秀ちゃんのつぶやき

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全508ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日夕方FAXが届いていました。

イメージ 1

昔流行ったノンバンク(事業者金融)ごとき内容です。

誰も頼んでいないのに、事前審査が通過した内容と融資条件、そして融資申込書を書く欄を記載してありました。

これ明らかに怪しいFAXです。
法務局に行って、商業登記簿謄本を確認してみたい。
本当に送信者の会社の存在はあるのか・・・

もし登記がない会社であれば、この文書、明らかに法律問題が潜む怪しい文書。

消費生活センターと警察署生活防犯課を訪ねて、市民に注意を喚起してもらうよう要請しようと思っています。

平成29年10月7日

イメージ 1
鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田より

おはようございます。10月7日。土曜日。午前6時8分

加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶に屋敷田に立ってみると、重たい黒い雲が覆っていました。

福島では、未だ余震が治まらない。震度5弱の地震が夜半に発生し、伊豆諸島では局地的大雨が降っているとか。この天変地異は避けては通れない自然の営み。鎮まることを祈るばかり。

一度は、真夜中3時30分に目覚め、事務所でブログを投稿。
1時間後母屋に入り、布団に潜り込み、時間ですよと、体内時計に起こされ、今になりました。

昨日は、天ぷら油の回収が無かったので、少しはのんびりと過ごせました。

11時前でした。茨城県笠間市。NPO法人地球環境開発研究会。加藤和法理事長より、久しぶりに電話を頂きました。中国へ有機農業の指導に行かれていたので、電話が来たということは、帰国されたということ。今、植え付けが終ったばかりのイチゴ。来年の打ち合わせ。JGAPもですが、グローバルGAP、これが実現すると、大変な話題。ニュースになると思います。黒牛、黒豚、黒落花生、黒ニンジン。それに黒〇〇。黒づくめの展開が出来そうだと思うとワクワクして来ます。

そうそう、庭のゴミが搬出されて、綺麗になりました。
イメージ 2

これまでは3か月に1回の割合で、処分を依頼していたのですが、これを2ヶ月に1回の割合で、処分してもらうことにしました。妻・洋子さん。大変喜んでくれました。

家庭菜園倶楽部。市民農園、週末農園のことが頭から離れないは、前述のとおり。その目的を達成する為に、時間を見つけて、「菜園スケジュール」を作成にかかりました。何をするにもマニュアルが必要です。

安倍首相ではないですが、テレビを点けると、衆議院選の話題ばかり。
自民党:希望の党・維新:立憲民主党+社民+共産などの3極分離の選挙戦に突入することが判明。国民にとっては、分かりやすい選挙になったと思います。皆さん、清き1票。大切に投じましょう。

本日から、正式に芽だし元気にんにくの植え付けを開始します。
イメージ 1

我が家の生け垣です。

朝顔の葉は、無残にも台風18号の強風で、もぎ取られてしまいました。
朝顔は、子孫を残そうと、一所懸命、花を咲かしていました。

植物の本能。それは子孫を残すこと。立派なものです。

平成29年7月31日

イメージ 1
鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田より

おはようございます。7月31日。月曜日。午前5時49分

天気予報を見れば、午後から「雨」らしいですが、本当だろうかと思います。加紫久利山(矢筈岳)を臨んでみてもその気配はないのですが、夕立位は欲しいと願ってきました。

昨日は、6時30分より8時までは花壇の草むしり。これが日課となって自然に体がその方向に向きのが不思議です。この夏が終わる頃には、この花壇に花の苗を直播き、間引きをする方法で、花を増やしたいと思っています。
風呂で汗を流した後、MBCテレビで、関口宏さん司会のザ・サンデーを見て事務所に移動。パソコンを相手に時間を費やす。

午後2時を廻った頃より、NT酵素海藻ミネラルを配達。
そこのお孫さん。この春公立の大学に進学。地方創生の勉強をされているそうで、人口減少の日本の未来を若者が研究してくれる、頼もしい限りです。

この先輩と話をしていると話題は、家庭菜園のことで盛り上がります。
現在の悩みの種は、ネコブセンチュウで根菜類が上手く育たないということでしたので、土壌改良とマリー・ゴールドをその菜園に植えてはどうかと提案しました。この先輩には、生垣の剪定くずで堆肥を作ったり、色んな有機栽培のヒントを提案して、成果が出ているので、私の声は耳に届いているのだと思います。

ある農家の話も聞きました。
水稲の苗づくりが、うまく行かなかったそうです。
何でも苗箱にカビが生えて、種蒔きをし直さなければならなくなり、田植えが遅れたとのこと。

この件、私の推測では、そのカビ。糸状菌ではなかったのではないかと思います。何故かというと、ジャガイモ農家の古城大三さんの苗箱にもカビが発生したということで見てくれと要請があり、見た結果、糸状菌だから水を撒くことで、障りは治まると助言。結果、通常通り、田植えが出来、田植え後の根の活着もすこぶる良かったそうです。それから考えると、この農家、カビを悪玉菌と判断されたのでしょう。相談して欲しかったと思います。私に農業経験が乏しいと判断されたのでしょう。古城さんは、3年目から私の声をほとんど耳を傾けられるようになり、それがJGAPの認証農場取得に道が広がったのですが・・・。雲泥の差ですね。

本日は7月晦日ということで、明日から8月です。実父の初盆でもあり、忙しい月になりそうです。

今から約1時間。畑の草むしりを行います。


平成29年7月30日

イメージ 1
鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田より

おはようございます。7月30日。日曜日。午前5時33分

今朝の頬を撫でるそよ風は心地よかったです。
天気予報では、北薩地方、PM2.5が出るということでしたが、加紫久利山(矢筈岳)にはその影響がありませんでした。

朝一番の花壇の草むしり。1時間30分、草取り鎌を使って根から切り取る作業をしました。土が硬いので、この対策の必要性を感じました。
最近体調が優れないので、自重しています。
防災無線でも熱中症対策を言っているので、エアコンを稼働させ事務所に逃げ込んで過ごしてしまいました。

夜は、息子嫁と一緒に、ご飯を食べる。妻・洋子さんと二人で食べるのと、嫁が混じるのでは、美味しさが違います。次はいつやってくるか、楽しみに待とうと思います。

今から花壇の草むしり。ラジオを聴きながら楽しくやろうと思っています。
日中は、体調と相談しながら考えます。

8月4日で締め切られるJGAP認証農場助成金ですが、我がNPO法人Howto21Clubのメンバーから1名、申請書を出す準備が整いました。しかし全国規模の事ですから、申請が殺到し、全部が採用されないことも充分考えられるのだそうです。

2020東京オリ・パラ大会までで、農業の在り方第1期、そこから10年間。農業の在り方が180度様変わりすることは間違いありません。準備を怠らないことです。

全508ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事