NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

花の下昭和息づく写真館    杉山 三薬

花の下昭和息づく写真館   杉山 三薬 『この一句』  花冷えの中、日経俳句会の創設者故村田英尾先生のお墓参りを八王子霊園で終え、武蔵野に明るい作者の計らいで小金井公園に足を運んだときの吟行句だ。  この公園には、「江戸東京たてもの園」という昔の様々な建築物を保存している施設がある。目玉は移築された高橋是清邸で、吟行に参加した何人かは惨劇の現場に触発された句を詠んだ。  作者は熱心に吟行に参加するが、集団で歩くことを潔しとせず単独行動を好む。いつぞやは一人、貸し自転車で浅草を疾駆したこともあった。この句も誰も取り上げなかった昭和の写真館「常盤台写真場」での詠だ。  「カメラマンなら、じっくり見たいポイントでした」とはてる夫さんの選評。その通りで筆者(双)は、昔の写真館の二階に設えられた写場に魅入った。採光のたすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事