抹殺論が文部省内部に根強くあつて、それを實施する爲に役人が根囘しをしてゐた事を問題視してゐた。


當然の事ながら、そのやうな事はあり得ない、陰謀論だ、と云ふ批判が、現代の表記を「保守」しようとする勢力からは現れよう(その種の「批判」は、青方の中村なんかは大好きだ。「根拠なーし」云々)。けれども、年金問題で役人が何をしたか。役人の間で秘密裏に方針を決め、國を動かさうとする事は普通に「ある」事だ。
日本では長い間、役人が密室で樣々な事を行なつて來た。國字改革もその一つで、表音主義者も或意味、役人の掌の上で踊らされて來たに過ぎない。今、年金問題で役人のやつてゐる事の甚だ好い加減で甚だ秘密主義的である事は、一往國民に知られつゝあるが、「責任」を問ふ人間が全員、「政治家の監督責任」なんぞを主張し、政治家を罵倒して快を貪つてゐるだけであるのを見れば、將來も「役人の世界」が變らないだらう事は容易に推測出來る。
責任責任と言つて、目立つてゐる人間の責任だけをひたすら言募る連中は、問題を解決する意志など無い。責任責任と安易に言ふ奴は、むしろ無責任だ。

開く コメント(3)

アトランダム

Let's noteのUSBは何か缺陷があるのでないか。外附けHDDの電源が時々勝手に落ちる。前外附けのHDDが死んだのも、HDDがサムソン製だつたのが原因でんはなく、Let's noteの缺陷の所爲で接續された外附けHDDの電源が勝手に落ちたせゐのやうに思はれる。
取敢ず二度と松下製の製品は買はない。

Googleで檢索するとなぜかRDFがひつかかる。なんでそんなものを拾ふのだらう。

Yahoo!ブログは、豫め「Wiki文法使用」にチェックを入れておかないと、投稿したあとでWiki文法を使用出來るやうに修正出來ない。

Yahoo!のログイン。Operaでだが、IDを入力してパスワードを入力し始めるとなぜかフォーカスがIDの方に勝手に移つて、見える場所でパスワードを打つてしまふやうになる事がある。JavaScriptに不具合でもあるのでないか。そもそもJavaScriptをオンにしてゐないといろいろサーヴィスが使へない。Yahoo!はいろいろ基本的な部分でをかしい。

開く コメント(7)

アトランダム

エロマンガやエロアニメ或はエロゲで嗜好を滿足させてゐた人がそれらを奪はれるとリアルの幼女だの何だのに手を出し始めると云ふ主張。これは本當か? 根據はあるのか?
ゲーム腦は存在しないが、腦を鍛へるゲームは存在し得るらしい。

IE8でウェブ標準に準據するやうになるとIE7以前に最適化されたウェブサイトの表示が壞れて困るとか云ふ話。
さうなるとまたウェブ屋さんには仕事が増えて實にめでたいと云ふ話。

破天荒遊戲は破天荒と云ふタイトルでいろいろ得をしてゐる。

細木数子が女子高生に「お父さんに感謝しなさい。あなたがたが生きてゐられるのはお父さんが仕事をして食べさせて呉れてゐるのだから。お父さんの事を臭いとか悪く言ふのは止めなさい」とか説教をして、女子高生が泣いてゐる番組を見た。「お父さんを惡く言ふやうな人に良い男が出來る訣ないでせう」。一人の少女が泣きながら發言して「わたしのお父さんは單身赴任をしてゐる間にゐなくなつてしまつて」。細木が遮つて「最うそれ以上言はなくて言い、あなたは何も惡くないのだから」。それ以上何か言はれたら困るから細木は遮つたのだが、TVを見てゐた多くの視聽者が細木の言葉にただただ納得して感動してゐた事だらう。
惡い男とくつ附く女もゐて、ならばお父さんにも惡いお父さんはゐる筈。發言した少女がそれを證明してゐるが、だからこそ細木は發言を遮り、話を逸らさねばならなかつた。しかし我々日本人は、論理的な話よりも、話のすりかへをより好むし、話をすりかへられてそれで初めて納得する。


ゲーム云々は昔ネタにしたけれども、相變らず何の根據もナシにこの手の事を言つて幼兒ポルノ規制に反對する人がゐるのは何なのだらう。「規制は抑壓は良くない」とか言つてゐた人もゐたけれども、「犯罪は取締られて當り前」とか言はれて何うして納得しないのだらう。
エロゲの某T氏は、「抑壓には大反對」の人だが、或種の事柄について問ひ質すと「それは犯罪」と簡單に言つてのけたものだ。自分に都合が良いか惡いかで簡單にレッテルは貼り變へられるし、だからこそ日本人はレッテル貼りを好む。

