ここから本文です

野沢直子の小説家への道

書庫全体表示

2018、初ヒップホップ便りだお〜〜〜 (やけくそ)










10年以上もやってるのにだーーーれも踊れないママ友集団、ヒップホップママズですが、、、、








おそらくは、11年私たちと辛抱強くやってきてくれた、優しい先生のダーネルがサンフランから三時間のところに家を買って引っ越してしまい







新しく迎えた、、アリーナていう先生はなんと19歳





 

振り付け、かっこいいけど、若いだけに、は、速い それでもなんとか、私ら半泣きでやっていて、これ出来るようになったら超かっこいいんだろうな、、と妄想しつつ、、、








家で練習のために、、とその日に習った振り付けを動画に撮らせてもらっていて、その動画で踊ってる自分見て思ったの。









イメージ 1







なんか違う、、、、たたずまい自体にヒップホップ感が出てない、、、、







これ、おばさんの井戸端会議、笑う5秒前て感じの立ち方じゃない、、、(ちなみにこれ踊ってる最中ですが)







アリーナが先生になってから特に思うの。






子供らが踊ってるの見て、きゃーーかっこいいいい、これやりたーーーい、、、て、ほんとに間違ってたな、、て。














この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事