自立生活センター・昭島の日常

東京都昭島市でひっそりと(笑)活動している福祉団体。地域で暮らす障害者の生活サポートや情報提供、移送サービスなどをやっています。

自立生活センター・昭島の日常

すべて表示

.

自立生活センターとは?

重い障害を持っている人が地域で生活を送るためには、介助者などの様々なサポートが必要です。
そのサポートを個人の力ではなく、障害者の知識や体験を基に組織化し、サービスとして提供しています。

アメリカでは1970年代に起こった自立生活運動の拠点として自立生活センター(Center for Independent Living 略して C.I.L)は誕生しました。
この流れを受けて、日本でも全国各地に自立生活センターが誕生し、当センターは1997年10月に任意団体として設立しました(2005年11月にNPO法人化)。

自立生活センターの特徴は、運営や各種のサービスを障害者自らが中心となって行なっていることです。これは障害者にとって何が必要かということを一番知っているのは障害者自身であると考えからであり、サービスの一方的な受け手ではなく、主体となって関わる姿勢からでもあります。

また、障害を持った当事者スタッフが、同じ障害のある仲間として対等な立場で話を聞くピア・カウンセリングが各サービスの根本的な要素となっています。

その他の最新記事

すべて表示

Let’s D・I・Y2017

2017/7/19(水) 午後 3:02

最近停滞中のこのブログ。 車の積算距離で誤魔化していたこのブログ。 久し振りに工作したので、早速更新するよ。 ……工作の記録を載せる事が、福祉団体のやる事だとは思えないけど(笑)。 7年くらい前に、パイプ ...すべて表示すべて表示

大した内容ではない

2017/7/11(火) 午前 10:32

今日の移送運行が1件終わった時の事……。 ワゴンRの積算距離が、49294キロだった。 前から読んでも後ろから読んでも49294。 ……ただそれだけ。 ブロ ...すべて表示すべて表示

3回にわたって開催してきた「障害者の子育てについての学習会」。 6月24日のトークセッションで、全ての予定が無事終了しました。各回に ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事