ここから本文です
浜名湖と知多の釣りとダイビング日記
クロダイ&うなぎ釣り、ダイビング、テニスが大好き。バンドもやってます。
4月21日の土曜日。この日は中潮で干潮が1553
18時頃から釣りになるので、夜釣りに舞阪へ。
17時頃到着すると、釣り人はそこそこ。
日中、下げ潮の中でやっている家族連れが多いので
帰る人の横にうまく入るのもポイント。
運よく、先週と同じポイントに入れました。
 
さっそく支度です。
マキエはいつもどおりチヌパワー日本海
キザミッコオキアミとチヌパワー少々と先週の残りエサ。
すぐ暗くなるので、最初からウキはハピソン5点点灯ウキ1号。
このウキは、自重があるので少々の風でも良く飛ぶのと
5点点灯なのでウキの沈みが良くわかってGood
 
イメージ 1


オキアミをツケエサに18時頃から開始しますが、
この日は下げ潮が残り結構、きつく流れます。
多分、海藻に針がかかっているのでしょうが
ウキが頻繁にシモって沈むので
アタリが判断しにくい。
そんな中、コッパグレがかかってきました。
19時頃になり、ようやく潮が収まってきました。
ウキも素直に流れます。
このころから、ウキが徐々に沈みアタリが頻発。
ただ、合わせても
何もかからず、エサだけがなくなっていきます。
コーンも併用しますが変わらず。
 
そんな状態が続きますが
20時頃、合わせると、大きなウロコだけがかかってきました。
少し期待です。
それから、小カサゴが次々釣れてきます。
 
いつもは、もう少し反転流が流れるのですが
今日は、流れが落ち着いていて、あまり流れません。
ポイント釣法で、ひたすら同じ場所にコマセを打ちます。
 
すると、21時半頃、緩く流れていたウキが
突然、スパっと消し込みました。
反射的にアワセ☆
こういう場合、コッパグレが多いのですが
今回は、結構な重量感☆
 
巻きあげを急ぐと、どこかに擦れて
糸切れします。
何回か痛い目にあってきたのが
ふと蘇る重さです。
あせらず、竿だけで浮かせることに。
 
うまく、浮いてきたところで
すかさず巻き上げです。
水面にクロダイが浮いたところを見ると
なかなかのサイズ☆
慎重にタモ入れ。36cmの腹パンの個体でした。
先週に引き続き、同じ場所で釣れました。
 
イメージ 2


その後は、やはり小カサゴだけで
翌日、朝から地元の凧揚げ会の
行事があるので23時には終了しました。
 
今日は、長竿のダンゴ釣り師が5人ほどいましたが
釣れてないようでした。
今週は、やはり地元の凧揚げ会の用事があり
釣りは無理かも。
GW開けまで、お休みかもです(泣)

この記事に

4月14日の土曜日。
この日は大潮で干潮が1120 満潮が1709
なので、13時半頃から19時頃までウキ釣り可能。
舞阪に行こうと、岐阜の単身先から、家に帰らず直行。
12時に到着するも、先々週も同じような潮周りの時に、お昼すぎに
到着したら満員だったので、おそるおそる釣り場をのぞくと
曇りで、いまにも雨が降りそうなこともあって
ガラガラでした。
場所は選びたい放題だったのですが、やっぱり実績の高いパイル側に。
 
イメージ 1
今日も、コマセはチヌパワー日本海にチヌパワーを少々
きざみっこオキアミを混ぜます。
仕掛けは、先週、友人が全層で47cmを釣っていたので
迷いましたが、やっぱり遠矢ウキに。
ウキ下は3.5ヒロで13時半に開始。
 
イメージ 2
東風が強く、最初は遠矢ウキ400SPで開始しましたが
斜めになってしまうので、すぐ300に変更。
ガン玉も4B1Bを追加です。
上げ潮の流れ始めはいつもそうなのですが
最初は、きつく潮が流れていきます。
そんな中、ポイント釣法で真ん中に集中的にコマセを打ちます。
すると、なぜか真ん中を過ぎた辺りで、ウキがしもり
沈んでしまいます。
何回やっても同じ現象なので、ハリスに打っていた
G5 G62つのシズを1個に変更して
ガン玉も4Bに。
多分、海底の海藻にひっかかっていたのでしょう。
ようやく落ち着いて流せるようになりました。
 
