ここから本文です
太郎坊のそよ風
NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

書庫その他

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

ウェブサイト管理者にとって、どれくらいの訪問者が自分のサイトに来ていのか、ということ気になるものである。毎朝前日分(あるいは毎晩当日分)のホームページのアクセスカウンターの数値を見ては一喜一憂したりして・・・。もっとも、最近はその数値も代わり映えがしないので、あまり気にしていなかった

昨晩(5月1日)、夜帰って何気なくホームページのアクセスカウンターを覗いたら
、小さいフォントの文字70 visitsとある。この時期せいぜい30前後のビジター数であったので、思わず目を疑った。富士山測候所での夏期観測の最盛期の7月、8月にはこの程度のアクセスがあることもあるが、5月に入ったばかりのこの時期にこんなに上がるはずはない、てっきり(無料サービスの)カウンターが壊れているのだろうと決めつけていた。

しかし、よくよく考えてみると、昨日はテレビ、新聞はどこも「富士山世界遺産登録」のニュースでもちきりであった。今日は、事務局にもこの関連で新聞社から取材申し込みの電話も飛び込んできた。そして、この記者もHPを確認されていた。どうやら無料カウンターの動作は正常、「富士山」を冠にしている我がNPO法人のホームページ閲覧した方が多かったと考えたほうが正しいようである。当NPO法人にも
思わぬ波及効果があったことにな

当NPO法人は、川勝・静岡県知事と横内・山梨県知事に顧問になっていただいており、世界遺産登録が決まったことは富士山関係団体の一員として喜ばしくホッとしているところである一方で当NPO法人の運営は相変わらず不安定のままであり、毎年のように自転車操業を繰り返しているのが実情である。今年は特に厳しい状況にあり、観測期間短縮をしてまで対処しなければならないという切羽詰まった状況にまで追い込まれている。今回のニュースで、富士山測候所を活用する会の活動にもより注目されてくることを期待したいものである。そして、願わく「巻き返し」のきっかけとならんことを。

(追伸)
堀井昌子・副理事長から先ほどメールが届きました。
「昨夜、世界文化遺産(内定)効果の話が出ましたが、今朝ラジオで取材を受けて応対している三浦雄一郎さんの声を聴きましたので、世界遺産に絡んで
エベレストベースキャンプに送ります。
以下紹介します。

三浦雄一郎 さま

気候不順のうちに桜の季節もおわり、はやくも風薫る五月を迎えました。

本日、5月2日朝のラジオで取材に応じておられる三浦さまの若々しいお声を耳にし、前二回のエベレスト登山よりも体調がよいとのお話を伺い、お元気でエベレストへの路を一歩また一歩と進めておられるご様子を正に実感いたしました。

さて、「NPO富士山測候所を活用する会」の副理事長を務めておられる三浦さまには既にご承知かと存じますが、昨1日に文化庁がユネスコの世界遺産委員会の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の評価結果を公表、世界文化遺産への登録を目指している山梨県・静岡県に対して登録を勧告した と報道されました。「NPO富士山測候所を活用する会」の運営委員会開催のため事務局に集まっていたメンバーは、当然のことながら今後の波及効果について想像を巡らせることとなりました。

このたび日本が推薦した「富士山」の主な対象は、いわゆる富士五湖や富士山本宮浅間大社や山頂の信仰遺跡に加えて吉田口登山道などが挙げられているのですね。富士山の登山者は2008年から急増しここ数年は年間30万人前後で推移しているため、ピーク時には狭い登山道が人で埋まり安全面を懸念する声が高まっている状況です。このピーク時に我がNPOは測候所を使わせてもらっているので、登山道の安全確保のための毎年の支出は貧乏なNPOにとって負担となっています。

山梨、静岡両県は来夏以降、富士山の入山料を本格的に導入する方向で検討中とのことですが、実現しましたら私たちにとってもメリットとなるかもしれません。イコモス勧告のポイントに宗教的、芸術的伝統の融合が特徴と謳っていますので、入山料導入はハードルが高い可能性もあるのではないかと危惧しますが。

