ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

放射線研究者らで構成する「日本放射線安全管理学会」の第10回6月シンポジウムが6月13、14の両日、郡山市で開かれた。被災地福島県の現場の声を聞きながら早期復興に向けてどのような対策が有効か、どのような協力が可能かを探るために、昨年度初めて郡山市で開催され、今回は昨年にひきつづき2回目となる。

NPO法人富士山測候所を活用する会から「富士山における福島原発事故起因の放射線の測定−富士山で事故の影響は見えたか?−」と題して、鴨川先生(東京学芸大学)がポスター発表した。NPO法人富士山測候所を活用する会に所属する研究者が事故当時および事故後に観測した 放射性核種に関するデータを,他地点の調査を加えて鉛直分布の観点から整理を行ったものである。

論文よりまとめの部分を抜粋した。

福島第一原発事故によって大気中に放出された放射性核種の鉛直分布に関して整理したNPO研究者の観測データ,他の研究者や自治体の公表したデータを総合すると下記のようにまとめられる。
1) 富士山南東麓における通年観測から、福島原発事故後の比較的早い時期に,放射性雲が1300 mの高度に到達していた。
2) 富士山頂2か所で採取した積雪4層試料の精密測定,富士山を用いた空間線量率の鉛直分布観測,および夏季富士山頂における高エネルギー調査から,福島原発事故由来の放射性核種は富士山頂が位置する標高
3000mを超える自由対流圏高度まで輸送されていない。これは,高度別スコリアの放射性核種濃度を行った他研究機関の観測と整合している。

以上より,福島原発由来の放射性雲は2011年3月後半に富士山を含む中部山岳域に到達したが、輸送高度は2500m以下の低高度に限られ,富士山での放射性核種の沈着は東側斜面に集中していた。このように,放射性核種の輸送挙動を解明する上で、富士山など山岳を利用した鉛直分布観測が有効である可能性がある。

標高日本一の富士山は、このような放射線の鉛直分布の観測に対して有効であることを実証できたといえる。発表を終えた直後、鴨川先生から「発表のほうですが想像以上に反響ありました。NPOの宣伝もしっかりしておきました」とのご連絡をいただいた。

最後になりましたが、本研究は一般財団法人新技術振興渡辺記念会平成24年度科学技術調査研究助成
(上期)「富士山体を利用した福島原発起源の放射線核種の輸送に関する調査研究」により行われたことをご報告しておきます。


発表ポスター(写真右下の+をクリックすると拡大してご覧になれます)

イメージ 2

イメージ 3

 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事