最初は全くアタリもなく経過します。
ずっと、東側の方でやっている人が1枚かけています。
流れ上げ側の右流れから反転流の左流れなど
めまぐるしく変わります。
1時間ほどすると、ほとんど流れない時間に。
そんな中、ようやくオキアミがなくなるように
なったなと思った矢先、超近めを流していたら
ウキがやや沈みました。
ドキドキしながら見ていると、
明確にウキが軽く引き込まれました。
咄嗟にアワセ☆
ガッツっていう手ごたえ。
ガンガンという首降り。これです!この感覚を待ってました。
なかなか、良い引きです。
どこかで擦られてバラしたら泣きます。
慎重にやりとりして、あがってきたのは腹パンの32cmでした。
 
イメージ 3
早い時間にあがったので複数釣果を期待です。
風も、予報どおり弱まってきて、良い感じです。
ウキにも、変化が何回もあります。
遠矢ウキの場合、1カラ目盛とか軽く沈むアタリが
ほとんどなので、集中です。
 
そんな中、条件が良くなると共にコッパが寄ってきたようです。
コマセを打つと、水面がザワつくようになりました。
次々とコッパがかかってきます。
3連荘とか、もうコッパ祭りになりました。
1回だけガッツという手ごたえ☆
これは!と思いましたが、ハリス切れ。
コッパとやりとりしている中で傷ついていたのだと
思います。
 
そんな状態が暗くなるまで続きました。
18時頃になり雨雲予報を見ると19時から雨みたいです。
本当は電気ウキを流したかったのですが
雨の中片づけはしたくありません。
ということで、夜釣りはやめて終了。
 
コッパが群れる季節になりました。
ダンゴ釣りも良いかもしれません。
今週は、夜釣りに行こうと思います

この記事に

3月31日の土曜日。
この日は大潮で干潮が1210 満潮が1805
ウキフカセだと14時頃から20時頃までが釣りになります。
単身先から、舞阪のパイル前に直行しました。
お昼頃到着すると、駐車場に結構な数の車があり嫌な予感。
釣り場をのぞくと、たくさんの人たちが、潮が落ち着くのを
待って待機しています。
しまった、出遅れかあ…。やっぱりな…。
ということで、一旦入った駐車場代はもったいないけど
新居堤に向かうことに。
ただ、残念ながら9mタモは持参しておらず
一旦、浜松の自宅に帰り出直しです。
 
新居堤に到着したのは14時半頃。
海釣り公園は相変わらずの賑わいでしたが
今切れ口は、そんなに人はいません。
場所はありましたが、前回3枚あげている大橋付近に
しました。
コマセは、いつも通り「チヌパワー日本海」と「スライスオキアミ」
と「チヌパワ−少々」と先週の残り。
ウキは遠矢ウキの300SPBで、ウキ下をとり開始。
イメージ 1
ただ、大潮でもあり、さすがに今切れ口は潮流が複雑。
いたる所に反転流ができ、投入場所により流れが違います。
あまり近場だと、テトラで根掛かりするし…。
ただ、安定して流れる地点だと確実にオキアミはなくなります。
開始して1時間、16時半頃になり、ようやく潮が落ち着きました。
そんな中、ウキに変化が☆
合わせます。重い やった!と底から引き離しにかかります。
とそこでラインブレイク ハリス切れでした(泣)
その後も、また流れが激しくなり、遠矢ウキがたたないことも
しばしば。
大苦戦です。
そんな中、暗くなってきたので早めですが
浮力の強いハピソン1号5点点灯ウキに変更。
流れも落ちついてきました。
と、またアタリ。
今度は、派手にウキが沈み、合わせ☆
重い!やったあ!ハリス切れ…(泣)
 
2回もバラして意気消沈…。
それと、沖目から流すと手前に寄ってくる流れが
出てきました。
そんな流れの中、手元まできたウキを回収のため
あげると重い。
根掛かりかと思い、「だから近めはダメなんだよな」と
ブツブツいいながら、竿をあげると
あれっ?底を切ってるし、だけど重い。
こりゃあ魚だと確信。
水面にあげると、結構、大型です。
暗闇の中、テトラの隙間に何とか誘導。
9mのタモを伸ばしますが、
海面に届いているのか、よくわかりません。
苦労しながら、何とかタモ入れに成功☆
すると、卵をはらみ丸々太ったグレでした。
測ってみると34cm。
舞阪では30cmを超えるグレには出あったことがないので
大満足です。
イメージ 2
 
