空飛ぶアヒル

巨悪を暴くべき検察に巨悪が潜んでいたら我々はどうすればいいのだろう

全体表示

[ リスト ]

原口一博元総務大臣が、本日(9月26日)放映の『たかじんのナントカ委員会』で注目すべき発言をしていた。
以下に記す。
『昔の高橋是清の時代からズーッとあった2つの流れを、
民主党も、それから自民党も、ある意味なかに入れているわけです。
それを象徴したのがこないだの代表選挙です。
だから本来は自民党対民主党という政権交代をしたんだけど、
これが第一段階。
第二段階は国を開いてより国民に近い政治をどちらがやるかという、
もう一回、僕は本当の意味の政策の意味での、離合集散がなきゃいけないと思っています。』

私はこれを小沢新党立ち上げ宣言であると理解した。
『2つの流れ』というのは、小沢派的流れと、反小沢派的流れである。
反小沢派的流れというのは、早い話がアメリカの傀儡政権であり、官僚主導、弱肉強食政権のことである。
小沢派的流れとは、本来の大和の心をもった政権を目指すものである。
小沢派的政権はこれまで一度も成立したことがなかったが、
小沢派的心をもった政治家は、民主党の約半分はそうであるし、自民党の中にも少なからずいる。
昨夏の政権交代は、自民党から民社党に政権が移っただけで、第一段階であった。
民社党内にも、反小沢分子が混じっていて、
『政治と金』で検察とマスゴミを使い国民をたぶらかし、なおかつ、あろうことか代表選で不正を働いて、政権を奪ってしまった。
しかしこれから第二段階が始まると、原口さんは言われる。
本当の意味の離合集散があり、
民主党と自民党ではなく、
小沢新党と反小沢新党になると言われる。
頼もしい発言である。
その時には、原口総理でもいいかもしれない。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事