想像しますにお手許には多くの通信etc.が殺到して交通整理に豪太氏が多忙を極めていることと存じます。もしお読みいただけましたら幸いでございます。

それでは無事の登頂と下山を心よりお祈り申し上げております。

NPO富士山測候所を活用する会 
副理事長 堀井昌子 


イメージ 1
気象実験クラブの佐藤元さまから機内から撮影した富士山の動画が送られてきました。

剣ヶ峰には富士山測候所も見えます。

上空からの富士山をお楽しみください。
http://youtu.be/ON2VllNr2tk

イメージ 2
クリックしてください↑

以下は佐藤元さまからのコメントです。
------------------------------------
飛行機から見た雪の富士山2013-03-15
Hajime Satoh Hajime Satoh·49 本の動画
公開日: 2013/03/24

飛行機から見た雪の富士山です。撮影は、2013年3月15日、午後1時55分ごろで­した。
飛行機は羽田空港を、定刻午後1:30に北向きに離陸し、東京湾を旋回するような形で­、相模平野上空に至り、通過し、更に丹沢山塊上空をへて、富士山方向へ向かいました。­そして、離陸後、約25分経過ごろに雪の富士山に接近するようになりました。山頂の火口は雪に埋まって­います。
遠くには、気象庁の元測候所も見えます。
吉田口と思われるブルドーザ道の一部分らしきところが見えます。岩石崩落防止柵(?)­らしき構築物も見えます。富士山全体はだいぶやせ細って見えます。西方からやってきた­雲は富士山に堰止めされているように見えます。その雲が上流に向かって波状になってい­る様子が見られます。夏場の富士山には何度も登頂しましたが、こういう景色は初めてで­す。
お楽しみいただければ幸いです。

    カテゴリ:    科学と技術
イメージ 1
鼎談「山の雷からビジネスチャンスを探る」。左から妹尾氏(モデレータ)、龍氏、および鴨川氏による楽しいトーク。


3月27日(水)
年度末も押し迫ったこの日、雷害リスク低減コンソーシアム主催のセミナーが秋葉原で開催され、当NPO法人の理事でもある鴨川先生(東京学芸大)が講演されるので聴講に。

雷害リスク低減コンソーシアムというのは、手元のパンフレットによれば、情報システムを取り巻くリスクの中でも雷害によってもたらされるリスク基盤リスク」とも位置づけ、そのリスクを低減させるための産官学公民の連携活動、啓発普及活動、国・自治体への低減活動などを行なっているという。本日のセミナーはこの啓発普及活動の一環として開催された「一般向けのオープンセミナー」である。会場には雷企業などの関係も多いようだ。

鴨川先生の講演は「雷のサイエンスとよもやま話〜球電・地震発光から富士山頂より迫る最新雷科学まで〜」。タイトルが示すとおり、雷に関連したてんこ盛りの内容。豊富な映像を駆使した先生のプレゼンは快調なテンポでグイグイと引き込まれて行く。

第一話は「球電(きゅうでん)」。この聞きなれない言葉は「火の玉」のことだそうである。その昔リンが燃えたものと言われていたが、現在はプラズマ現象で説明がつくという.第二話は「地震発光」。大地震の発生したときに空が明るく光るという現象だが、GoogleEarth と YouTubeだけで地球の裏側のペルーでの発光源を徹底的に調べ、人工だったと結論づけたというそして、第三話は雲より高い富士山測候所での雷の研究格式張った学術研究の発表会などでは決して聴くことができない興味深いエピソードをふんだんに交えた肩のこらない講演であった

プログラムの最後には鼎談が組まれており、モデレータの妹尾堅一郎によるこれまた実に軽妙な進行で、講演された龍先生島根県立三瓶自然館館長)と鴨川先生から上手く話を引き出して、先の講演の内容をさらに深め補完していただいた。
特にGoogleEarthとYouTubeを使って結論を導いたことについては、新しいサイエンスの進め方であり、教育のやり方も変わるのでは、という妹尾氏の指摘には納得。

鼎談の最後に、モデレータ妹尾氏が「富士山カンソクショのなんとかというのは?」と鴨川先生に話題を振ったところ、鴨川先生も待っていましたとばかりに、会の生い立ちから、現在山頂で行なっている大気化学のPM2.5の観測や高所医学の研究まで、いろいろなことができるので是非参加して貰いたい
富士山測候所を活用する会をバッチリPRしてくださった

富士山測候所を活用する会が行なっている成果報告会は、学会発表の延長線上にあるようなもので自分のような素人にはまったく理解を超える内容が多い。一般への普及啓蒙という意味では、この日のような遊びのあるサイエンスの場も必要なのではと思った次第である。


