ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫その他

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1
寄付を受け取る「山ガーナアプリ」の監修にあたられた日本登山医学会副会長の増山茂先生
 

思いがけない有り難いご寄付のお知らせをいただきました。
「お口の恋人」株式会社ロッテさんが立ち上げた「山ガーナプロジェクト」さまからです。チョコレート事業50年目の節目にあたり、ガーナミルクチョコレートと共に楽しく安全な登山を応援するプロジェクトとのことです。

「山ガーナプロジェクト」では、今夏(2013年8月)毎週土曜日に、山ガーナ隊が富士吉田ルート6合目で、富士山登山者に富士登山に必要な知識やマナーを伝えるとともに、①「ガーナミルクチョコレート」②「ゴミ袋」③スマホアプリ「山ガーナオフィシャルアプリ」の3点セットを配ったそうです。この様子はこちらでご覧いただけます。



このうち③スマホアプリは、GPS機能を使って登った距離・高度・時間を割り出し、登山者の年齢・性別・身長・体重・脈拍数の変化などを勘案して消費したエネルギーや水分量を計算し、食事や水分補給のタイミングを自動的に知らせてくれるすぐれもの。当NPO法人の理事でもある日本登山医学会副会長の増山茂先生がアプリ作成の監修をしています。

これを利用して山頂に到達した登山者は、富士山を守るための活動を支える「山ガーナ基金」へ募金することができます。このお金は、『富士山憲章山梨県推進会議』と私たち『NPO法人富士山観候所を活用する会』に寄付されることになっているのです。

株式会社ロッテさま、山ガーナプロジェクトにかかわった皆さま、そして山頂でご寄付をしていただきました登山者の皆さま、大変ありがとうございました。わたしたちも環境NPOのひとつとして、未来の富士山ひいては未来の日本の環境を守る活動のために大事に使わせていただきたいと思います。

今年配付したスマホアプリとチョコは合計1万2千セットとか。当然のことですが「登山者にはすごく喜ばれた」とのことでした。「来年はもっと本格的にやろう」と今から盛り上がっているそうです。


イメージ 3
「山ガーナプロジェクト」のウェブサイトには、「山ガーナ基金」として、以下の記載があります。 
皆さまからいただいた山ガーナ基金117,855円は、
『富士山憲章山梨県推進会議』と『NPO法人富士山観候所を活用する会』に
全額寄付させていただきました。
寄付金は未来の富士山のために役立てられます。
皆さまのご協力、ありがとうございました。


●本アプリは2013年8月26日の富士山閉山とともにサービスを一時終了しております。
●「山ガーナ」ホームページはこちら



『紙つぶて』の反響

イメージ 1
ムクチナートから眺めたダウラギリです。ずっと雲がかかっていたのですが、「もう見える見えないにこだわらなくていいんですね」と語りかけたら、雲がぐ〜んとこちらにむかってくるようにぬけた瞬間の写真です。いつまでも人を思いやる気持ちのままの季生に、思わずくすっと微笑まされてます。(山本さとみさん撮影・記)


東京新聞(中京地区では中日新聞)夕刊コラム『紙つぶて』。7月3日(火曜日)から半年間、土器屋由紀子・理事が火曜日の執筆を担当されている。富士山測候所での多分野の研究内容から、山頂設営、ご自身が3.11以降ボランティアで続けてこられた福島県飯舘村での放射能除染活動など、話題は縦横無尽だ。猛暑の真夏から投げ続けた『紙つぶて』も、いつの間にか寒波が到来する11月になり、あと数回を残すのみとなった。

この間、事務局にも思いがけない反響があった。
東京新聞連載の土器屋由紀子先生の『紙つぶて』を毎回興味深く拝読しています。少額ですがお役に立てて頂きたく思っております」とのメッセージを添え、富士山測候所を活用する会に寄付をされた方。井手里香先生(都立大塚病院)の研究を紹介した「急性高山病」(9月26日掲載)を読まれた名古屋市の男性から、最近一緒に登山した仲間が高山病に遭遇したことから是非詳しい研究内容を知りたいと、電話があり当NPO法人に入会された登山家の方。

10月末、土器屋理事あてに一通のお礼のメールが届いた。3年前の9月、ネパールのダウラギリで登山中に雪崩に遭い、亡くなられた元山頂班員を偲ぶ内容の「山本季生さん(10月1日掲載)を読んで便りをされたという。
差出人の山本さとみさんは、この回のコラムの終わりに登場している

日付: 2013年10月16日
件名: ありがとうございました
-------------------------------------
土器屋 由紀子様

こんにちは。
先日の中日新聞の記事、拝見させていただきました。

ネパールから帰国した足で岡崎の山本の実家を訪ねた際に、
「さとみさん見て!」 と、山本両親がその切抜きをとても嬉しそうに見せてくれました。
なんと連載の1回目から綺麗にスクラップされていました!

