ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

NPOを支援するNPO

NPO法人は、現在、全国で約4万以上あるという。それぞれ設立目的は異なるが、この中にはNPO法人をサポートすることを目的としているNPO法人がある。認定NPO法人イーパーツはそのひとつである。

イーパーツは、リユース(中古再生品)のPCやプリンタ等の情報機器を寄贈する活動を通じでNPO法人等の情報化支援を目的とする認定NPO法人である。マイクロソフト、大塚商会、東芝、日本電気などの協力企業から寄付されたPCをメンテナンスのうえ、新たにWindowsXPとMSOfficeをインストールし、公募をもとに、一定のガイドラインを満たす団体に寄贈してくれる。

このことを知ったのは今年の1月ごろ。たまたま、ブラウジングをしていたときに目に止まり、早速、必要な書類を取り揃えて5台のPCの寄贈を申請した。5台にしたのは現在東京事務所にある古いPCをリプレースするとともに、これまでばらばらだったOfficeを付属してくるMSOfficeで統一したかったからである。

その後、3月11日に大震災が発生。イーパーツのPCも被災地へ向けての復旧支援に振り向けるということで、半ばあきらめかけていたところに、4月初、2台寄贈!といううれしいメールが届く。そして、今月7月21日(木)のその2台が配達された。

本来ならば被災地優先のところ、われわれにも寄贈していただいたことに対しては感謝してもしきれない。この新しいツールにより、さらに事務局の生産性向上と情報発信の質的向上をはかり、そのご好意に報いたい。

富士山測候所を活用する会は、たくさんの人、たくさんの団体に支えられています。


イメージ 2
機種は東芝Dynabook J11。数年前にビジネススタンダードとして20万円前後した製品で、堅牢なボディはいかにもDynaBookらしく、山に持って行っても大丈夫そう。メモリが512MBで反応がイマイチ遅かったが、秋葉原で512MBのメモリを1280円で購入して増設したら、サクサクと快適に動作するようになった。

イメージ 1
揃いのノートPC2台。今年の夏期観測には間に合わなかったが、来年の夏は1台は山頂測候所へ、もう1台のほうは御殿場基地事務所へ、それぞれ配備する予定。

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事