NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

地の起伏あらはにみせて野火走る     玉田 春陽子

地の起伏あらはにみせて野火走る    玉田 春陽子 『季のことば』  草の芽生えを促すと共に病害虫駆除のために、田畑や野原、家畜を放牧する丘などの枯草を焼く「野焼」の火が「野火」。早春の季語である。首都圏では三月に箱根仙石原で行われる薄原の野焼が豪勢だ。めらめらと立ち上がる炎の走る景色を眺めると、原始時代の人間になったかのように、血が騒ぐ。  しかし、昨今は地方の中小都市まで都会化が進み、野焼・野火を見る機会がずいぶん減ってしまった。大都市近郊の農村で野焼きすると、119番通報されたりすることがあるという。煙が迷惑だと言うのである。元来、人が住むべきではない所まで開発してしまったのに、野火の煙に難癖をつけるのは噴飯ものだが、まあこれも時代の趨勢であろうか。  この句は昔ながらの豪勢な野焼風景である。枯草は一旦燃えすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事