ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

イメージ 1
2013年8月20日(火)午前5時10分の映像。カメラの方角は測候所1号庁舎から東方面を望む。

富士山測候所を活用する会では、学術研究目的のために山頂でさまざまな観測をおこなっているが、空(雲)の画像データもその一つである。

大気電気、大気化学、エアロゾルの研究にとって、雲の有無は重要な情報である。また、大気化学観測や気象観測データの精度向上をはかるためには、気象状態の画像情報が極めて有効であるからだ。

貴重な映像記録は5分間隔でサーバーにとり込み、後にデータ解析のために利用されている。今年はこの学術研究用のライブカメラの映像を7月19日からホームページでもパスワードなしで公開してきた。研究者の利便に供するためである。

このカメラも、
研究観測グループの機材の撤収に伴い、明日21日午前9時には撤去されることになっている。
標高3776㍍の日本最高地点のライブカメラの映像を終日ご覧いただけるのは、今日20日が最後。
朝から山頂も晴れのようだ。世界文化遺産となった富士山頂の今を目に焼き付けておきたい。

富士山からのライブ映像
http://npo.fuji3776.net/info/livecamera2013.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事