イメージ 2
鴨川先生の講演風景。会場には防雷企業の関係者も多い。





福島第1原発停電:小動物の感電が原因か
毎日新聞 2013年03月20日 20時44分(最終更新 03月20日 21時38分)
配電盤内部で見つかったすす。中央の計器にネズミのようなものが接触したとみられる=東京電力提供

福島第1原発で停電が起き、使用済み核燃料プールの冷却装置など9設備が停止した問題で、東京電力は20日、各設備に電力を分配する仮設配電盤の一部に焦げた跡があり、真下にネズミのような小動物の死骸が見つかったと発表した。小動物が高電圧部分に接触、感電してショートし、停電した可能性があるとみて調べている。

昨年8月、夏期観測真っ最中の富士山測候所でも、同じような事故が発生した。
発生したのは、2012年8月15日21時43分。山頂庁舎が突然停電になった。山頂班生越さんから御殿場基地の村上さんに電話、村上さんからわたしに電話があったのは22時前。

直ちに電気主任技術者の大胡田さんと関電工の井上さんに電話。
もう時も遅かったので、翌朝の対応をお願いした。この時点で配電盤のブレーカーが落ちていることを想定し、最初に調べる箇所は麓の太郎坊にある1号キューピクルとていた。

翌朝8時、井上さん等が沼津を出発。現地のキュービクルの扉を開けると強烈な鼻を突く異臭がし、黒焦げになった56センチの小さなネズ
を発見。さらに近くには衝撃で吹き飛ばされてもう一匹のネズミの死骸があり、さらにもう一匹生きているネズミがいたが逃げ出したとのこと。

山頂班と連絡をとり、落ちていたブレーカーを投入して電気は回復。この時すでに発生から12時間を経過しており、
測候所室内の温度は8度まで低下していたという。配電盤にはネズミは侵入できない仕様になっているとのことであるが、それを収納しているキュービクルの扉が凹んで変形し、小動物が出入りできる隙間ができていたらしい。応急措置としてこの隙間を塞ぎ、対策は今年の夏期観測前に扉を交換することにした。

この事故の影響は山頂の富士山測候所の停電だけ(*)であり、復旧も翌朝に出動してもいいというのんびりした対応で済んでいた。これに対して今回の東電の事故は、まかりまちがえば重大事態で極めて緊急性高い。原因究明にかかった時間が大きすぎるのではないか、というのが正直な気持ちである。それとも、原発がネズミにやられたというのは格好がつかないので、どのように説明するかに手間どったのではないかとも勘ぐりたくもなるのである。なにしろ、重大な「事故」「事象」と言ってはばからない東京電力。「ネズミ」と言う前に「ネズミらしい小動物」と言うことにしたということか
 
巨大原発システムと富士山を停電させたネズミたかがネズミと決してあなどることができないことを改めて思い知らされたのである


イメージ 1
扉の歪みの隙間からネズミが入り込んだキューピクル。この写真の撮影は2011年夏。

(*)厳密には、山頂の環境省バイオトイレも同じ送電線から分岐しているので影響を受けている。

イメージ 1
3月6日テレビ朝日の「ワイドスクランブル」に畠山理事長生出演。茶の間のテレビならぬ職場のケータイのワンセグで撮影。


今年の2月頃から始まった中国から飛来する「PM2.5」による大気汚染報道は、勢いが一向に衰える気配がない。この季節は例年、九州を始めとする西日本では中国大陸からの偏西風に乗って汚染物質が飛来し、大気汚染に悩まされるというが、特に「PM2.5」は非常に細かいため、肺の奥深くまで入り込みやすく健康への害が心配されるという。「PM2.5」は一気に茶の間に入り込んだ感がある。

おかげで、大気汚染の研究者はその対応で超多忙そうだ。当NPO法人の畠山理事長は、日本エアロゾル学会会長でもあるため、今回の騒動新聞、テレビ、雑誌などのマスコミ攻勢に追われていTBSテレビの「みのもんたの朝ズバッ!」、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」、フジテレビ、などなど。3月に同日発売された「週刊文春」と「週刊新潮」には、なんとそのどちらの記事にも名前が登場。

わたしたちにとっては、大気化学」の説明をするときに「PM2.5」を出すと、あっそうか、とわかっていただけるようになったのはありがたいこと。今年のは畠山東京農工大教授自由対流圏内を運ばれるエアロゾル金属成分の富士山頂における動態観測」という案件で、測候所でPM2.5を観測することも決まった。

PM2.5を運んでくる偏西風を追い風して、富士山測候所を活用する会でも大いにPRさせてもらおうと思っている。












全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事