開く コメント(6)

今フジテレビで議員の人が出演して討論をやつてゐて、ガソリン税だの何だのと言つてゐるけれども、これは全く意味がない。

自民党の人と民主党の人が何とか税を何うする何うしないと言つてゐる。觀てゐる人も家やその他の場所で何だかんだと言ふ。ブログでも意見が盛に主張される。2ちゃんねる邊では言爭ひが行はれる。全部ナンセンスだ。

自民党の人が何とかと言ひ、民主党の人が反對する。これをTVでやる。ところでその主張、何んな事が根據になつてゐるか。TVでやれば誰かが尋ねるが、雙方とも、それらしい事を言ふだらう。けれども、それが自民党なり民主党なりの據つて立つ如何なる理論に基いた主張であるのか、全ての議員は説明しない。そして、テレビの司會者、ゲスト、その他の人々は全員、一人の例外もナシに、その邊の部分を突込んで聞かない。
何となれば、自民党の議員も、民主党の議員も、自分達の主張が、自分逹の當の據つて立つ理論や理念と何の關係もない事を知つてゐるからだ。そもそも、自民党や民主党も、理論や理念は持たない。
我が日本國に、理論や理念に基いた政党は、社民党や共産党、或は公明党がある。然るに、これらの政党の中で、全ての主張の背景に曲りなりにも理念なり理論なりの裏づけを持つのは、社民党だけだ。共産党は今やマルクス主義の理論をただ党員相互の驅引きの際にのみ用ゐるに過ぎない。公明党は、創価学会の政党だが、日本に於ては政教分離が原則である、と云ふ、宗教の命令よりも強い政治の命令に從つて、自分逹は学会と無關係である、と主張し、さう裝つてゐる。のみならず、そもそも、学会の理念と、公明党の主張とは、大體無關係で、ただただ現實的で、わづかに「ひとにやさしい」氛圍氣を醸し出さうとしてゐるに過ぎない。

このやうな状況を、日本人の多くは、をかしな事だと認識しない。現實的なのは良い事だ、そのくらゐの感想を抱くだけだ。理念や理論があるのは却つて危險だと、その程度の事を尤もらしく言ふ人がゐるくらゐである。
現在、自民と民主が二大政党のやうになつてゐる。二大政黨制そのものにも實は問題がある。今は委しく論じないが簡單に述べると以下の通り。アメリカの状況を見れば分る通り、二大勢力が存在すれば、勢力が拮抗する可能性が高くなる。その時、政權は不安定になり勝ちである。アメリカの場合、強大な権力を持つ大統領を置いてゐるから何とかなつてゐるが、首相の權力が脆弱な日本では、二大政黨制をそのまゝ移植すればただ政情不安が出來するだけでしかない。閑話休題。
日本のこれら二つの政党は、共に理念や理論を持たない。現實主義と言へば聞こえは良いが、實態は權力爭ひをやつて、勢力が二つに分れてゐるだけの事だ。ガソリン税を何うするかその他で言爭つてゐるのは、ただ政權政黨に野党が反對してゐるだけの事でしかない。この程度の事は普通に指摘されてゐる。指摘されても何うにもならないのは、日本人が誰も本氣で問題だと思つてゐない事を意味する。少くとも、政治家にならうと言ふ人間の大多數が思つてゐない事は明かだ。彼等は權力爭ひをして、結果として二つの勢力に分れてゐるに過ぎない。

これを「當り前の事だ」と看做すのが日本人だ。そして、當り前の事を疑はないのも日本人だ。少しでも「常識的」な事を疑へば、袋叩きにして默らせる良い口實になるし、日本人は力づくで他人を默らせるのが好きな國民である。もつとも「常識を疑つて見せる」事で自分の頭を良く見せようとするのも日本人で、喜が頭に附くブロガーがその典型。何れにしても、哲學を持たず、精々もつともらしい理論や「えらいひと」を持出して、ひたすら現實の問題を處理しようと汲々としてゐるのが日本人である。恰好良く物事を割切つて見せるパフォーマンスをするのも、長々と現實の問題を論じ、現實的に處理して見せようとするのも、或は与党の方針を野党が否定して見せるのも、全て日本人的な餘りに日本人的な行爲である。
日本人の多くは、行動や主張を盛にするものの、何らかの行動・何らかの主張の背景に、自己の信ずる價値觀を持たない。日本人の行動や主張には、背後に哲學がない。これについて、喜の字が頭に附くブロガー子等は「それこそがよいことなのだ」と威張つて言ふ事だらう。けれども、我々は過去の歴史と先達に學ばなければならない。
日本の先達として西歐の連中を持出すと「何を今更」と言はれるのであるが、しかし英國や佛國或は米國の民主主義をモデルに日本が「我國の政治體制」を構築してゐるのは事實である。既に日本が全く獨自の政治體制を築き上げてゐるのなら、諸外國の事は無視して突つ走ればよろしいが、二大政黨制にしてもアメリカの眞似だ。その諸外國の政治體制下で、政黨は全て何らかの價値觀に基いて結成され、議員諸氏は何らかの理念を支持して政黨に所属してゐる。權力を求めてあつちの政黨からこつちの政黨に鞍替へする人もゐるが、尊敬されない。日本で民主党と自民党の間を議員が移つても、我々は何とも思はないだらう、當り前と思ふだらう。あちらとこちらとでは、政党の意味が違ふ。日本で政党は、權力を求める人々が當座、戰ふ爲に一致團結した姿に過ぎない。彼の地では、理念を實現する爲に人々が集つて黨を結成する。權力は飽くまで理念を實現する手段である。勿論、「建前」「本音」であちらの連中の態度を説明する事も出來るが、さう云ふ風にしか我々の見る能力がないのだとしたら、敢て我々の常識的でない見方で彼等の態度を説明してみるのも視野を擴げる役に立つだらう。

