NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

帰らざるおもひかさねし冬茜     深瀬 久敬

帰らざるおもひかさねし冬茜     深瀬 久敬 『合評会から』(三四郎句会) 敦子 帰らざる思い、私にもありまして。この句に魅かれました。 諭 冬茜の真っ赤な色が浮かんで来て、印象的です。 雅博 冬茜に「おもひかさねし」ですからね。私も、いい句だなと思いました。 基靖 私にある情景が目に浮かびますが、読む人によって異なる感慨を生む句だと思いました。 進 私もいろいろ想像させられました。 而云 帰らざる思い。失恋したことなども含めて、人生はそういうものか、と。「冬茜」で句が生きた。 有弘 抽象的過ぎると思いましたが。 久敬(作者) 「夕茜」には「帰らざる」という言葉がいいな、と思い、それから句づくりを始めました。                   *        *        * すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事