K5君のぶろぐ

完全燃焼したいので・・・[HPはこちらです。http://npo-donmai.com

全体表示

[ リスト ]

「精神障害者ケアに高齢者」

 大変ご無沙汰をして申し訳ありませんでした。とはいえ最近はスクラップブックやトピックスなど新着情報を色々載せて頑張っていました。HPやブログももスタッフが頑張って新しい記事もどんどん載っていますので、楽しんでいただいているかと思います。ブログ「きょうの晩飯」スタッフNKなどはおいちおしです!!

 メルマガ発信も見ていただける手段として頑張っているようですのでせいぜい御贔屓にお願いします。これからぼちぼちブログも書こうと思っていますのでさびしい思いをされた方お楽しみに。


 今回、ケアホームのスタッフ、『サービス管理責任者』『世話人』『生活支援員』の中で、生活支援員さんにスポットを当てたのは、日常の支援の状態を見てきて、利用者にいちばん身近に接することが多く、利用者が一番楽しみにしている食事を支える人として、目立たず地道な仕事ですが、日常を支える重要なポジションだと考えていたからです。

 H19年4月、こだち、いずみの新施設をスタートさせるにあたって、4名採用をしなくてはいけない中、まず一人目の方はハローワークから採用して今も活躍してくれています。しかしあとがなかなかいい人材に巡り合えません。
いろいろ考えた末、シルバー人材センターに相談をしたのですが、先方もこういうケースは初めてのこと。法人の活動内容を説明し、ご理解をいただいて集団面接をしました。最初に採用した4名の方も今は中心となって元気で働いてくれています。
今ではシルバー人材センターでも『どんまい』は安心して働けるいい事業所とし認識していただき、急なお願いにもすぐ気持ちよく対応していただいております。

 私が専門職であるがゆえに、強い偏見を持っていたなと思うことがあります。シルバーに募集をかける際、「精神障害者の利用するケアホームで働く、しかも一人の時間が多い、こんな“危険”な仕事はとても不安で嫌だ。」と一般の方々は思うだろう、希望者はそうそう集まらないのでは…。とかなり危惧していました。
それから3年目を迎え、生活支援員さんも9名に増え、家庭の事情以外で辞められた人は一人もおられず、皆さん頑張ってケアホームを支えてくれています。

 今回の取材は皆さんに集まっていただき、座談会のような形でインタビューしてもらいました。横で聞いていてびっくりしたことは、上記の危惧“精神障害者のいるところで仕事をすることは不安だ”と仕事前に心配していた人は一人もいなかった、むしろ、自分で献立をたてて、買い物もして、予算も考えることのほうが不安だったとのことでした。
専門職の自分が一番(一般の人に対する)偏見が強かったことにショックを受けた一日でした。“専門職”はだめですね〜。

 普通の主婦の方たちが、障害者の人の生活に溶け込んで、和気あいあい、活き活きと仕事をしている姿を見ていて、ずっと頼もしく思い、感謝していたので、今回の記事は自分でもうれしかったです。しかしタイトルだけは失礼しました!!インタビューにもはきはきと答える皆さんは決して『高齢者』ではありません!?今後ともどんまいを利用する方々の力になっていただけるよう、よろしくお願いします。

 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

初めまして!
遊びに来ました!
良かったら私のブログに来てくださいね!
これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>

2009/8/4(火) 午前 10:18 [ *:.。綾音*:.。 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事