その後、20cm以下のカサゴが2匹。
 
20時頃になってそろそろ下げ潮に変わり終了かな。
今回はウキを流さなくてすんだあと
思いながらやっていました。
ウキを回収しようとリールを巻くと
変な方向から糸が巻かれてきます。
しまった、左のテトラにミチイトがからんでる…。
このテトラだけ上にあり、ゆるんだミチイトを
良くひっかけるのです。
慎重に巻こうとしましたが、あえなくプッツリ。
ハピソン1号ウキが流れていきました。
 
この釣り場は3回目ですが、くるたびに
ウキを流しています。
ただ、舞阪と違い大物が多く、また釣り方も難しいことから
良い練習になります。
ここと比べたら、舞阪は本当に釣りやすいですね。
 
今週の週末は、どうも爆風の予報。
天気予報が変わってくれること願うのみです。

この記事に

週まで仕事がパンパンでブログ更新している暇がなく、先週分はカット。
17日の土曜日は舞阪の夜釣りで小型3枚でした。
 
イメージ 1

3月24日の土曜日。干潮が1714の小潮まわり。
風はそこそこあるものの、19時頃から釣りになるので舞阪へ。
場所取りのため17時に到着すると、釣り場は空いていました。
小型だけど先週も釣れた34番パイルの真ん中へ。
イメージ 2
これで、今日、数枚はかたいなあ…その見込みは甘かった…
今日は風があるので、飛距離と視認性の良いハピソン5点発光ウキ1号。
写真です。
イメージ 3
絶対、釣れると思ったので釣り場写真も準備万端です。
まだ、下げ潮が残る18時頃開始。
あまり意味はないなあと思いながら、みんなが開始したので…つい…
これが失敗。
流れが少し緩やかな近場を流していると…根掛かり…です。
しかも高切れで、ハピソンのウキが流れていきます。(涙)
まだ、下げ潮なので、どんどん流れて行って…消えました…。
 
今度は、遠矢ウキのトップをはずし、ケミ37mmを装着。
 
今日は流れが残り、なかなか下げ潮が収まりません。
そんな中、またまた根掛かり。ガーンです。
 
もう一つあった遠矢ウキに交換。
 
この日は20時になっても潮が落ち着きません。
風も段々強くなり寒くなってきて目出し帽をかぶりました。
 
少し奥でやっている長竿ダンゴのひとが1枚あげました。
こっちはというと
あれっおかしいなあ アタリがないなあ おかしいなあ
全くアタリがありません…。
ずっと、そんな感じで夜釣りでは久々のボウズ
 
翌日25日は、干潮が53分。満潮が1038
なので、7時から12時くらいがウキフカセ時間
夜釣りあけに早朝釣りは辛いので下げ潮でも
可能な新居海釣り公園T字堤へ。11時頃到着であす。
ダンゴをうつ予定でしたが、見ると堤と堤の間でやっていたひとが
帰っていきます。
ラッキーと向かい風の側(浜名湖向き)に入りました。
コマセは公園内の釣り具屋さんで急遽調達。それにサッとオキアミ。
開始すると、予報どおり風がどんどん強くなってきます。
正面からの風なので、コマセが飛びません。
下げ潮も段々きつくなり、すぐに手前に流れてきます。
そんな最悪の環境の中、14時頃ウキがスッと沈みました。
反射的に合わせ。
ガンガンきます。やったあと思いながらリールを巻くと
どんどん糸が出ていきます。あれっ?
ドラグを利かせても、巻いても巻いても、だめ…。
ドラグが完全に滑ってました…。
最後は糸を持とうと思ったのですが、あえなく
足元でプツン…。
それ以降は、ますます風と潮がきつくなり16時には終了。
 
この2日間、全くチヌの顔を見れず…。
またリベンジです。
 
リールを買い替えるか悩んでいる中
ふと、ドラグの修理ができないかHPを探してみました。
すると、普通に直る部分じゃないですか!
今まで、リールのメンテナンスをやってこなかったから
知らなかっただけでした。
さっそく、ダイワのドラグワッシャーグリスを購入。
次に、このリール(ダイワ 14エクセラー2500)の取扱説明書を
ダウンロード。
いよいよ分解です。

