ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1
鼎談「山の雷からビジネスチャンスを探る」。左から妹尾氏(モデレータ)、龍氏、および鴨川氏による楽しいトーク。


3月27日(水)
年度末も押し迫ったこの日、雷害リスク低減コンソーシアム主催のセミナーが秋葉原で開催され、当NPO法人の理事でもある鴨川先生(東京学芸大)が講演されるので聴講に。

雷害リスク低減コンソーシアムというのは、手元のパンフレットによれば、情報システムを取り巻くリスクの中でも雷害によってもたらされるリスク基盤リスク」とも位置づけ、そのリスクを低減させるための産官学公民の連携活動、啓発普及活動、国・自治体への低減活動などを行なっているという。本日のセミナーはこの啓発普及活動の一環として開催された「一般向けのオープンセミナー」である。会場には雷企業などの関係も多いようだ。

鴨川先生の講演は「雷のサイエンスとよもやま話〜球電・地震発光から富士山頂より迫る最新雷科学まで〜」。タイトルが示すとおり、雷に関連したてんこ盛りの内容。豊富な映像を駆使した先生のプレゼンは快調なテンポでグイグイと引き込まれて行く。

第一話は「球電(きゅうでん)」。この聞きなれない言葉は「火の玉」のことだそうである。その昔リンが燃えたものと言われていたが、現在はプラズマ現象で説明がつくという.第二話は「地震発光」。大地震の発生したときに空が明るく光るという現象だが、GoogleEarth と YouTubeだけで地球の裏側のペルーでの発光源を徹底的に調べ、人工だったと結論づけたというそして、第三話は雲より高い富士山測候所での雷の研究格式張った学術研究の発表会などでは決して聴くことができない興味深いエピソードをふんだんに交えた肩のこらない講演であった

プログラムの最後には鼎談が組まれており、モデレータの妹尾堅一郎によるこれまた実に軽妙な進行で、講演された龍先生島根県立三瓶自然館館長)と鴨川先生から上手く話を引き出して、先の講演の内容をさらに深め補完していただいた。
特にGoogleEarthとYouTubeを使って結論を導いたことについては、新しいサイエンスの進め方であり、教育のやり方も変わるのでは、という妹尾氏の指摘には納得。

鼎談の最後に、モデレータ妹尾氏が「富士山カンソクショのなんとかというのは?」と鴨川先生に話題を振ったところ、鴨川先生も待っていましたとばかりに、会の生い立ちから、現在山頂で行なっている大気化学のPM2.5の観測や高所医学の研究まで、いろいろなことができるので是非参加して貰いたい
富士山測候所を活用する会をバッチリPRしてくださった

富士山測候所を活用する会が行なっている成果報告会は、学会発表の延長線上にあるようなもので自分のような素人にはまったく理解を超える内容が多い。一般への普及啓蒙という意味では、この日のような遊びのあるサイエンスの場も必要なのではと思った次第である。


イメージ 2
鴨川先生の講演風景。会場には防雷企業の関係者も多い。





福島第1原発停電:小動物の感電が原因か
毎日新聞 2013年03月20日 20時44分(最終更新 03月20日 21時38分)
配電盤内部で見つかったすす。中央の計器にネズミのようなものが接触したとみられる=東京電力提供

福島第1原発で停電が起き、使用済み核燃料プールの冷却装置など9設備が停止した問題で、東京電力は20日、各設備に電力を分配する仮設配電盤の一部に焦げた跡があり、真下にネズミのような小動物の死骸が見つかったと発表した。小動物が高電圧部分に接触、感電してショートし、停電した可能性があるとみて調べている。

昨年8月、夏期観測真っ最中の富士山測候所でも、同じような事故が発生した。
発生したのは、2012年8月15日21時43分。山頂庁舎が突然停電になった。山頂班生越さんから御殿場基地の村上さんに電話、村上さんからわたしに電話があったのは22時前。

直ちに電気主任技術者の大胡田さんと関電工の井上さんに電話。
もう時も遅かったので、翌朝の対応をお願いした。この時点で配電盤のブレーカーが落ちていることを想定し、最初に調べる箇所は麓の太郎坊にある1号キューピクルとていた。

翌朝8時、井上さん等が沼津を出発。現地のキュービクルの扉を開けると強烈な鼻を突く異臭がし、黒焦げになった56センチの小さなネズ
を発見。さらに近くには衝撃で吹き飛ばされてもう一匹のネズミの死骸があり、さらにもう一匹生きているネズミがいたが逃げ出したとのこと。

