ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

イメージ 1
観測機材の搬入。手前の荷物は首都大東京の観測機材など

18日は、研究グループの大量機材荷上げのピーク。山梨大、首都大東京、早稲田大、東京理科大、東京学芸大の各大学が、あらかじめ割り振られた場所に機材を設置・据え付け・調整し、連続測定に入った。

首都大学東京は新設されたインレット使用するため、従来の1号庁舎のほかに3号庁舎にも観測装置を設置した。加藤先生から、翌19日朝には早々にコメントとともに、CO,O3の測定結果が届いた。

放医研の矢島先生によると、ことしは通信回線をモバイル端末から光ケーブルに変更したという。それが功を奏してネットインフラ環境が改善され、通信も順調なすべり出しである。

観測は8月下旬までつづく。停電や大きなトラブルがなく、連続したデータがとれることを祈りたい。


イメージ 4
午後から測器の設置。まだ不安定な動作のようだが、夕方にオゾンが70ppbを超える高い濃度で観測されている。


イメージ 5
観測データの速報はこのような形式で準リアルタイムに配信される(※)配信は会員限定ページのみ

イメージ 2
SO2計ことしから3号庁舎に設置し、新設されたインレットを使用する

イメージ 3
CO,O3計はこれまでどおり1号庁舎に設置


(参考)R-01 富士山頂における一酸化炭素およびオゾンの夏季の長期測定
富士山頂は自由対流圏に位置しており長距離越境汚染の影響を観測するのに適していると考えられるため、一酸化炭素(CO)計およびオゾン(O3)濃度の連続測定を行う。COは汚染大気が輸送されてきているかどうかを判断する良い指標となる。O3は、汚染大気が光化学反応を起こすことで生成され(光化学オキシダント)、高濃度のO3は人や植生に悪影を及ぼす。改善の見られない日本での光化学オキシダント注意報発令件数と汚染大気長距離輸送との関係などについて検討を行う。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事