NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

行李から緋鯉目をむく五月晴れ    中沢 豆乳

行李から緋鯉目をむく五月晴れ    中沢 豆乳 『季のことば』  この句は五月の日経俳句会に出され、それなりに点を集めた。評者も「緋鯉目をむく」の表現が面白く、鯉のぼりが五月の空に早く泳がせろと催促しているように感じて、票を入れた。  合評会で、五月晴れは梅雨の晴れ間をいう六月の季語なので、鯉のぼりと季節が合わないとの指摘があった。歳時記を見ると梅雨晴の傍題として五月晴、梅雨晴間が並んでおり、「入梅前の新暦五月の好天として使うのは誤用」(角川版)との注記がある。  旧暦と新暦の季節感のズレは悩ましいところで、五月晴れは「五月」の字面から誤用されやすい言葉のようだ。国語辞典には「(1)梅雨の晴れ間(2)五月の空の晴れわたること」(広辞苑)と新旧併記され、辞書によっては「誤用が定着している」と五月の晴天を先に記載してすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事