ここから本文です
西アフリカ ギニアビサウ共和国の支援を行うNPO法人です
9月3日から9月25日まで、私どものスタッフがギニアビサウへ行きます。

今回はソナック中学校の卒業式のほか、ソナック中学校の図書室に所蔵する図書をポルトガルのリスボンで購入して持っていきます。
日々の勉強と大学進学に必要な辞典や参考書のほか、できれば世界の歴史書なども揃えたいと思っていますが、どんな書籍に巡り合えるか、楽しみです。

ソナック小学校、中学校の新学期が9月中旬から始まります。
新学年となった生徒たちが笑顔で登校して来る姿を思い浮かべながら、行ってきま〜す \(^o^)/

   イメージ 1  イメージ 2



この記事に

7月15日(土)、朝倉市でアフリカの希望チャリティーコンサート実行委員会様が主催するチャリティーコンサートが行われました。

直前に発生した九州北部の豪雨災害に見舞われ、当初予定していました会場「フレアス甘木」が非難所となってしまったため、開催すべきかどうか悩みましたが、「こんな時だからこそ」と急遽会場を変更して実施いただきました。

チケットをご購入いただいた方々には会場の変更をお知らせしましたが、皆さんお出掛けいただけるか心配しておりましたところ、150人を超える方々にお集りいただき、会場の椅子すべてを使ってもお座りいただけなくなるような盛況振りでした。

開会に際して、実行委員長の号令により今回の豪雨災害に遭われた方々に対し黙祷を捧げさせていただきました。
     
イメージ 4       イメージ 3

第1部では、ギニアビサウ共和国とソナック小・中学校の概要のほか、里親支援に関します報告を行いました。

第2部では、「祈りのたて琴」を主宰されていますキャロル・サックさんの演奏に耳を傾けました。聴き手の呼吸に合わせた静かな演奏は、心が感動しているような穏やかな気持ちになりました。音楽を耳で聞くのではなく、きっと心で聴いていたのでしょう。

         イメージ 1        イメージ 2


開場で皆様が購入してくださいました物品の売上金の一部は、災害支援金として後日朝倉市へ寄贈させていただきます。

これからも、アフリカの希望チャリティーコンサート実行委員会様が主催するチャリティ−イベントに皆様ご参加くださいますよう、よろしくお願いいいたします。


この記事に

コンサート会場の変更をご案内させていただきます。
この度の局所的豪雨の関係で、当初予定しておりました会場が避難所になってしまいましたので、下記の通り会場を変更いたしました。
なお、開催時間には変更ありません。

新会場:「平塚川添遺跡公園体験学習館 研修室」
     (住所:福岡県朝倉市平塚444-4
http://www.city.asakura.lg.jp/…/co…/1449019135497/index.html
時間:14:00〜16:00(開場13:30)

直前の変更となってしまい、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
また、この度の物品販売の一部は、被災地復興のための支援金として使用させていただきます。
エスペランサ一同、皆様のご来場をお待ちしております!

この記事に

恒例のチャリティーコンサートのご案内です!

今回は例年とは異なり7月の開催となり、スペシャルな公演を準備しています!

第一部は、スタッフによるエスペランサの活動を報告します。
昨年の9/27~10/21に行われた現地視察の内容も皆様にご紹介いたします!

第二部は、公演の時間となります。
今年はハープ奏者の「キャロル・サック」さんをお迎えします!
キャロルさんはその美しいハープの音色で、病床にある方やさまざまな問題で悩み苦しんでいる方々のために、祈りを込めて演奏活動をしておられます。
2010年公開の山田洋次監督作品『おとうと』にも、ハープ奏者として出演されています。普段なかなか耳にすることのないハープの美しい音色と共に、心安らぐ癒やしのひとときをお過ごしください。

また、当日の会場では現地の物品販売や、里親事業の受付なども設けておりますので、ご友人やご興味のある方などをお誘いのうえ、是非お越しください!
皆様のご来場をお待ちしております!

  日 時:7月15日(土) 13:30開場 14:00開演
  場 所:福岡県朝倉市 フレアス甘木 多目的ホール 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

この記事に

4月13日(金)、福島県いわき市の「労働福祉会館」におきまして、里親会員様にお集まりいただき、ギニアビサウ訪問の報告会を行いました。

1年半ぶりの開催でしたが、平日開催であったため参加いただいた方は少数でした。
ソナック小・中学校の様子の報告に加え、ギニアビサウの地方都市「カシュー」に奴隷博物館ができたことを披露し、館内の写真を通してギニアビサウからも奴隷が船で連れていかれたことを報告しました。

参加していただいた方からは、「ギニアビサウの都市部ではどんなビルが建っているのですか?、町並みはどんな感じなのですか?」といった質問が寄せられましたほか、里親さんからは「今後も精一杯支援を続けますので、里子に一生懸命勉強するように伝えてください。」などのおことばをいただきました。

イメージ 1  イメージ 2

イメージ 3


全国の里親さんへの集会は今後も適宜開催して参りますので、皆様ご参加くださいますよう、お願いいたします。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事