先生の書いてくださった文章の端々から、生前の季生の様子が、そして今も想ってくださる気持ちが伝わってきて、本当に嬉しかったです。
3人で何度も、そして特に好きなフレーズは声に出して読みました。
本当にありがとうございました。
多彩に紡がれる先生の文章、これからも楽しみに拝見させていただきます。

ネパールで・・・
季生からの返事はこうでした。
「風になって、また会いにいきますから」
泣いて、笑ってました。

またお会いできる日を楽しみにしております。
山本さとみ

イメージ 2

また、今週の火曜日に掲載になったばかりの野中至と広瀬潔」(11月12日掲載)については、早々に広瀬潔様のご長男にあたる洋一様より丁重なお礼のはがきが届いた。

スペースの関係で全部は紹介しきれないが、その他にもあちこちの思いがけない方々からお声がけがあったという。ネット万能時代といった感があるが、新聞一面コラムの存在感は圧倒的だ。

実は、『紙つぶて』の反響はまだまだこれから先、さらに広がりそうな気配を見せている・・・。












広瀬洋一氏からの礼状(クリックで拡大できます)。


(*1)山本季生さんとの想い出についてはこちらを参照ください。
追悼・山本季生 ダウラギリに逝った山頂班山本さんを悼む(2011.2.5)
(*2)これまでの『紙つぶて』のバックナンバーはこちらを参照ください。
バーチャル博物館>随想・随筆・評論集



イメージ 1
朝日小学生新聞 8月5日(月)「富士山大解剖 日本一の山でこそできる研究」と題して、富士山測候所を活用する会の活動を紹介

8月5日(月)埼玉県環境科学国際センターの米持先生から事務局にメールが届いた。
米持先生は、大河内グループ(早稲田大)に参画して、中国や韓国などと同期して数年前から富士山頂でPM2・5の観測を続けておられる大気化学の研究者である。

「本日、朝日小学生新聞のトップに富士山の研究に関する記事が出ていました。 我が家で購読していて、たまたま、朝、ひげを剃りながら見ていて気がつきました。」


この記事は先日、朝日小学生新聞の今井記者から「富士山測候所が科学の研究に役立っていることを紹介したい」と取材の申し込みがあり、土器屋理事が取材に対応。その後、さらにそれぞれの研究者に直接、電話取材をしてまとめられたようだ。朝日小学生新聞は、個人購読のほか、全国の小学校などを含め発行部数は10万部という。

記事は富士山測候所で現在行われている研究の中から6つをとりあげ、1面トップで富士山頂のイラストを中心にして、それぞれの研究を写真入りで紹介。とかく専門用語が飛び交い難しくなりがちな研究内容も、小学生新聞のプロの記者の筆にかかると以下のようになる(以下は記事からの引用)。
----------
雷の研究
雷が発生するしくみや現象は、まだまだくわしくはわかっていません。雷の謎を知るには、雷雲の中に出かけるのが一番です。2008年から調べてきた東京学芸大学助教の鴨川仁さんは「まさに雷雲の中で観測できる貴重な場所です。雷が発生するとき、高いエネルがいーをもった放射線が出る謎をしらべています」。
--------
高山病の研究

高い山に登ると頭が痛くなったり、めまいがしたりするなどの高山病になることがあります。東京都立大塚病院・耳鼻咽喉科医長の井出里香先生は、高 山病の予防と治療について富士山で研究しています。山頂で人間の重心の揺れをはかる機械を使ってふらつき具合を調べたり=写真=、血液の中の酸素の濃さを 調べたりしています。
----------


