はくしゅう観て歩き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

【一里塚と里程】近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
甲府以西北巨摩地方には、一里塚の遺構はなく昭和五十一年諏訪市では同市神戸に一里塚の碑石のみを建設した。しかし富士見町御射山神戸区には、江戸時代の遺構をよく保存した一里塚がある。他山の石ながら、参考資料に加えた。
 その碑文に
一里塚、江戸日本橋ヨリ下諏訪宿ニ至ル、五十三里余ノ道ヲ甲州道中卜云イ、
慶長十五年開通サレ、同時二日本橋ヲ基点トシテ、一里毎ニ道ノ両側方五間
ノ地ヲ占メ、上ニ塚ヲ築キ、榎カ欅ヲ植エタ。旅人ハ木陰ニ足ヲ投ケ出シテ
休ミ、握飯ヲ食シ、次ノ塚ヲ目当ニ進ンダ。此塚ハ四十八里塚デ、東塚ハ榎
デアッタガ、明治二十年代枯レ、西塚ハ当時ノママノ欅デ県内唯一ノモノ、
県ノ史跡ニ指定サレテイル。
   昭和四十四年四月八日  富士見町
                     御射山神戸区
                      細川隼人書
                            
 山梨県では明治末菓、県庁を基点として県道には、一里ごとに分杭という高さ六尺幅一尺くらいの角柱に、県庁を距る何里何町と大書した標柱が礎石の上に建てられ、道行く人に親しまれた。ところが昭和十七年太平洋戦苛烈となり、国内横密保持の建前から、これを撤去した。また、駅ホームにあった各駅間のキロ程案内板も同時に抹消された。
 白州町地内の里程標は、三吹ドライブインの辺り、前沢チビッコ広場、下教来石の明治天皇田植御高覧碑辺りの三箇所だという。

甲州道中 お茶壺道中】 近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
幕府専用のお茶については三代将軍徳川家光のとき、京都の宇治茶を幕府の指定とし、これを扱う業者上林等五人を指定して、その年の茶の扱いについて誓者を提出させた。その茶壷の輸送責任者として茶坊主三名と徒歩人数をも定めて輸送に当った。
輸送路としては始め宇治より東海道を経て江戸に送られたが、将軍家綱の代に宇治より中山道を経て甲州街道から江戸への通路と変った。それは、東海道では海に面する所が多く潮風のため、茶の変質することを恐れたためであるといわれている。
 甲州街道に入り台ケ原宿に宿をとり、ここから谷村勝山城に到り、ここで百日の間保管して夏をすごさせ秋になって江戸に輸送した。延宝九年六月十一日、台ケ原宿の茶壷記録によると宿泊地は台ケ原の田中神社で、茶壷輸送に使用した馬は一六一頭、人足一、一一四人となっている。
茶壷の通過や宿泊に際しては村役人は正装してこれを迎え、村をあげて名主を中心としてこれを接待した。茶壷通過のときは、百姓は田畑の耕作を止め、街道の通行を禁止した。道路には盛砂をさせるなど村人にはたいへんな負担であり、宿場では苦労した。

【甲州道中 大名行列とお茶壺道中】近世の道路と交通(『白州町誌』)一部加筆
【大名行列】
参勤交代などによる大名行列は、宝暦十一年(一七六一)八月、高遠藩内藤大和守の通行を筆頭に、明和・安永・天明・寛政・文化の各年代に、一四回くらいの通行がなされたようである。大名行列甲州道中日程は、諏訪藩の場合、江戸−下諏訪を五日間となっている。
 第一日 江戸−八王子 (九里六丁)。
第二日 八王子1猿橋 (一二里一六丁)。
第三日 猿橋−石和  (一〇里五丁)。
第四日 石和−台ケ原 (九里二六丁)。
第五日 台ケ原−下諏訪(一〇里二〇丁)。
 このようで江戸時代は健脚で、一日平均一〇里が目安のようであった。(八王子資料)
大名行列の仕組みはおよそ、
武士―はさみ箱―大鳥毛・小鳥毛―奴―武士―駕籠―女官―武士−奴
の順序であった。

甲州街道古道の推定

甲州街道古道の推定
○ 甲州街道古道の推定 小武川橋東二〇〇メートルから小武川橋まで
 昭和三十四年八月の台風七号により小武川橋が流失したため旧道の西側に新道がでたため廃道となる(距離約二〇〇m)。

○ 甲州街道古道の推定 小武川西詰から黒沢川東一〇〇メートルまで
宮脇の元道祖神場から右に折れ、小沢幸一裏に出る道が旧甲州街道といわれている。その後現在の公民館の前を
通っていたが、昭和初年さらに西に移って現在の国道二〇号線となった。旧道はいま農道となっている(小沢幸
一氏談、距離約二〇〇m)。

○ 甲州街道古道の推定 牧の原下から牧の原上まで
牧の原は商店街として栄え、近江屋、つる屋などの旅館もあったが、台風七号のため全部洗出し、今の国道二〇号線は旧街道の西にバイパス的につくられた。牧の原、宮脇は旧街道に沿った集落である。

○甲州街道古道の推定 牧の原上から新開地まで
 昭和初年に柳沢日野春線が三吹地内を通じ、国道と十字交叉したため武川銀座といわれるように商店街として発
展した。相和三十四年の七号台風によりすっかり流出したため、大武川橋が旧道より西に寄って架橋されたため、
旧道は行きづまりとなっている。

○ 甲州街道古道の推定 下三吹下から上三吹上まで
三吹村には上組と下組とあり、台ケ原宿の加宿であった。下組は大武川寄りの集落であったが享保十三年の大水
害によって流失し、現在の高台に移った。

