過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

釜無川(かまなしがわ)(「山梨百科事典」山梨日日新聞社刊)

 富士川上流部を呼称する。甲斐駒ケ岳の付近に発源して、北東に流れる。長野県富士見以東ではほとんど糸魚川一静岡構造線に沿って流向を南東に転じ、大小の支流を合して南流し、甲府盆地にはいって富士川となる。北岸では八ケ岳火山すそ野を浸食し、ことに日野春から韮崎付近にかけては、八ケ岳火山泥流たい積物から成る七里岩の台地をかかげ、南岸では上円井付近に3段の河岸段丘を残す。信州往還(国道20号)は第2段丘上を、河岸に沿って北丙に走る。<小林福造氏>
甲斐駒ケ岳(2966)の山頂北西の七ツ釜に源を発し北流、八ケ居から発する瀬沢川を入れて南下、小武川・大武川、甘利沢・塩川・御勅使川などを合し、笛吹川、耗川の2川と合流して富士川となる。日本三急流の富士川の上流だけに、南アルプスとともに見事な自然美をなす。「釜」(かま=深淵)の「無」い川とか、河水が暖かいために釜を必要としないので「釜無」という説(いずれも「甲斐国志」)、はんらん隈(くま)なきゆえに「隈無し」とか、巨摩郡を貫流する大河のゆえに巨摩の兄(せ)であるとか諸説がある。県北部の文化の導入路であるとともに古来、水害で有名。
1898(明治3年)、1907(明治40年〕、1910(明治43年)年に続き、1959(昭34)年の7号、伊勢湾台風による水害の被害は甚大であった。信玄堤、御幸祭、「粘土節」など水防に某づく歴史、伝承がすこぶる多い。アユ、ヤマメ、ハヤ、ウナギの好釣り揚。<山寺仁太郎氏著>
釜無川は富土川の本流である。河川台帳の上では富士川に含まれて存在しない。しかし、源流から山梨県市川大門町の南で笛吹川を合流するまでの約11.3銑辰髻俗に「釜無川」と呼ぶ。

【一里塚と里程】近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
甲府以西北巨摩地方には、一里塚の遺構はなく昭和五十一年諏訪市では同市神戸に一里塚の碑石のみを建設した。しかし富士見町御射山神戸区には、江戸時代の遺構をよく保存した一里塚がある。他山の石ながら、参考資料に加えた。
 その碑文に
一里塚、江戸日本橋ヨリ下諏訪宿ニ至ル、五十三里余ノ道ヲ甲州道中卜云イ、
慶長十五年開通サレ、同時二日本橋ヲ基点トシテ、一里毎ニ道ノ両側方五間
ノ地ヲ占メ、上ニ塚ヲ築キ、榎カ欅ヲ植エタ。旅人ハ木陰ニ足ヲ投ケ出シテ
休ミ、握飯ヲ食シ、次ノ塚ヲ目当ニ進ンダ。此塚ハ四十八里塚デ、東塚ハ榎
デアッタガ、明治二十年代枯レ、西塚ハ当時ノママノ欅デ県内唯一ノモノ、
県ノ史跡ニ指定サレテイル。
   昭和四十四年四月八日  富士見町
                     御射山神戸区
                      細川隼人書
                            
 山梨県では明治末菓、県庁を基点として県道には、一里ごとに分杭という高さ六尺幅一尺くらいの角柱に、県庁を距る何里何町と大書した標柱が礎石の上に建てられ、道行く人に親しまれた。ところが昭和十七年太平洋戦苛烈となり、国内横密保持の建前から、これを撤去した。また、駅ホームにあった各駅間のキロ程案内板も同時に抹消された。
 白州町地内の里程標は、三吹ドライブインの辺り、前沢チビッコ広場、下教来石の明治天皇田植御高覧碑辺りの三箇所だという。

甲州道中 お茶壺道中】 近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
幕府専用のお茶については三代将軍徳川家光のとき、京都の宇治茶を幕府の指定とし、これを扱う業者上林等五人を指定して、その年の茶の扱いについて誓者を提出させた。その茶壷の輸送責任者として茶坊主三名と徒歩人数をも定めて輸送に当った。
輸送路としては始め宇治より東海道を経て江戸に送られたが、将軍家綱の代に宇治より中山道を経て甲州街道から江戸への通路と変った。それは、東海道では海に面する所が多く潮風のため、茶の変質することを恐れたためであるといわれている。
 甲州街道に入り台ケ原宿に宿をとり、ここから谷村勝山城に到り、ここで百日の間保管して夏をすごさせ秋になって江戸に輸送した。延宝九年六月十一日、台ケ原宿の茶壷記録によると宿泊地は台ケ原の田中神社で、茶壷輸送に使用した馬は一六一頭、人足一、一一四人となっている。
茶壷の通過や宿泊に際しては村役人は正装してこれを迎え、村をあげて名主を中心としてこれを接待した。茶壷通過のときは、百姓は田畑の耕作を止め、街道の通行を禁止した。道路には盛砂をさせるなど村人にはたいへんな負担であり、宿場では苦労した。

【甲州道中 大名行列とお茶壺道中】近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
【大名行列】
参勤交代などによる大名行列は、宝暦十一年(一七六一)八月、高遠藩内藤大和守の通行を筆頭に、明和・安永・天明・寛政・文化の各年代に、一四回くらいの通行がなされたようである。大名行列甲州道中日程は、諏訪藩の場合、江戸−下諏訪を五日間となっている。
 第一日 江戸−八王子 (九里六丁)。
第二日 八王子1猿橋 (一二里一六丁)。
第三日 猿橋−石和  (一〇里五丁)。
第四日 石和−台ケ原 (九里二六丁)。
第五日 台ケ原−下諏訪(一〇里二〇丁)。
 このようで江戸時代は健脚で、一日平均一〇里が目安のようであった。(八王子資料)
大名行列の仕組みはおよそ、
武士―はさみ箱―大鳥毛・小鳥毛―奴―武士―駕籠―女官―武士−奴
の順序であった。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事