NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

オルガンのはじめは空気春の昼   星川 佳子

オルガンのはじめは空気春の昼   星川 佳子 『合評会から』(日経俳句会) 水馬 目のつけどころが実にユニークだ。麗かな春の日を感じさせる。 好夫 意表を衝かれた。「はじめは」という言葉が、ここに使われていることも意外だった。 而云 珍しいところを見つけたものだ。確かにオルガンは最初「すー」と空気の出る音がする。 臣弘 そうなんだ。フワーッとね。「はじめは空気」に春の温かい空気も感じられる。 佳子(作者) オルガンからすかすかした音が出ていましたよね。 青水 空気の発見が秀逸。季語の雰囲気をよく捉えている。 万歩 題材が抜群にユニークだ。春の雰囲気にとても合っている。            *        * この後も雑談的コメントがさまざまに語られている。「昔の思い出だね」「学校ですべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事