今井記者から送っていただいた新聞と一緒にあった礼状に、「子どもたちの知的好奇心にこたえる紙面をつくっていきたいと考えています」とあった。先日の児童向け書籍「富士山の大図鑑」(PHP出版社)にとりあげていただいたように、富士山測候所を活用する会の活動が、こうした形で子どもたちを含む幅広い年代層まで浸透させていただくのは、まことにありがたいことである。

そして、わが広報も「親しみやすく、わかりやすい内容」で情報発信をすることを見習っていくことにしよう。(言うは易し、実はこれが一番難しいことは百も承知なのであるが・・・)


イメージ 1
東京都からの仮認定通知書


7月29日午後3時頃、東京都から電話がはいった。
「仮認定申請の認定が決まりましたのでお知らせします。ついては、認定日はいつにしましょうか?」
迷わず、「今日中にできるでしょうか?」と返事し、夕方5時過ぎに都庁へ。急きょ決裁していただいた通知書を手渡された。

表題は「仮認定特定非営利活動法人」と漢字12文字も並び、さらに「仮認定した旨の通知書」とつづく。「仮」が2箇所にもあり、重複語のようにも思え、いかにも「
本当のもの、本来のものではないこと」の印象を受ける。後者の「仮」はなくもがなと思われるが、役所の文書課がチェックしているはずだから、これでいいのだろう。

NPO法人は全国で約4万7千強あるといわれているが、仮認定を含む認定NPO法人の数は489法人(平成25年7月26日現在)であるから、約1パーセントに相当することになる。2013年7月29日をもって富士山測候所を活用する会もこのひと握りの「認定NPO法人」の仲間入りを果たした。「仮」がついているとはいえ、これからの3年間は法律上は「認定NPO法人」とその効力はほとんど同じである。

何といっても、一番大きいのは税の優遇措置である。① 個人が認定NPO法人に寄付をした場合に寄付金控除(所得控除または税額控除)が受けられる② 法人が認定NPO法人に寄付をした場合に損金に算入される枠が広がる。 つまり、NPO法人にとっては、寄附を集めやすくする環境ができたということになる。

もうひとつは、公的機関から認定を受けることにより社会的信用・認知度の高まりを期待できること。認定を受けたことは当NPO法人の事業活動、組織運営、経理、情報公開など全般にわたって一定の基準をクリアしたことを意味しているからだ。

来年2014年度には、2012年度、2013年度の2年間の実績判定期間をもって、「認定NPO法人」の申請をし、早ければ年内取得を目指すことが次の目標になった。こんどは「認定特定非営利活動法人として認定した旨の通知」をもらえるように。

取り急ぎ、ブログで紹介させていただきましたが、関係の皆さまには引き続きご支援をたまわりますよう、この場をお借りしてお願いする次第です。


イメージ 2
早速、名刺にも「仮認定特定非営利活動法人」の名称を入れて印刷。

イメージ 1
7月2日(火)夕刊に掲載された第1回目の題は「富士山測候所」。 *掲載については東京新聞の許諾を得ております。



東京新聞夕刊のコラム「紙つぶて」。このたび、土器屋由紀子・理事が7月から12月まで全26回連載でその火曜欄の執筆を担当することになった。

富士山世界遺産登録が決定し、NPO法人富士山測候所を活用する会の今年の夏期観測がスタートする7月からの連載開始。まさに「ここしかない!」という絶妙のタイミングである。

「情報発信力の強化」は、当NPO法人が掲げる重点施策のひとつ。これまでのブログやFacebookといったソーシャルメディアに加え、
7月から12月までは毎週1回のペースで、新聞紙面からも富士山や富士山測候所を活用した研究などについての情報が発信される。これ以上のメディアミックスはない。

第2回目(7月9日)のラムの題は富士山の自由な風」。大気化学の説明をするときにほとんど決まりきったように出てくる「自由対流圏」という概念を、その専門用語を使わずにわかりやすく説明された。快調なすべり出しである。夏期観測がはじまる三連休明けの16日は、はや3回目の火曜日を迎える。

紙メディアの「紙つぶて」から目が離せなくなってきた。


*なお、土器屋由紀子・理事の「紙つぶて」掲載記事バックナンバーはこちらでご覧になれます。
富士山測候所を活用する会ホームページ>バーチャル博物館>随筆・随想・評論集


全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事