ここから本文です

野沢直子の小説家への道

お前んちもだよ

夜、わんこの散歩で家の近所を5分〜10分ほど歩いているんですが、、、










イメージ 1







ご近所にある、若者たちのシェアハウスと思われる家。クラブなのていう照明でめっちゃ目立ってます。







はあ〜〜〜。最近の若い子は、、、、こんな家に住んで、落ち着くのかしらね、、







イメージ 2








やだ、この黄緑とオレンジの家も、、何これ◯チガイ屋敷








あ、これ、うちだった。






文句は自分の家の壁を白くしてから言え。



この記事に

人間のように。笑

ある朝、目が覚めたら、、、











イメージ 1









うちのわんこのクマがブランケットに入ってきてて、顔だけ出してまるで人間のような体勢で爆睡していました
















か、かはいいいいいいいいいい(声にならない)








イメージ 2








次女が持ってる60年代のビンテージの雑誌に、クマ発見








か、かっはいいいいいいいいいいいいい(声にならない。その2)







イメージ 3








イメージ 4






かなり似てますよね





か、か、かっはいいいいいいいいいい(しつこく、その3)





この記事に

ちよこれいと

イメージ 1











真珠が日本からこんなにチョコレート買ってきてくれたので、、、








しばらくの間、とっても幸せに暮らしていけます(単純。笑)





この記事に

吉本坂46

ちょっとちょっと、みなさん私が『吉本坂46』のメンバーだってこと、忘れてませんか








私はある時は三児の母、ある時はEMGTのボーカル、そしてまたある時は吉本坂46のメンバーなんです。(それがどうした









忘れてたのは自分じゃないのすみません。CDの告知、すっかり出遅れです。申し訳ございません







私は吉本坂46の『ビター&スイート』ていうユニットの一員で、私たちの曲『抱いてみるかい?』、12/26に発売になってました







んもう、、、私てそういうとこあるよね。オーディションの時、投票して下さ〜いとかお願いだけしといて告知大幅出遅れ、、がっくし。







皆様、もしももしもCDお求めの際は私のジャケットの買ってくださいね。告知、遅くなりました〜〜〜







そして、もう一つ握手会のお知らせでーーーすきゃ。アイドルぽい。
あした16日(水)14:00から個別握手会の第6次抽選、受付スタートです
私は、2/2(土)東京会場に参加しますので、ぜひ来てくださ〜〜い。



↑こちら、クリックしてくださいね〜〜









イメージ 1








ビター&スイートの『抱いてみるかいジャケット撮影の時に、かつみさゆりの、さゆりちゃんが撮ってくれた写真。笑








この記事に

クイーン!

よーーーーやく観てきました『ボヘミアンラプソディ』、映画館で









今頃すみません。笑 ちょっとタイミング失って、今になっちゃいました。







まあ、多くのみなさんがそうなるように号泣だったんですが、、、何が、て、わかってなかったクイーンの楽曲の良さに自然と涙が出てきて、号泣になっちゃいました。









クイーンを初めて見たのは中学生の時。








その頃、、、ベイシティローラーズ、クイーン、キッスが三大人気洋楽バンドだったんですが、私は熱狂的なローラーズファンでもちろん武道館も行って髪型も同じにしてたし、キッスもそこそこ好きでレコード持ってて武道館ライブも観に行ったりしていたのに、、、









クイーンだけは、『ボヘミアンラプソディ』も『キラークイーン』もなんか変なのお、、なんて思っちゃってて食わず嫌いで通ってこなかった、、、、








今、そこ後悔するというより、この映画観て、クイーンの楽曲のよさは曲に人生を投影することのできない人生経験の少ない中学生じゃ理解できないのも当然だったのかもな、、と思いました。








55歳になった今(もうすぐ56)、人生の酸いも甘いも通ってきた今なら、笑 もう『We are the Champion 』のイントロ聞いただけで、どーーーーーーっと涙が出ました。







圧巻の『Live aid』の『We are the Champion』。イントロのピアノから、なんかとにかく涙が出てきて、、、そして、会場のお客の一体感の凄さ人間の作ったものでこんなことって起きるんだなあと思うと、涙、涙で、気がつけば恥ずかしながらこぶしを振り上げて、泣きながら小さい声で『ウィ〜〜ア〜〜〜ザちゃんぴおん〜〜〜まいふれ〜〜〜』て歌っていました。爆笑〜〜。







実際の『Live aid』の映像観ると、映画とほとんど変わらない一体感で、おそらくみんな一人一人が『私だってチャンピオン〜〜〜』て思いながら合唱してて、この日になにか人生が変わったていう人もいたんじゃないかな、、、これは本当に実際に起きたことだったんだなあ、、と思うと感動も新た。







みなさんが絶賛されるように、役者さんたちの憑依ぶりも凄かったとは思いましたが、この映画はクイーンの楽曲の良さに尽きますそれを知るための映画だなあ、、、と思いました。






イメージ 1





イメージ 2







今度、カラオケで歌おう。(えそこ




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事