○ 甲州街道古道の推定 尾白川橋より台ケ原下宿まで
国道から岐れて日野に至る道の釜無川に架る橋を花水橋というが、旧花水橋は今の橋より少し下流にあった。
旧甲州街道は、この道と合し、通称中背、横山の西側、尾白川に沿って台ケ原下宿に通じていた。この間に馬頭
観音の石碑に道標があり「右かうふみち、左はらみち」と刻してある。また道筋には石仏も数多く残されている。
今の二〇号線は北に寄り 新道坂」とも呼ばれている。旧道は約一キロメートル、今は農道となっている。

○ 甲州街道古道の推定 台ケ原下宿より神官川橋まで 
台ケ原は宿駅として本陣、脇本陣、問屋が置かれ、宿屋も拾数軒を数え、今もその屋号がのこっている。旧菅原村は甲州街道に沿って発達した集落で、今の国道二〇号線はバイパス的なものである。この間約四キロメートル
であるが、「赤坂」と呼ぶ急峻な坂道や久保町という道が上下するところがあり車馬は難儀が多かった。それでこ
の附近には石仏も多い。
 
〇 甲州街道古道の推定 神官川橋から国界橋まで 
ここは旧鳳来村で、松原、荒田、教来石下・上を通り山口の口留番所に至っている。集落はこの道に沿って発達
し、下教釆石には宿場があった。その宿場の入口は金手に曲っている。

○ 甲州街道古道の推定国界橋 いまの国道二〇号線の国界橋の西、山ぎわに旧国界橋がある。いまある木橋は写真
のとおりで、これは昭和四年十一月竣工したものである。天保年中は投渡土橋で長さ七間、幅一間で、その普請
は上教来石村と下蔦木村半々づつで致す仕来りであった。

【下教来石宿、正徳二年の道中「定」】牛山正則氏所蔵、
     定
一、 御用にて道中往来之衆中、近年ハ御朱印人馬数之外添人馬多く相立候由相聞候。向後若御朱印員数之外添人馬差出し候儀堅可為停止事。
一、 道中往来之面々雇之人足近年不屈之仕方共有之、就中御用にて往来之衆中、雇之老主人之権威を以猥に手替の人足取之、其上馬駕寵等に乗り賃銭払はさる者も有之、其外非分之儀共申懸け宿々の費多候由相聞候に付、江戸、京、大阪におゐて人足請負の者方より雇の人足共に急度中付不屈無之様に申渡候間、向後宿々にても其旨を存し、誰の雇の者たり共無用之人馬出させ候故、又は非分之儀候ハゝ其所に留置早速道中奉行に可訴之、営分之難儀を存し用捨せしめ後日に相聞におゐてハ宿々の者迠(まで)急度可申付事。
一、 御用に付て往来之衆中、其外諸大名惣而道中往来之面々、向後ハ人馬割役人を問屋場に相残し、御朱印人馬賃人馬可入なと指出させ、賃人馬之分を賃銭無相違相払ひ、諸事不将無之様に吟味仕らせ、其外之家来并雇之者より、私に人馬駕寵等出し候様に申懸候とも、人馬割役人之断無之供ハゝ一切不可差出之由申達候間、宿々にても其旨を存し費之人馬不相立様に可仕候。此上不埼之族も有之候ハゝ誰の家来たり共不隠置早速道中奉行江可訴之事。
一、 諸荷物貫目御足之通弥用捨なく急度相改め人馬継之所々ニ而猥ニ不罷成様に申送るへし、若不埒なる儀於有之は、御用之荷物之由申とも継送らす、早速共旨道中奉行江可相訴事。
一、 町人請負にて在来供御用諸荷物貫目等重く、其上御用を申立賃銭も不足に払ひ供者有之由相聞候に付、向後も貫重く不仕相立供人馬数之通賃銭無相違相払ひ、猥なる儀無之様に所々奉行所より請負人共江申付候間、宿々にても其旨を存し、若此上にも貫目重き荷物欤、又ハ不相応に荷物多く不審なる事も候ハゝ、御用之荷物之由申とも一切継送るへからす。請負之町人之名を承届是又道中奉行江早速可訴之事。
一、 自今以後宿々より添人馬差出し候儀停止之上は、加宿井助郷江無用之人馬相触へからす、若加宿助郷江無用之人馬を差出させ、又は勝手能方江も宿人馬を相立、不勝手之方江も助人馬を指出し候類の事あるへからす、互ニ帳面に印形仕り重而出人無之様にすへし、違犯の事有之におゐてハ急度可有其沙汰事。
   附加宿井助郷村々にても宿より相触侯通人烏無相違可出之、或ハ不足或は不参又は人馬の数を合すへきため、
用に立さるものを差出し候ハゝ可為曲事事。
一、 往還之輩に対し理不尽なる事仕らす、たとひ軽き旅人たりといふとも人馬無遅滞差出し、駄賃篤籠賃旋籠銭等も不相応之儀不申懸、山坂川渡之所々にてもこれに准し、惣而宿々におゐて往来の難儀に及はせ候儀於有之ハ、其本人ハいふに及はす、問屋年寄共に急度可有其沙汰事。
一、 道中宿々近年度々類焼之所共有之供。小火之節一宿之者共精々入防候ハゝ消留へき事に候処に、人々道具を退侯儀に加はり消供仕方油断有之放と相聞候。常々火之元念を入、若出火有之供ハゝ早速馳集可消之、若又あやしき事も有之節は不隠置道中奉行江可訴之、此上不沙汰なる儀於有之者、吟味之上問屋年寄迄急度可有其沙汰事。
 
右僕々井前々定之通堅可相守之、若此等之趣に相背向後宿々又ハ加宿助郷等難儀之由申訴候ハゝ可為越度老也
  正徳二年辰三月
                           奉行
 

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事