山頂班と連絡をとり、落ちていたブレーカーを投入して電気は回復。この時すでに発生から12時間を経過しており、
測候所室内の温度は8度まで低下していたという。配電盤にはネズミは侵入できない仕様になっているとのことであるが、それを収納しているキュービクルの扉が凹んで変形し、小動物が出入りできる隙間ができていたらしい。応急措置としてこの隙間を塞ぎ、対策は今年の夏期観測前に扉を交換することにした。

この事故の影響は山頂の富士山測候所の停電だけ(*)であり、復旧も翌朝に出動してもいいというのんびりした対応で済んでいた。これに対して今回の東電の事故は、まかりまちがえば重大事態で極めて緊急性高い。原因究明にかかった時間が大きすぎるのではないか、というのが正直な気持ちである。それとも、原発がネズミにやられたというのは格好がつかないので、どのように説明するかに手間どったのではないかとも勘ぐりたくもなるのである。なにしろ、重大な「事故」「事象」と言ってはばからない東京電力。「ネズミ」と言う前に「ネズミらしい小動物」と言うことにしたということか
 
巨大原発システムと富士山を停電させたネズミたかがネズミと決してあなどることができないことを改めて思い知らされたのである


イメージ 1
扉の歪みの隙間からネズミが入り込んだキューピクル。この写真の撮影は2011年夏。

(*)厳密には、山頂の環境省バイオトイレも同じ送電線から分岐しているので影響を受けている。

イメージ 1
3月6日テレビ朝日の「ワイドスクランブル」に畠山理事長生出演。茶の間のテレビならぬ職場のケータイのワンセグで撮影。


今年の2月頃から始まった中国から飛来する「PM2.5」による大気汚染報道は、勢いが一向に衰える気配がない。この季節は例年、九州を始めとする西日本では中国大陸からの偏西風に乗って汚染物質が飛来し、大気汚染に悩まされるというが、特に「PM2.5」は非常に細かいため、肺の奥深くまで入り込みやすく健康への害が心配されるという。「PM2.5」は一気に茶の間に入り込んだ感がある。

おかげで、大気汚染の研究者はその対応で超多忙そうだ。当NPO法人の畠山理事長は、日本エアロゾル学会会長でもあるため、今回の騒動新聞、テレビ、雑誌などのマスコミ攻勢に追われていTBSテレビの「みのもんたの朝ズバッ!」、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」、フジテレビ、などなど。3月に同日発売された「週刊文春」と「週刊新潮」には、なんとそのどちらの記事にも名前が登場。

わたしたちにとっては、大気化学」の説明をするときに「PM2.5」を出すと、あっそうか、とわかっていただけるようになったのはありがたいこと。今年のは畠山東京農工大教授自由対流圏内を運ばれるエアロゾル金属成分の富士山頂における動態観測」という案件で、測候所でPM2.5を観測することも決まった。

PM2.5を運んでくる偏西風を追い風して、富士山測候所を活用する会でも大いにPRさせてもらおうと思っている。












「そろそろ模様替えしませんか」の提案に応え、麹町の東京事務所を久し振り(3年ぶり?)に配置換え。

それまでは部屋の中央に机を集め、その島を囲むようにして座っていた。動線が狭くて室内の移動もままなら、また、タコ足配線のケーブル類もゴチャゴチャし、足を引っ掛けてつまづくことも度々。

まず、執務机は明るい窓側に寄せ、3人が座れるようにた。
動線も十分確保でき、これだけで随分スッキリした。

イメージ 4

一方の壁側にはちょっとした会議もできるよう、大きな机を2つ向かい合わせ配置。このままで45人程度の打ち合わせはできる。人数が多い会議のときは、窓側の長テーブルを移動させれば10人までは何とか対応できそう。
壁面は、プロジェクター投影用のスクリーンとして使えるようにスペースを空けた。
...........................................↓この部分スクリーンになる。
イメージ 5


ついでに奥の資料保管場所も整備して「プチ資料室」に。
突き当りには芹早苗氏の写真集。これは勝又枝子さん(元測候所職員)から寄贈を受けたもの。
その上に貼ってある写真も芹澤氏の撮影した測候所の写真。昭和47年3月18日撮影とある。昨年12月御殿場で開かれた「富士山測候所80周年」のパーティで芹澤氏から土器屋理事がいただいてきたもの。

