バリアフリーな お店を見つけましょう!

〜 新入生・新社会人の皆様 おめでとうございます 〜

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
■レストラン・飲食店のスタッフの皆さまへ■

「 評判のおいしい料理を食べたい 」
「 おなかが空いたので食事がしたい 」
「 コーヒーを飲んで一服したい 」

などということは誰もが思うことです。盲導犬使用者も同じです。

盲導犬を伴う、伴わないに関わらず、すべてのお客様がお店で
楽しいひとときが過ごせるようにご配慮ください。


1.お店に入ってきたとき

「 いらっしゃいませ。ご案内しますのでお待ちください 」など、
まず声をかけてください。 視覚障害者が単独で空席を探すことは困難ですので、座席まで誘導してください。

2.座席への誘導

背もたれのあるイスの場合は、視覚障害者の手を背もたれに誘導します。
背もたれのないイスの場合は、イスに軽く触れるまで近づき、
イスの位置を確認してもらいます。いずれの場合も座る前にイスの位置・高さを
手で触れることによって確認してもらってください。
確認した後、視覚障害者は自ら着席します。肩を押すなどして、
無理に座らせようとするのはやめてください。
イスまで誘導したとき、あわせてテーブルの位置も説明してください。
テーブルに手を誘導してもいいでしょう。

3.盲導犬を待機させる場所について

盲導犬使用者は、イスやテーブルの下に盲導犬を入れて伏せさせます。
しかし、もし使用者が通路などで不都合な場所に盲導犬を伏せさせている場合は、
そのことを使用者に説明し、適当な場所に移動してもらうようにしてください。

4.注文を受けるときに

メニューを読み上げてください。この時、値段も忘れずに読み上げるようにお願いします。
点字メニューを備えてあれば、その旨をつたえ、必要かどうかを確認してください。

5.配膳について

水の入ったコップやおしぼりなど、テーブルのどこに置いたか、
簡単でいいですから一言 説明してから置くようにしてください。 配膳の都合上、
コップなどの位置を動かすときには、必ず動かしたことを伝え、その位置を説明してください。
テーブルの上に、料理を置くときも同様です。簡単に位置を説明してください。

例えば…あなたの前・右手前・左手前、あるいは時計の文字盤にたとえて
料理の位置( 三時の方向など )を説明します。 コーヒーにミルクや砂糖を入れること、
料理を食べやすい大きさに切ること、ナイフやフォークではなく お箸を用意することなどは
必ずしも必要なサービスではありませんが、希望する視覚障害者もいますので
声をかけて意向を確かめてください。


6.トイレの案内

トイレの内部の状況をよく説明してください。
(1) トイレまで誘導する。
(2) トイレ内の設備( 便器の形式・向き、トイレットペーパーや水洗のノブの位置など )
 については詳しく説明してください。ノブやトイレットペーパーなどは
 実際に視覚障害者の手を導いてください。
(3) 誘導者は近くで待ち、用が終わったら、手洗い場に誘導してください。
   相手が異性の場合は、同性の人に援助を頼んでください。
   盲導犬の待機の仕方については、使用者にたずねてください。




           全国盲導犬施設連合会 ハンドブック より 文面転載の許可を頂いて 記載しています


全国盲導犬施設連合会 →  http://www.gd-rengokai.jp/



バリアフリーレストランを考える会が 実現したい勉強会・・・
それは「 飲食店スタッフと盲導犬・ユーザーとのコミュニケーション 」 と題して
まだまだ 盲導犬の入店に難色を示している 飲食店の方々へ向け
正しい知識と 盲導犬に関する理解を認識していただく 勉強会を考えております・・・

「 他のお客さんに迷惑になるのでxxx 」
「 衛生面で当店では お断りしていますxxx 」   など

接客する側が 盲導犬ユーザーと接した事がないから 戸惑うのではないでしょうか・・?
ならば 一度ユーザーと共に お店で体験していただこうではないか・・・と

両者の意見を 受け入れることで より快適なお食事を提供できるものだと信じております。

                                 代表  ふらっと

この記事に

閉じる コメント(15)

法律の改正後、入店拒否はましになったと聞きましたが、それでも、まだ、拒否されることもあるようです。ましてや、こういうマニュアルを理解して実践してくれるレストランとなると、現状ではまだまだなんでしょうね。やはり、こういった運動はとても大切だと思います。

