K5君のぶろぐ

完全燃焼したいので・・・[HPはこちらです。http://npo-donmai.com

あみ全国大会in徳島 7月15日〜16日

 またまたお久しぶりです。
 61日より新しい体制になり2カ月目になりますが、だいぶ落ち着いてきました。私も表の顔から引かせてもらって肩の力が抜けました。理事体制も4人になり、いい感じです。
 
 715日、16日の二日間にわたって、あみ全国大会in徳島が開催されました。あみとは正式名称を全国精神障害者地域生活支援協議会といい、おもに作業所、GH,CHなど生活支援を行っている事業所が加入しています。今大会も全国から400人以上の参加者で熱気に包まれていました。私は大会の中で2日目の分科会「住むということ」の助言者とシンポジュームのシンポジストをやれと言われ、お受けし、参加した次第です。
 
 
今回、徳島ということで、中心になって準備を進めてきたのが、社会福祉法人ハートランドです。
HPに精神関係の法人のポリシー、訓練事業所としてなどという感じはほとんどありません。(今はあみのことがたくさん載ってはいますが)
 
ハートランドが運営している街の中の喫茶店あっぷるは大繁盛、弁当屋さんも80食限定が毎日完売となる事業としては大した積み重ねと成長をしているB型事業所です。大ヒット商品の"Heartland Roll Cake"はものすごい人気だそうです。街の中、地域の中に溶け込んだ大はやりの店で訓練事業所などという感覚はありません。
 
 
とはいっても最初からそんなところだったわけでもなく、理事長の山下さんがボロボロのアパートで何人かで始めた無認可の作業所から始まりました。山下さんは時々愛媛にも来てくれていていろいろな研修会で話をしてくれていることもあり、今回の大役は引き受けさせてもらいました。
 
 
二日目の第3分科会「住むということ」の分科会は報告者が愛媛の(社)南風会 ケアホームさとわの窪田さん、香川のNPO法人グループネット香川 の増田さんでした。二人ともしっかりした視点をもってそれぞれ報告意見を出してくれて助言者としてはとてもやりやすかったです。
香川の増田さんのところはどんまいとは全く違った発想で、マンションの部屋を借り上げる形で4施設定員30名のグループホームだけの運営というユニークな形です。  http://ghnk.jp
 専門職である前に市民としてともに生きていくことだ一番の基本というポリシーの下、グループホームの報酬では経営的には大変ですと言いながらたくさんのことを語ってくれました。
 
シンポジュームは時間が短かったこととちょっとアカデミックな展開だったのでどうも乗り切れずでシンポジストとして申し訳ない感じでした。でも両隣りになったシンポジストのNPO法人ウィングかべ(広島)の佐々木さんとNPO法人太陽と緑の会(徳島)の杉浦さんはとても面白かったです。シンポジュームの後、1時間くらい3人で話した話の方がみんなに聞かせてあげたかった内容でした。
太陽と緑の会は次の日のオプショナルツアーにうちのスタッフ5名が参加し、見学交流させてもらい、自然で大規模な事業、杉浦さんのユニークさにカルチャーショックを受けて帰ってきました。
 
とにかく濃密な2日間でした。スタッフもたくさん刺激を受けて元気をもらって帰ってきたようですから、これからの活動に活かしてくれるでしょう。
 
 
PS: 8月1日からHPアドレスが変わります。 http://npo-donmai.com
 
より一層の活動報告ができるよう考えておりますので今後ともよろしくお願いします。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事