ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

イメージ 1
軽快なトークのみならず、次々と魅了する放電現象の動画を示していただき、あっという間に聴衆を科学の世界へ引き込んだ。

5月26日(日)15:30から東京理科大学総合研究機構山岳大気研究部門と NPO法人富士山測候所を活用する会とが共催した特別講演会。今回は鴨川仁先生(東京学芸大)のご紹介で、北海道大学理学研究科教授の高橋幸弘先生にご講演をお願いした。演題は、「宇宙と富士山をつなぐ」。
 
高橋先生は、東北大学でオーロラの研究で学位をとられ、南極越冬隊隊員を経験後、成層圏にみられる高高度発光現象のいくつかのうち「エルブス」という現象を発見された。現在では、世界に冠たるグローバルな雷研究を推進するだけでなく、複数の超小型衛星の製作を同時に行い、衛星による地球観測の既成概念を打ち破るアイディアで科学革命を起こそうとされている。また、富士山の夏期観測2013では鴨川先生のグループで共同研究者として名前を連ねておられる。

講演では、高橋先生の軽快なトークのみならず、次々と魅了する放電現象の動画を示していただき、あっという間に聴衆を科学の世界へ引き込んだ。講演のはじめには、高高度での放電現象についての最先端科学の紹介のみならず、富士山ならばどういった現象を撮るのがよいのかなどの提案があり、また後半には、高橋先生が新たに開発した液晶フィルターを用いて複数の超小型衛星からの観測で富士山の山体崩壊や噴火に予測に向けた健康診断ができないかという提案もあった。

イメージ 2
「大気の鉛直構造」を示すスライド。対流圏、成層圏、◯◯圏といった高さに応じて、それぞれ対応する学者(学会)が違う。


興味を持ったのは「大気の鉛直構造」を示す一枚のスライド。対流圏、成層圏、◯◯圏、××圏といった高度に応じて、それぞれ対応する学者(=学会)が地震学者、海洋物理学者、気象学者・・・と違っているという。その理由は、それぞれの学者が使っている道具(?)が異なっており、お互いに相容れないため。これでは全体を通して考えることができない・・・とも。空の上は縦(タテ)割りならぬ横(ヨコ)割りの世界である。

ひるがえって富士山測候所の夏期観測には、毎年延べ400人から500人もの研究者や学生が研究活動に参加している。大気化学の先生もいれば、放射線、雷、天文学の専門家もいる。中学高校の教師もいる。医師もいる。これだけ多くの分野の専門家が短い富士山頂の夏に集い、同じ屋根の下で研究活動に参加しているのである。

富士山測候所は、系列の垣根を越えた連携がとりやすい環境にあるといえよう。まさに、富士山測候所が新しいタイプのユニークな研究所と言われ始めている所以(ゆえん)でもある。この特長を活かせば、学際的な連携アプローチをとることで新たな知見が得られることも可能となる。異分野の先生方の間でこのような動きが活発化してきているのは、素晴らしいことではなかろうか。


イメージ 3
講演会では活発な質疑応答が飛び交わされた。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事