2007/8/1(水) 午前 1:40 pip*pu*py2*06 返信する

私も↑の人と同意見ですね。

2007/8/1(水) 午前 7:12 ,kaokao 返信する

店主が、元々 犬が嫌いだったりすると 態度に出るのかなぁ〜後 お客さんもたまたま犬嫌いだったりすると 嫌がられるのかなぁ〜
盲導犬は、お利巧で、煩い子供の方が 迷惑です

2007/8/1(水) 午前 7:34 masumi 返信する

最近、小学校でも盲導犬の勉強をしていますよね。
ハーネスに触らないこと・・・等、私も一緒にお勉強させたもらったという感じです。
ふらっとさんの取り組み、すっごく素敵だと思います。
一人でも多くの方に知ってもらいたいですね。

2007/8/1(水) 午前 9:03 りおん 返信する

主人も左足が不自由ですがダイビングを楽しんでいます。お店の方が行く度に少しずつ工夫してくれて最近は快適に潜っています。でも同じお店にしか行けません。一から説明するのが大変だからです。日本中どこでも同じサービスがうけられるようになるといいと思います。また心のバリアフリーも大切ですね。視線が凄いです。まさと君のこと近くに住んでいて知っています。頑張ってほしいです。私も手話の勉強を再開しました。きっかけはダイビングショップのお客さんで耳が聞こえない友達ができたから。年に数回お会いするので少しでもお話したいから。障害のあるダイバーが増えてきているのは嬉しいことです。海の中はバリアフリーです。

2007/8/1(水) 午後 0:46 hanakotemama 返信する

盲導犬OKのお店、都会ならばもっとたくさん見かけるんだろうな。
こっちではあまり、お店にマークが提示してあることがありません。
飲食店よりも、ホームセンターなどのもっと大きなお店ならば見かけるけど・・。
どんどん、増えて欲しいし、みんなに知っていて欲しいですね。

2007/8/1(水) 午後 8:09 chocoholic 返信する

盲導犬は大切なパートナーですからね。お店側も配慮のある所がどんどん増えて行くことを願います。

2007/8/1(水) 午後 10:53 [ みみ ] 返信する

飲食店に勤めている時、まさに知りたかったことです!勉強になります!私はデパートに入っていたのですが、必ず入店前の研修というのが義務つけられていましたので、その中でこういう内容の研修も入れるといいですね!

2007/8/2(木) 午後 0:25 りりー♪ 返信する

始めまして、僕のブログのゲストブックを除いていたらコメントいただいてたみたいでありがとうございます。
私も障害者の介護を行う法人を運営しております。
温泉だけでなくバリアフリーにも共通点がありますのでこれからも宜しくお願いします。

2007/8/2(木) 午後 4:28 [ - ] 返信する

顔アイコン

盲導犬の協会は知らなかったです。色んな協会があるのを知ってましたが・・

2007/8/3(金) 午前 8:21 ぷにちゃん 返信する

盲導犬OKのお店がどんどん増えるといいですね。盲導犬って本当に賢いですからね、マナーが悪い大人の方よりお利口さんに座ってますよね。

2007/8/3(金) 午後 5:09 にゃんこ先生 返信する

最近は、よく盲導犬可、という文字をいろいろなお店で見かけるようにはなりましたけどね。。。マナーの良くない人間より、盲導犬の方がよほどお行儀が良いのでは(^_^;)。。。という気がします。

2007/8/4(土) 午後 1:01 sweets_holstein 返信する

顔アイコン

ん〜・・・。
盲導犬は少しずつ理解されてきているとはいえ・・・実際にはまだまだだったりするんですょね。。。

お祭りなどの屋台とかを考えても、盲導犬OKのお店の衛生面なんて、そんな大した問題じゃないと思います。
これから、どんどん増えることを期待します★

2007/8/12(日) 午前 4:48 エリンゴ 返信する

はじめまして。盲導犬と共にちょっとお茶なんて夢のようですね。
まだまだ難しいことかもしれませんが段々普及されるといいですね。

2007/8/27(月) 午後 10:59 [ 沖縄エリア公式ブログ ] 返信する

難しい問題の様にみえますが、他国では当たれ前の事の様なので、まだまだ日本の風潮も問題でしょうね^0^
ルールは平等でなきゃいけないんですがね♪

2008/2/15(金) 午前 9:49 [ もも ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事