ところで、我が日本には、戰後のみならず戰前にも政黨政治の時代が存在してゐる。歴史的な事實である。我々は今、冷靜に過去の政黨政治を思ひ返して反省する事が出來る。既に自由民權運動の時代、或はその前後の政治は、多くの歴史書で批判的に採上げられ、問題點を指摘されてゐる。明治時代、或は大正時代、政党が存在して議會政治が行はれてゐる。さて當時の政党は、なぜ存在したか。全て權力爭ひの爲であつた。理念は存在しない。議員は互ひに好き嫌ひで黨を結び、離合集散を繰返した。政黨政治が瓦解し、軍による政治が出來したのは當然の事だつた。政黨による政治をする意義が存在しなかつたからである。
今の政治が過去の政治と同樣、單なる權力爭ひである事を、我々は疑ひ得ない。ところで、さうした状況を、我々は全く問題視しないのである。問題視して何うする、今、現に、政治は行はれてゐるではないか――成程。日本人は價値觀を認識し得ず、變化のみを認識する。
然るに、過去の失敗した政黨政治の後を襲つて出現した軍國主義を、我々は非難する。これは何なのだらうか。しかも、軍國主義が出現した理由である「意義のない政黨政治」を、今、我々はそつくりそのまゝ再現して、その状態を「常識的」「當り前の事」と看做してゐる。

我々日本人は、現實に失敗してからでないと、問題を認識しない。もちろん、諸外國の連中もさうだと反論されるだらう。しかし、諸外國で失敗があつても知つた事ではない、問題は我國に關する事だ。一度した失敗を、我々は再び繰返しつゝある。
否、違ふ、我々は最う失敗しない、同じ事をしてゐても違ふのだ、安心しろ、大丈夫、今は過去でない――それがこのブログの讀者諸氏の一般的で常識的な判斷だ。「現に運用されつゝある」、この理由ほど日本で説得力を持つものもない。
だが、過去は過去、現在は現在、と云ふのは如何なものか。我々は、過去と現在とを區別し得るのか。時間の經過に對して、我々日本人は何の懸念も持たない。時が過ぎると物事は自然に(勝手に)良くなる、さう多くの日本人は考へてゐる。人間が何かする必要は全くない。餘計な口出しをするな。
ところが、その一方で、日本人は、實に熱心に、システム構築、物事を運用する仕組の構築に努めるのである。何かしないと世の中動いていかないかのやうだ。けれども、無爲自然の萬能を主張しながら自然の後押しをしようとするのは支離滅裂だ。だが、しかし、日本人は屡々論理的に支離滅裂である事を認識出來ない。日本人は論理的に破綻すると全く關係のない事を言出して話を逸らし、自己正當化をはかる。此處では「何かをする」努力の尊さを、日本人は言ひ訣に使ひ、これが本來の理論と何の關係もないがゆゑに、實に多くの日本人は納得する。日本人は、話を逸らされると説得される、と云ふ妙な傾向を持つ。詐欺師が横行する所以である。

執拗に「日本人」「日本人」と言つて來たが、日本人が日本の中で自分逹だけでやつて行けるのなら何の問題もない。けれども今はさう云ふ時代でないのでないか。

價値觀の問題を論じようとして結局價値觀を持たない事の現實的な問題についてしか論じられなかつた。あまり巧く書けてゐない。

開く コメント(0)

わがYahoo!のニュースにはまだ載つてゐない。

http://news.google.co.jp/news?hl=ja&q=%E7%AC%AC9%E6%83%91%E6%98%9F

@kazuhi.toの中のKidachiさんが未だに反應してゐないなと。それだけ。

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事