ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

イメージ 1
秋の訪れを告げる山麓太郎坊のフジアザミとウラナミアカシジミ。    (2013.8.30 土器屋由紀子理事撮影)


測候所最終日の8月30日(金)。山頂はあいにくの強風と濃霧で大荒れとなった。
10時52分、商用電源を切断して閉所。最後のシフト勤務にあたった山頂班の4名が下山し、太郎坊で荷降ろし計量などの作業が終わって御殿場基地へ帰り着いたのは17時近くに。これで46日間の山頂活動は無事終了した。
9月2日には、御殿場市内に開設していた御殿場基地事務所も撤収。富士山の4つの登山道も9月2日には冬季通行止めとなり、今年の夏のシーズンを終えた。

夏期観測が始まる直前の6月に富士山の世界遺産登録が決定。マスコミも富士山測候所を活用する会の活動に例年以上に目を向け、取材攻勢も活発化した。気象庁との5年間の第3期庁舎借受契約の初年度で当NPO法人の中期計画の1年目でもあったが、財政事情は例年以上に厳しく、観測日程は昨年より1週間ほど短縮を強いられてのスタートとなった。

終わってみれば、富士山測候所の利用者は前年比17%増の延べ427人となり、ピークの2010年に次ぐ規模となった。それだけ活動の密度が高かったことになる。特に後半の8月中旬以降は利用者が絶える日がなく、来年度に向けて既存プロジェクトの拡大や新規プロジェクト実施のための現地調査なども併行して行われた。

山頂では珍しい超高層雷放電・スプライトの撮影や、桜島噴火の影響の観測など、これまで続けてきたからこその成果も得られた。また、これまでのプロジェクトのほかに、新たな動きがでてきているのは、測候所の利用価値が高まっていることの証左でもある。大震災のあった2011年以降2年間続いていた減少傾向に歯止めをかけるとともに、来年につながる勢いの兆しを見せているのは何よりだ。

まだ、閉所したばかりで今年の総括をするのは時期尚早とは思うが、今年もいろいろな出来事があった。「山頂では不測の事態が発生するのが常」といみじくも誰かが言っていたが、この夏も例外ではなく、情報共有のあり方、作業統制のあり方などに新たな課題もでてきた。

9月には記憶も新しいうちに反省会が開かれる。来年に向けた準備の始まりでもある。


(参考)ニュースリリース2013.8.30 
夏期観測2013は8月30日(金)をもって終了しました





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事