ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

イメージ 3
太郎坊にある第1号柱キュービクルの点検作業。見つかったネズミの巣を取り除く。

富士山測候所開所前に行われる送電線点検は、6月に行われた架空線沿線の倒木処理に引き続き、7月に入って1号柱キュービクルの設備点検、ハット、地中ケーブルの点検、山頂電気設備の点検を経て、全体の通電試験で確認してやってひと通り完了となる。

7月8日(月)は標高約1300㍍の太郎坊にある1号柱の設備点検が実施された。ここは昨年8月15日夜、入り込んだネズミがショートさせ、山頂の電気を翌朝まで12時間以上停電させたいわくつきの要注意箇所である。

昨年夏は応急処置として、キュービクルのとびらとの隙間をパッキングで塞ぎ、ネズミの侵入を防ぐことにしていた。この日、点検でとびらを開けたところ、何と枯葉を集めたネズミの巣らしき場所が上下2箇所にあり、その場所を小突いたところ親指大のネズミが2匹出てきたという。ネズミにとっては、昨年の9月からの10ヶ月間、ここは堅牢なキュービクルは他の動物からも保護され、枯葉を敷きつめた二段ベッドの安全・快適なすみかになっていたようだ。

もちろん、8月末の閉所までの応急処置としては、一応功を奏していたのであるが、9月以降は塞いだはずのパッキングが徐々に垂れ下がり再び隙間を生じさせたため、侵入したものと推測される。

今年は開所前に恒久対策を実施することとしていた。とびらの取替も検討したが高価につくため、より安価な方法を採り、パッキングも新しくやり直したうえで
キュービクルの前後のとびらをL字型金具で押さえつけるようにして固定した。

今年の夏も、ネズミとの暑い攻防が始まった。


イメージ 1

イメージ 2
枯葉を敷きつめたネズミのベッドは上にも下にもあり、二段ベッドとなっている。

イメージ 4
昨年応急的に入れたパッキングは垂れ下がって、隙間をつくっていた。

イメージ 5
L字型金具をコンクリートの土台に打ち付け、とびらの隙間を生じないように固定した。


(参考 スタッフBLOG) 2013.3.20 巨大原発と富士山を止めた小動物


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事