イメージ 4

ピンをはずしたら、HPで注意とあったように
ピョーンとピンが飛んで行って、床を探し回りました…。
何とか見つかって分解開始。
ワッシャーを見ると、取説どおり3枚入っています。
どれもカサカサに乾いていたので、グリスを塗って再装着。
ドラグがきくか試してみると、ちゃんときいてます。
一応、直ったみたいですが、どうもノブ部分が
不安なので、翌日、パーツを取り寄せることに
しました。
 
これで今週も万全です☆

この記事に

3月11日の日曜日
この日は干潮が638で小潮回り。8時くらいから釣りになります。
舞阪に行きたいのですが、多分、まためちゃ混み。
深夜に場所とりしてまで、行きたくないので
新居堤へ。
少し早起きして、釣り場に着いたのは8時頃。
人気のT字堤の堤と堤の間はほとんど満員。
1ケ所だけチャンスがありましたが、目の前で子どもが入ったので
あきらめ、今切れに向かいます。
重いコマセをエッチラと運び、到着すると
前回と同じく大橋下よりなら空いていました。
前回、釣り落とした失敗から
かけた時に足元のテトラとテトラの間の
誘導場所も確認。
今日は、新調した9mタモ☆
とりあえずテストすると、余裕で下まで届きます。
 
さっそくコマセ用意。
先週残ったコマセにオキアミ1.5kgとチヌパワー日本海の半分。
それとチヌパワーを少し。
ウキ下をチェック。やっぱり5ヒロ半くらいです。
今日は遠矢ウキ400SP 4Bで9時頃開始。
潮はゆっくり浜名湖側に流れます。
あまり、近くは根掛かりがひどいので遠くを狙います。
それでも、10時頃までに根掛かり4回。
1回は近場でかけましたが、テトラで擦れ
ハリス切れ。
ようやく落ちついてきた10時過ぎ。
少しずつウキに変化がみられるようになり
オキアミ餌がなくなるようになった矢先
じわじわウキが沈みエイって合わせると
ガツンと重み。
ちょっとドラグを緩めてあるので
早く浮かさないと根にすられてしまいます。
必至に浮かせて、狙っていた場所に誘導。
タモを慎重に入れ取り込み☆
32cmでした。
イメージ 1
時々根掛かりするので、シズを2個打っているのを
1個に変更。
同じように流していると
30分後くらい、少し近い場所で、投入後、仕掛けがなじんですぐ
また半分ほどウキが沈みます。
ガッって合わせると、またまた重い。
今度も慎重の取り込みましたが
見ると、口の皮1枚でした。あぶないあぶない
また32cm。
イメージ 2
このころから風が段々とひどくなってきました。
ここは西風が背裏になるので釣りやすいのですが
後ろ側が海岸なので砂が吹き付けてきます。
舞阪に入っている釣り友のW君に電話。
朝、4時頃到着したけど、バッカンで
場所取りされていて、ようやく端に入れたと
こぼしてました。
この場所とり方法、皆さんどう思います?
W君のように名古屋からきている人には
かわいそうですよね。
だから、僕は、舞阪は夜釣りだけと決めました。
再開です。
ますます風がひどくなる中、11時半頃1枚追加。
31cmでした。
イメージ 3
その後、風でひしゃくが飛ばされ
駐車場まで替えを取りに行ったりしましたが
何もかけられず…。
14時頃、下げ潮がきいてきて
釣りにならなくなってきたので
シズをはずし、近場を流すと
アタリがあります。
ねばって、これが最後と思い流すとアタリ?
合わせると、感触もないのに
ミチイトが高切れ(泣)
遠矢ウキが流されていきます(泣)
前回も流したし、ここはウキと針は消耗品か(泣)
ともかく前回のリベンジは果たせたし、釣り場の様子も
わかってきて、9mタモでの取り込みも経験。
また来たいと思います。
釣り中の写真忘れたので、釣り場写真を。
風がひどくなり、下げ潮になって
みんなが帰った後です。
タモはこの場所のために新調した
9mタモ。
イメージ 4

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事