イメージ 1


「よみがえる富士山測候所」にも紹介されている貴重な資料も額縁に。
この資料は廣瀬洋一様から事務局に贈られたもの。野中至の名前もある。

イメージ 2


東日本大地震のときは無残に書類が落ちて散乱した書棚も、転倒防止対策で補強。

イメージ 3

この事務所は東京メトロ半蔵門から徒歩1分。交通至便の場所にある。
広くなって余裕ができたここ都心のサテライトオフィスとして有効利用していただきたいものです。




(*)2年前の3.11の大地震のときはこんなになりましたイメージ 6イメージ 7


イメージ 10
第6回成果報告会講演予稿集。おもて表紙、うら表紙とも写真はいずれも池田敦氏(筑波大)が撮影。


第6回目となった成果報告会は、一般財団法人新技術振興渡辺記念会、日本郵便株式会社、三井物産株式会社の各助成団体および東京理科大学総合研究機構山岳大気研究部門の後援を得て、1月27日(日)東京大学小柴ホール開催されました。

発表件数は28件(口頭発表11件、ポスター発表17件)。分野別では大気化学(11件)を筆頭に大気電気(件)、放射線(3件)、高所医学(3件)、教育(2件)、永久凍土、天文学、雷害対策、設営(各1件)とバラエティに富んでおり、改めて富士山測候所の活用分野の拡がりを実感させてくれました。

参加者は報道関係者を含んで1名。初めて参加いただいた方からは、「学会のMLで初めて知ったが、もっと早くわかっていれば毎年参加していたのに・・・」との声もありました。せっかくの研究成果の発表を知っていただくために、まだまだ告知方法を改善する余地がありそうです。

なお、成果報告会講演予稿集(A4判54ページ)は残部数があります。ご希望の方には送付しますので、事務局までご連絡ください


イメージ 2
O-03富士山頂短期滞在次の安静および運動の動脈系血行動態に及ぼす影響に関する研究(岡崎和伸・大阪市市立大)。脳への血流量を超音波ドプラー法で測定しAMS急性高山病を引き起こす原因を調べ


イメージ 1
O-04富士山の永久凍土再発見と今後の研究展望(筑波大学池田敦氏)。
富士山の永久凍土の現状を解明すべく地温変化をモニタリングしている。2年前に設置した10m深観測孔は初年度は落雷でデータが欠落したものの、2年目になって通年の地温変動を示すデータを回収することができた。

イメージ 7
P-7富士山太郎坊と山頂におけるエアロゾル粒径分布の変動および霧による影響(堀 周・東京理科大
P-8富士山斜面の雲上下で採取した海塩粒子:雲過程による粒子組成への影響(上田紗也子・東京理科大)
大気中のエアロゾル粒子を富士山頂、山麓の太郎坊、そして斜面を下りながらと富士山をまるごと使って観測した。

イメージ 3
P-11富士山山頂における雷雲発生時における高エネルギー放射線の観測(左:片倉翔・東京学芸大
P-12富士山山頂における高高度放電観測(右:鈴木裕子・東京学芸大
雷活動が盛んな富士山頂で高エネルギー放射線発生のメカニズムや発光現象の解明のために観測を行なっている。お二人は大変お忙しい合間を縫って、朝からボランティアとして会場設営手伝ってくれました。

イメージ 4
P-18富士山頂実験室(佐藤元・気象実験クラブ)。
ポスター討論には、気象実験クラブのメンバーのほか、気象庁OBの姿も。いわき市の会場と結んでの実験は残念ながら交信中に回線断となって子どもたちを失望させたが、ことしは再度チャレンジ予定。

イメージ 6
O-02理科準備室へようこそ-富士山頂での教材開発(古田豊・立教新座中学高校)。
山頂で行った盛り沢山の実験の中から一部を紹介。初参加でしたが理科の学びの場として富士山測候所は貴重なフィールドでした。


イメージ 5 イメージ 9
ポスター会場でも高校1年生の田丸真太郎くんと宮城大雅くんが、富士山頂で行った実験を再現してくれました。タケコプターは新田次郎の小説「富士山頂」にでてくる測候所建設の時のヘリコプターによる建築機材の運搬を実験で試したものということ。

イメージ 8
P-14富士山頂でのスカイコンディション調査(坂本強・日本スペースガード協会
初めて参加した夏期観測で、晴天率や大気透過率も高い富士山は天文観測サイトとして適していることを確認できた2013年は1ヶ月以上にわたりスカイモニターを設置、昨年のデータと合わせより長期のデータから晴天率、大気透過率などを測定すると同時に、流星などの突発天体をも検出する予定。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事